Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


今年もブロンディールのデセール食べましたよ!

去年の夏、突然アシェットデセール(皿盛りデザート)を始めた、われらがブロンディール。
スイーツ好きは狂喜乱舞して、4種類のデセールを目指して夏の暑い中何度も通う人が続出。
そして、出てきたデセールのレベルの高さに感動・・・

そして今年。
果たしてまた今年もデセールやるのか、やらないのか。
やってほしいけど、藤原シェフの心ひとつで決まるので、みんなドキドキしてました。
そしたら・・

今年もデセールやります!
しかも、今年は7種類!
大変だこれは!

去年から引き続きの4品に、新たに3品が加わり、
そして、新作の3品が去年のもの以上の完成度らしく・・・

これはもう、行かなければ死んでも死にきれませんよ!

気持ちとしては1度ではなく2度3度と行きたいところだったのですが、
他にもいろいろ行きたいお店があって・・
結局、例の畑を訪れたのはつい先日になってしまいした。
f:id:nyaofunhouse:20180813110841j:plain

暑い暑い中、ブロンディールに到着したのは11時少し過ぎ。
f:id:nyaofunhouse:20180813111201j:plain
店内のカウンターを見ると・・おお、もうすでに埋まってる。
先客が2組ほど。
いやー、早めの時間狙ったんだけど、やっぱり人気ですねー。
しかたないので、しばらく店内で待つことに。

そして、しばらくして、席が空いたので、早速デセールを注文。
自分は、来る前から決めていた、ペッシュメルバとウフ・ア・ラ・ネージュを。
友人はヴァシュランとディヴァインをチョイス。

まず先に、ペッシュメルバが来ました。
f:id:nyaofunhouse:20180813115601j:plain
いやー、去年も見ましたし、今年も何度も画像見ましたが、
やっぱり自分の目の前に来ると、感動しますねー。
今年かなりペッシュメルバと名のつくものを食べましたが、
ブロンディールのはもう圧倒的ですね。
飴細工に囲まれたフォルムの美しさもそうだし、
桃が、火入れしてあることで、香りも味わいも格段にアップ。
濃い目のラズベリーソースともピッタリあっていて、
ペッシュメルバの究極ですね。
これがまた食べられる幸せをかみしめます。感動しかない。


そして、ウフ・ア・ラ・ネージュ。
f:id:nyaofunhouse:20180813120935j:plain
自分、ウフ・ア・ラ・ネージュは、四谷に引っ越してきてわりとすぐ、昔ルコントのカフェが青山一丁目にあった頃、デセールとして食べているんですよね。
www.nyao.club
ここで初めてウフ・ア・ラ・ネージュに出会って、衝撃受けて。
その後、イル・フロッタントは伊勢丹のジャック・ボリーで食べてます。
www.nyao.club
でも、ウフ・ア・ラ・ネージュ、食べる機会はほとんどないですよね普通。
それが超久しぶりに食べられる!
もうワクワクだったのです。

そして、食べてみた、ブロンディールのウフ・ア・ラ・ネージュ。
スプーンでメレンゲをすくって、カスタード+キャラメルのソースと、ラムレーズンのアイスをつけて食べて・・
・・・・!
こ、こ、これは・・
エロい。
まず最初に思いついた言葉がそれでした。
膝から崩れ落ちそうになるエロさ。

茹でたメレンゲの、マシュマロよりは少しやわらかく、普通のメレンゲよりはやや弾力のある、独特の、官能的としか言いようのない柔らかさ。
そこに、カスタードと、やや甘苦いキャラメルのソースが、身も心もとろけさせる。
そして、最後のラムレーズンのアイス!
これ、ラムもレーズンもアイスも全部最高のやつ!
このラムレーズンアイスだけ売ってくれ!バケツで売ってくれ!全部食べるから!という代物。
こーれは、ヤバいわあああーー
ブロンディールのウフ・ア・ラ・ネージュだから、絶対美味しいと思って、期待値はマックスだったのですが、
その期待を遥かに超える美味しさ。
美味しさ、という言葉では言い表せない、スペシャルな体験、ですよ。これ。
震える。


友人のたのんだデセールも一口もらいました。
ヴァシュラン。
f:id:nyaofunhouse:20180813115638j:plain
さっくさくメレンゲと生クリームの絞りの美しさ。バニラアイスとラズベリーソースの美味しさ。

そしてディヴァイン。
f:id:nyaofunhouse:20180813120950j:plain
これ、最初組み合わせとして「パンデピス+マンゴーソース」と聞いて、正直合うのか?と思ったのですが、ごめんなさい。最高に合います。珠玉の組み合わせ。

いやー、やっぱりブロンディールのデセールは、素晴らしい映画を見たあとのような、素晴らしいコンサートのあとのような、全身がぶるぶる震えるような、そんな感動を与えてくれますね。

そして、友人とも話してたのですが、あのラムレーズンのアイス、あのウフ・ア・ラ・ネージュのためだけに作ってるんですよね。
あのマンゴーソースも、ディヴァインにちょっと使うためだけに作ってる。
その手間隙たるや。
他のパーツについても、ほとんどストックが効かないものばかり。
注文を受けてからメレンゲを茹で、桃をソテーして・・
それが1000円前後で食べられるって、ちょっとどうかしてるでしょ。
フレンチのグランメゾンのデセールだったら、1品で3000円とれるよ。そのぐらいの内容だよ。
いやー・・・

感動の余韻にひたりながら、ケーキもイートインしました。
f:id:nyaofunhouse:20180813122250j:plain
スリーズ。
f:id:nyaofunhouse:20180813122208j:plain
チェリーのケーキ。
生地がかなりしっとりしていて、チェリーの酸味と甘さがしっかり感じられて、さっぱりの中にもコクがある、美味しいケーキ。
そして、最近リニューアルしたルデュックを。
f:id:nyaofunhouse:20180813122745j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180813122906j:plain
このルデュックは、表面が鏝をあてて焼いたメレンゲを使ってるんですね。
これが、かなり香ばしさを出していて、あんずと合わさって、ちょっと和菓子っぽい味わいも。
すごく美味しいです。

友人と帰りの電車の中では、藤原シェフの「俺様語録」について、語り合ってました。
藤原シェフ、いっつも俺様なこと言ってるけど、このクオリティのデセールやケーキ食べたら、そりゃあもう、どんどん自慢してください!ってなるよね、という。
やっぱりブロンディールというお店は、自分にとって、そして多くのスイーツ好きにとって、特別なお店ですよね。
まだまだ、あの畑を超えてお店に詣でる人は後を絶たないでしょうね。