読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

エーグルドゥースで大枚はたいたけど、後悔なんて、あるわけない

お菓子

f:id:nyaofunhouse:20170116201953j:plain
エーグルドゥースは、年初の早い段階で行こうとずっと思っていたのですが、なんだかんだで今日になってしまいました。

自分はかなりコメント欄に影響されやすいのですが、今回のエーグルドゥース訪問では、主にケークを中心に買おうと思っていて。
生ケーキは控えめに。
そう決めて目白に降り立ちました。


目白からいつものようにてくてく歩いてお店の前に来ると、
なんか、ブラインドおろされていて。
f:id:nyaofunhouse:20170116105237j:plain
!もしや、休業!?
まじか!
・・と焦ったのですが、営業してました。
まぎらわしい!

エーグルドゥースの店内、もう何度も来ているのですが、何度来てもテンション上がる。
今回はケーク中心に、と思ったのですが、美味しそうな生ケーキがズラッと並ぶのを見て、やっぱりちょっとは買いたいよね・・・と思って、注文してみたら結局いつもと変わらない数買ってしまいました。
そしてケークも買って、でもでも・・・ガレット・デ・ロワが・・・
ガレット・デ・ロワ、今年はノーマルのと、りんごのと、栗のと、塩バターキャラメルのと。
し、塩バターキャラメルのガレット・デ・ロワ!?
これがまた、めちゃくちゃ美味しそうで・・・

そして、今回は、ガレット・デ・ロワ、カット売りはなかったんですよね。
ホール売りで、ガレット・デ・ロワ、買うか、買わざるか・・・


はい、買ってしまいました。
もう、こうなりゃヤケだ!


そんなわけで、お支払。
レシートが大変なことに。
f:id:nyaofunhouse:20170116114742j:plain
買い過ぎにもほどがあるだろ。
でも、いいんだ。
後悔なんて、あるわけない。


エーグルドゥースの2017年初春のケーキ、まずはプチガトーから。
アールグレイフランボワーズです。
f:id:nyaofunhouse:20170116115855j:plain
このケーキ、上にも中にもフレッシュなラズベリーがたっぷり。
さらにジュレでも展開しているので、ラズベリー感が半端ない。
さわやかな甘酸っぱさが口の中に横溢する。
そこに、アールグレイ風味のチョコムースの、濃すぎないけれど絶妙なまったり感が合わさって、ラズベリーとのコントラストが素晴らしい。
すごく美味しい!
さわやかでさっぱりした味なんだけど、しっかり食べごたえがあるし、満足感もちゃんとある。
すごく好きなケーキです。


ムランググルマンディーズ。
f:id:nyaofunhouse:20170116120620j:plain
なんて美しいの!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170116120856j:plain
これ、ベースはムラングシャンティなんだけど、ムラングシャンティであってムラングシャンティでない、オリジルナルのケーキになっている。
焼きメレンゲのサクッと軽い食感も驚きだけど、そのメレンゲのやさしい甘さに対して、プラリネの香ばしさが圧倒的!香ばしさが襲い掛かってくるかのよう。
そして、飴がけのローストアーモンドがさらに香ばしさを高めていて、深い美味しさを。
まさに、圧倒的という言葉しか出てこないです。
完全にムラングシャンティを超えてる。


次に、ショコラバナーヌを。
f:id:nyaofunhouse:20170116121725j:plain
これ、エーグルドゥースにしては珍しい、ロールケーキのタイプ。
そして、エーグルドゥースにしては珍しい、ベタな組み合わせ。
なので、どうなのかなー?美味しいのかなー?と半信半疑で食べたのですが、
やっぱりエーグルドゥースはエーグルドゥースだった。
めちゃめちゃ美味しい!
そして、めちゃめちゃエレガント。
ロールケーキのスポンジ生地も、チョコレートも、バナナも、味を声高に主張することなく、繊細さすら感じさせる、最高に洗練された味わいになっている。
こんなロールケーキ、食べたことない。
中にカリカリとした味のアクセントが入ってるんだけど、これはなんだろ?飴がけナッツを砕いたもののように感じられるんだけど、正体はわからず。でもこのアクセントがただでさえ美味しいロールケーキに、最後の魔法をかけている。
いやー、すごいですね。


