Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


美味しい紅茶を買ってAmazonギフト券をもらおう!というキャンペーンを個人的にやってみることに。詳しくは⇒こちら
おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


2018年のケーキ納めは・・・

今日は2018年12月31日。
おおみそかですね。
今年も、いろんな方にお世話になりました。
このブログを読んでくださっている方、コメントをくださった方、
本当にありがとうございます!深く感謝です。

このブログも、相変わらず自分が食べたケーキのことを漫然と書いていますが、
少しでも美味しさが伝われば・・!と思いながら、拙いながらもなんとかかんとか続けています。

2019年も、まああまりペースは変わらないと思いますが、
時々読みに来ていただければ嬉しいです。


そんなこんなで2018年も終わりが近づいています。
今年最後のケーキはどうしようかなー?
でも、正直、クリスマスケーキを楽しんでから年頭のガレット・デ・ロワまでの間は
なんとなくふわっとした時期で、そこまで「ケーキの食べ納め!」にはこだわっていなくて。
年末はパティスリーもクリスマス明けの休業のところも多いし、デパートも混んでるしで、
どうしようかなーと思ったのですが。



そんな状態だったのですが、12月27日に、年末の買い出しに新宿伊勢丹に行ったのです。
年末の伊勢丹、予想通り混んでました。
洋菓子売場は・・と見ると、どうやら帰省する人なのかな?手土産になるお菓子が売れているみたいでした。
中でもエシレ!とフィーカ!
どちらも長い行列が出来てて。
エシレはまあわかるのですが、フィーカ、びっくりしました。
いつの間にそんな人気に?
確かにパッケージ可愛いし、美味しいし、手土産には最高だと思いますが、
つい先日まではそんなに人気!というほどではなかったのですが・・
テレビかなんかで紹介されたのでしょうか?

そんなことを思いながら店内巡回してたら、お!というケーキ発見。
ル・サロン・ジャックボリーのお店で、パリブレストのアントルメ売ってる。
しかも安い!2000円台前半の値段。
なんでこの値付け?と、ここでもびっくり。
だって、ジャックボリーさん、タルトペッシュヴィーニュは860円だったかな?一切れ。
豪華なオペラも結構なお値段。
それでアントルメが2000円ちょいは、おかしいでしょう。
そりゃ買うでしょう。
ということで買ってきました。
これが今年のケーキ納めかなー?


こちらがル・サロン・ジャックボリーのパリブレストアントルメです!
f:id:nyaofunhouse:20181227180537j:plain
ね、すごくしっかりしてるでしょ?大きさも、そこまで大きくないけど、ちゃんとアントルメのサイズ。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20181227181201j:plain
こりゃ食べでありますね。

食べてみました。
シュー生地はもふもふっとした食感。
プラリネクリームは、そこまで濃厚ではないのですが、ちゃんとヘーゼルナッツの香りが感じられて、バランスがいい。食べやすい。
そして、アーモンドスライスや飴がけナッツのアクセントもあって、すごく美味しい。
これはお買い得なのではないか?と思うのですよ。
ジャックボリーのお店、いつ行ってもお客いないし、将来の展望がとても不安だということもあるので、
ぜひ一度食べてみてくださいパリブレスト。おすすめです。


さてさて。
これで今年のケーキはおしまい!
あとは来年のケーキ初めだねー
と思ってたら、29日土曜日の、14時ごろかな?
白金台のパティスリー、アコテパティスリーの増沢シェフが、ツイッターで
フレジエです。
と画像ツイート。
なんと!この年末のこの時期に、フレジエ出すか!
と仰天。
そして、とるものもとりあえず、40秒で支度して南北線に飛び乗りました!

そんなこんなで、お店には15時開店の少し前に到着。
f:id:nyaofunhouse:20181229144702j:plain
しばらく待って、開店と同時に飛び込んで。
そしたら、フレジエ、ありました!
やれうれしや。
嬉しくて、2個買っちゃいました。
だって、次いつ食べられるか、何年後になるかもわからないわけで、
買える時に思う存分味わいたいじゃないですか。
ということで2個。
あとは、キャトルカールプリュノーとアルレットも購入。
そしたら、フレジエ、まあ保冷剤はないだろうなーと思ってましたが、箱もなしで、紙袋に直接入れてもらって。
このあたり、いかにもアコテらしいといえば言える。


そして、せっかくだから、ということで、白金台→白金高輪へ。
今回は久しぶりのパッションドゥローズへ。
f:id:nyaofunhouse:20181229151722j:plain
パッションドゥローズ、訪れた時間は15時過ぎ、ということもあり、かなり売り切れもありました。
そして、相変わらず新作がいっぱい!
ほんとに、創作意欲衰えないですねー。
ということで、新作を中心に、いくつかケーキ購入。

そして、帰る前にもう一軒。
パッションドゥローズが移転する前、最初のお店があったところ、今はエッグタルト専門店になってるんですよね。
エッグタルト専門店、って、面白いなーと思ってて、でもまだ買ったことなかったのです。
お店の名前はオーファクトリー。
f:id:nyaofunhouse:20181229152325j:plain
黄色いお店。
ここで、エッグタルト、初めて買ってみました。

