Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


銀座高級パティスリーで秋の味覚を

ここのところ、一気に寒くなりましたよね。
みなさん、体調管理は大丈夫ですか?
自分は全然だめです。
昨日は一日体調不良でベッドの中でした。
今日もまだちょっと体調良くないのですが、でかけることに。
というのも、今日からユニクロ☓JWアンダーソンのコラボコレクション2019A/Wが発売されるのです。

今年のラインナップ見ましたが、イギリスっぽいニットとか可愛いと思ったんだけど、柄が独特ですぐユニバレしそう。
そんな中、靴下!可愛い!色違いで欲しい!となって、でも、靴下買うためだけに出かけるのはどうしようかなー?どうしようかなー?体調も良くないし・・と悩んでいました。

そんな中、ツイッターのTLに、今松屋銀座の地下催事で、KEISUKE OYAMAのイベントをやっていて、作りたてモンブランもある!美味しい!という情報。
画像見ると、なかなか美味しそう。KEISUKE OYAMAというのは知らなかったのですが、行ってみることに。

松屋銀座の地下催事場、普段はないイートインスペースが出来てて、そこに座ると税金10%だそう。
でもまあいいや、座りますよ。
丹波栗のモンブランをオーダー。
f:id:nyaofunhouse:20191018120518j:plain
実演厨房見てたのですが、かなり工程多い。
最後に、栗をすりおろして、出来上がり。
こんな感じです。
f:id:nyaofunhouse:20191018120515j:plain
見ててわかったのですが、栗、これすりおろしているから、使ってる栗の量はそこまで多くない。
けど、栗の香りは立つので、これはなかなかうまいやりかただなーと。
食べてみましたが、たしかにすりおろし栗は香り強めで、ふわふわほろほろで、なかなか美味しい。
中にはソフトクリームやメレンゲが入ってて、これは絶対イートインで食べたほうがいい。
値段的にちょっと割高感もあるけど、栗のすりおろしというのは、ちょっとパティスリーの発想よりもレストラン的な発想ですよね。チーズとかトリュフとか、山盛りかけるとアガる、みたいな。
美味しかったです。

そして、松屋の隣の三越に。
三越は完全についでだったのですが、インスタでフォローしているフレデリック・カッセルとルノートルが相次いで新作の情報出していて、秋の味覚!ちょっと美味しそう!と思って、今回は散財することに。
ルノートルではタルトレットマロンと、エクレールのマロンカシス、栗と洋梨のヴェリーヌが新作。
フレデリック・カッセルは、モンブランもありましたが、インスタで告知していた黒いちじくの焼き込みタルトがすごく美味しそうで。
無事買えました。


銀座三越のパリ高級パティスリーの秋の味覚、まずはフレデリック・カッセルのタルトタタンから。
f:id:nyaofunhouse:20191018141920j:plain
いい焼き色ですねー。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20191018142239j:plain
こちらのタタン、りんごはかなり強めに焼かれていて、苦味が強い。ちょっとうわっとなるぐらい。
下のタルト生地はじゃくじゃくほろほろ、生クリームはバニラ風味で、ゴージャス。りんごをここまで焼いてあるのはいさぎよし。

そして、楽しみでした「富田農園の黒いちじくのタルト」。
f:id:nyaofunhouse:20191018142847j:plain
この手のタルトにしては超高いですが、すごく美味しいですー。
佐賀県産の希少な黒いちじく、焼き込むことでさらに香りと甘さが増していて、口の中にいちじくのいい香りが広がる。味わいが膨らんでますね。美味しい。
タルト生地はさっくりと軽く、ピスタチオのクリームもいちじくと合ってる。少しスパイスも効かせてあるかな?かぐわしいです。美味しい。値段が半分なら激賞するけどねー。高いの平気なら試して損なしです。


そして、ルノートルは、ヴェリーヌマロンと洋梨。
f:id:nyaofunhouse:20191018143955j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20191018144226j:plain
こちらのヴェリーヌ、基本は栗。マロン。
一番上のマロングラッセ、下のマロンクリーム、マロンペースト。栗の美味しさが十分に。
そして、一番下はびしゃっとシロップがうってあって、シロップ甘さよりもお酒の香りとアルコールの渋みが強い。
全体にかなり濃厚な栗とお酒のヴェリーヌで、そこにさっぱりとした洋梨のコンポートが来るから、メリハリが効いていてすごく美味しいです。洋梨+栗の理想形。



ルノートル、もう一つはタルトレットマロン。
f:id:nyaofunhouse:20191018145304j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20191018145524j:plain
こちらの栗タルト、マロンクリームが、ほぼバタークリーム。
これ、先日食べたルコントとほぼ一緒。
これがいにしえのフランスのモンブランの標準スタイルなんでしょうね。
日本では、洋栗だとアンジェリーナが基準で、和栗のモンブランのほっこりが人気ですが、本来のモンブランのマロンクリームは、多分こんなゴテゴテのバタークリームなのでしょうねー。
そんなこってりしたマロンクリームに、下のタルトも、クレームダマンドしっかりだし、ウイスキーも効かせてあるし、栗以外の要素も全て濃い。これはちょっと逃げ場がない感じ。相当重いです。日本のモンブランやアンジェリーナのモンブランとは別物と考えたほうがいいです。美味しいですけど覚悟が必要。


・・・ということで、今回は栗を中心に、秋の味覚を「お銀座」で購入してみました。
味わいも高級ですが、価格もお銀座価格で、このあたりがなー。という感じ。
ルノートルもフレデリック・カッセルも撤退してほしくないので、たまに買いますが、なかなか・・


あ、ちなみに、ユニクロ☓JWアンダーソンの靴下!
f:id:nyaofunhouse:20191018133132j:plain
3足990円税別!特に水色のが可愛いなーと思って。
うちの靴下ストック、柄物ばっかりですが、靴下みたいなチラ見せアイテムはちょっと派手ぐらいがちょうどいいのです!