キャラメルショコラ。
f:id:nyaofunhouse:20170116122556j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170116122748j:plain
このケーキはチョコとキャラメルとコーヒーの組み合わせ。
主役はチョコレート。そしてキャラメルとコーヒーが脇役、という配置。
でも、脇役、いい演技してますね。
主役のチョコレートをしっかりと引き立て、全体が一体となった美味しさに。
味の濃度も、濃すぎず薄すぎず、ここ!というようにビシっと決まっている。
美味しいです。


そして、サヴァランオーヴァンルージュ。
f:id:nyaofunhouse:20170116123105j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170116123258j:plain
赤ワインのサヴァランというと、パリセヴェイユが展開していますが、エーグルドゥースのは初めて食べるはず。
ですが、このサヴァラン、サヴァランなんだけど、サヴァランをはるかに超越した、これもオリジナルのヴェリーヌと言っていいと思う。
それだけオリジナルの部分の完成度が高い。
ふらふわのメレンゲ、たっぷりのフルーツ、そしてサヴァラン生地に染み込んだ赤ワインのかぐわしいこと!
陶然となってしまう。
全体の甘さ、甘酸っぱさのバランスも完璧で、まさに「エーグルドゥース=酸味と甘み」という店名にふさわしい、珠玉の美味しさ。
いやー、拙い言葉ではこの美味しさは語りきれないです。



ここまでが生ケーキ。
次に、ケークいきます。
ケークは2本買いました。
f:id:nyaofunhouse:20170116124905j:plain
美味しそうでしょ!
1本目は「冬のケークオーフリュイ」。
f:id:nyaofunhouse:20170116125119j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170116125212j:plain
このケーク、すっごく重い!生地が。
ずっしり。
そこに、たっぷりのセミドライフルーツが、上にも中にもぎっしりと。
スーパーヘビー級のケークにノックアウトされます。
これは、紅茶と一緒に食べるよりも、苦いコーヒーか、ワインと一緒に食べるのがふさわしいかも。


そして、ノワゼットグリエ。
f:id:nyaofunhouse:20170116125810j:plain
これ、見かけすごいでしょ!
上にみっしり並んだヘーゼルナッツの量と、その焼き色にビビるけど、味はどんななんだろ。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170116125914j:plain
これ、すごい!
上のヘーゼルナッツのカリカリの香ばしさが半端ない。
下の部分は、オーソドックスなフルーツパウンドなのですが、このヘーゼルナッツの香ばしさが加わることで、ミラクルな化学変化をみせている。奇跡的な美味しさ。
こんなケーキ食べたことない。
形容しがたいほどの衝撃的な美味しさ。


ケークの超絶な美味しさにヤラれてしまいましたが、最後にガレット・デ・ロワを。
箱にはこんな紙が。
f:id:nyaofunhouse:20170116115049j:plain
箱を開けて、出してみます。
これがエーグルドゥースのガレット・デ・ロワ(キャラメルブールサレ)です!
f:id:nyaofunhouse:20170116115159j:plain
これ、すごいでしょ?
こんなの見たら、購入不可避ですよ。
完全にガレット・デ・ロワを超えている。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170116123930j:plain
パリパリの飴を割って切る、もうそれだけで美味しいのが保証されています。
f:id:nyaofunhouse:20170116124123j:plain
食べてみたのですが、これ、たしかにガレット・デ・ロワの基本は間違いなく踏襲している。
バターの香りが素晴らしいパイ生地はほんのり塩っぱく、さっくりと層ができていて、軽くて香ばしい。
そして、中にもアーモンドクリームが入っていて、ガレット・デ・ロワの味になっている。
だけど、それを凌駕する塩バターキャラメルの美味しさが!
表面のキャラメリゼももちろんほろ苦甘くて美味しいですし、中のフィリングがアーモンドクリームとキャラメルの二層構造になっているんですね。
これはもう、やめられない止まらない。


今回のエーグルドゥースのケーキ、めちゃくちゃいっぱい買いましたが、まさに後悔なんてあるわけない、という至福の美味しさでした。
ムラングシャンティもサヴァランもガレット・デ・ロワも、基本は間違いなくそれぞれの伝統菓子なのですが、それに加わったオリジナル要素が極めて高いレベルで、伝統菓子をネクストレベルに引き上げているんですよね。
感動しました。


ちなみに、ガレット・デ・ロワのフェーヴ、今回もまだ出てきてません。
どうも引きが弱くて・・・