そして帰宅。
まずは大急ぎでアコテのケーキを冷蔵庫へ。
その日はすごく寒かったので、溶けてはないと思うのですが・・
しばらく待ちます。
そして、紅茶を淹れて、いざ、アコテフレジエ、食べますよ!
こちらが、アコテパティスリーのフレジエです!
f:id:nyaofunhouse:20181229162240j:plain
やっぱり生クリームの部分がちょっとぐちゃっとなってますね。
というか、これ、いちごを前面に持ってきたほうが写り良くない?
今画像見るとそう思うんだけど、写真撮っている時はテンションあがりすぎて、気が付かなかったです。
こちらが1個の画像。
f:id:nyaofunhouse:20181229164350j:plain
さてさて、食べますよー!
ということで、ちょっと背の高いフレジエ、食べてみたのですが・・
おうおー!
濃い!
ムースリーヌが、濃い!
ムースリーヌ、ものすごく濃くて重くて、もたっとしている、というか、すこしザラッとしてさえいる。
ヘビー級の重さ。
そこに、さっぱりとした甘酸っぱいいちごが合わさることで、至高の美味しさに。
ビスキュイアマンドもかなり存在感があり、トップの生クリームもすごくミルキーで濃厚。
すごいなー。
すべてのパーツが濃いから、いちごのジューシーさがより引き立ちますね。
なるほどー。これがアコテのフレジエかー。
この濃さは他ではなかなか味わえないかも。特にムースリーヌの濃さは圧倒的。
そして、いちご、まだ12月なのに、すごく美味しいいちごで。
今、いちごの旬って、12月からなの?早すぎる気が・・
うーむ。
唸る。
あっという間に2個食べてしまいましたが、おなかずっしり。
いやー、すごい体験でした。


そして、キャトルカールプリュノー。
f:id:nyaofunhouse:20181229164942j:plain
美味しい。表面さっくり、中しっとり。
甘さは控えめで、プラムの甘さが引き立つ。
アコテのパウンドの香りの良さは独特ですよね。多分ブラインドで食べても、これアコテだとわかると思う。そのぐらい特徴的。

アルレットも買いました。
f:id:nyaofunhouse:20181229165251j:plain
アルレットは、サクッと軽い食感、そして、焦げくささ。
ほんとこれ、焦げてるよね、という焼きの深さ。
焦げた薄焼きのかりんとう的な味わいもあって、お茶に合うかも。



ということで、キャトルカールとアルレットは今後のおやつにするとして、次にパッションドゥローズのケーキ食べますよー。

パッションドゥローズのケーキ、まずはポワール。
f:id:nyaofunhouse:20181229172207j:plain
これは、見てみるに、洋梨のコンポート、キャラメルのムースリーヌ、チョコガナッシュ、そしてパンデピス生地の模様。
パンデピスがアニスの香りがあってスパイシー。
その香りとさっぱりとした洋梨、キャラメルと、相性の良い組み合わせで、すごく美味しい。
チョコも、そんなにうるさく感じられなくて、味に華を添えている。
すごく好きですこれ。強すぎないクセが魅力的。


次に、シブーストポンム。
f:id:nyaofunhouse:20181229173007j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20181229173300j:plain
この断面からわかるように、上部のシブーストクリームがかなり分厚い。
そして、クリームと言うより、プリンに近いかな。やや固め。
それに対して、下のタルトの中には煮詰めたりんごが入ってるんだけど、このりんごがタタン的に味が凝縮されていて、インパクトがある。
だから、ボリューム的にはりんごが薄くてシブーストが厚いけど、味はりんごが濃くてシブーストが軽いので、これでバランスが取れてる。
すごくいいですね。タルトのザクッとした食感も含めてすごくいい。


最後は、ズッパイングレーゼ。
f:id:nyaofunhouse:20181229174311j:plain
面白い形してますねー。
このメレンゲの絞りは、むしろタルトシトロンみたいですが・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20181229174633j:plain
このケーキは、カステラのようなスポンジ生地にカンパリを染み込ませて、間にオレンジやグレープフルーツの果肉を挟んでいます。
カンパリのシロップは、カンパリ独特の苦味は感じられるけど、そこまでシミシミではないので、しっとり、という感じですね。
やわらかい食感で、柑橘の果肉もさっぱりで、食べやすいケーキ。
でも、これ、ズッパイングレーゼなのか?という疑問も。
いわゆるイタリアンドルチェのズッパイングレーゼとはだいぶ違うので、名前についてはちょっとクエスチョン。
でも美味しかったです。


さて、そしてそして、エッグタルトも食べますよ。
3個買いました。1個200円。
f:id:nyaofunhouse:20181229190930j:plain
リベイクしてください、と書いてあったので、あっためてみました。
f:id:nyaofunhouse:20181229191856j:plain
そしたら、外側の生地ははらりとほどけ、サクサク。
中の卵は、とろっとして、甘さは控えめだけど、官能的な美味しさ。
個人的にはもっと甘ったるくてもいいかな?と思うのですが、すごく食べやすい。
エスニックなスイーツというより、ケーキっぽいです。


・・・ということで、2018年のケーキ納めは、アコテのフレジエで〆ることができました。
これはなかなかいい締めくくりだったのではないかと。

2019年も、どうなるかわかりませんが、美味しいケーキに出会えれば嬉しいですね。