Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ジュンウジタの王道ケーキ!

行きづらいパティスリーのひとつ、ジュンウジタは、でも頻繁に新宿伊勢丹マ・パティスリーに来てくれるからありがたいですよね。

まあ、催事だとスペシャリテのタルトカフェが食べられないのは残念なのですが、それ以外にも美味しいケーキいっぱいあるし、それに催事に通うごとに、ケーキの味わいが進化しているように感じます。

そんなジュンウジタのケーキ、またマパテに来たので買いに行ってきました。
今回はちょっといっぱい買ったなー。
美味しそうなケーキがいっぱいあったので。
ケーキ箱も2箱になったよ。
f:id:nyaofunhouse:20161125123045j:plain

ジュンウジタのケーキ、まずは華やかにムースオベから。
f:id:nyaofunhouse:20161125123402j:plain
真っ赤でキレイです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161125123606j:plain
このケーキは、チーズのように濃厚でミルキーなカスタードクリームと、酸味もさわやかないちごのムースの組み合わせ。
全体としてはいちごミルクっぽさがあるのですが、でも子供っぽくはなくて、大人の鑑賞に耐えられる美味しさ。
見かけ同様味わいも華やかなイメージです。

次に、ピスターシュフランボワーズを。
f:id:nyaofunhouse:20161125124048j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161125124203j:plain
このケーキは、ピスタチオとラズベリーという王道の組み合わせ。でも、予想を上回る美味しさ。
ピスタチオが、豆っぽさを残しながらもえぐみは感じられない絶妙な配合。それに相性のいいラズベリーは酸っぱすぎずナイスアシストをしていて、シンプルだけどとても美味しい。
ピスタチオ+ラズベリーのケーキの模範解答のようなケーキですね。

ここでタルトタタンを。
f:id:nyaofunhouse:20161125124819j:plain
タルトタタン、りんごにはしっかり火が入っていて、ほろ苦甘い、好きなタイプ。
よくあるのがタルトが水分を吸いすぎてべしゃっとしているタルトタタンのパターン。でも、今回のタルトタタンはそこまで水分が滲み出る感じではなく、タルトもしっかり味わえました。
そして、上の生クリームが、軽くお酒が効いているんですよね。だから、一緒に食べると一気に大人味に。
この一工夫がオリジナリティがあって嬉しかったですね。

タルトマロンカシス。
f:id:nyaofunhouse:20161125125335j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161125125502j:plain
モンブランはなくて、このタルトマロンカシスがモンブランの代わりに出場。
これも、栗と相性のいいカシスを使っているのですが、すごく美味しいですな!
洋栗のこってりしたクリームに、強すぎず弱すぎずの絶妙な味加減のカシス、そしてタルトの香ばしさ。
これも王道なんだけど王道を突き抜けた、クオリティの高いケーキになっています。

まだまだ行きますよ!次はシブーストカシス。
f:id:nyaofunhouse:20161125130025j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161125130434j:plain
やっぱりジュンウジタの表面キャラメリゼんは間違いない。
これも飴の表面、ふんわり甘くて酸っぱいカシスのシブーストクリーム、カシスと相性のいいオレンジ、そしてなによりも重要なタルト台。
タルト生地、ガリッと固め・厚めに焼かれていて、中のクレームダマンドのコクがしっかりなので、上の軽めのシブーストクリーム、さっぱりオレンジのケーキと好コントラスト。
これも味の組み合わせとしては王道なんだけど、めちゃ美味しいです。

ミルフォイユフランボワーズ。
f:id:nyaofunhouse:20161125131001j:plain
このミルフィーユは、とにかくパイ生地が美味しいですな!しっかり焦げ臭い。
ラズベリーは、それほど強固に主張することはないんだけど、上掛けのラズベリージャムと、フレッシュのラズベリーがカスタードクリームの中に入っているので、濃厚でぽってりしたカスタードクリームにさわやかさと個性を与えている。隙のない作りのミルフィーユです。

サバラン。
f:id:nyaofunhouse:20161125131804j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20161125132042j:plain
このサバラン生地は目が詰まっていてシロップはあまり吸わないタイプ。
その分生地をしっかり味わえます。
シロップにはお酒がしっかり。ややスモーキーな香りがするので、ラムやコワントローではないのかも。
上にたっぷりのサワークリームは、とかく単調になりがちなサバランに味の変化を加えていて、これも大胆とまではいかなくても、変化球の工夫が凝らされたサバランになっていました。

最後、ガトーダマンド。
f:id:nyaofunhouse:20161125132640j:plain
このシンプルなケーキ、めちゃ美味しいですな!
このスポンジが、アーモンドの香りがものすごい。
まるで杏仁豆腐のケーキ、と言ってもいいぐらいアーモンドの香気が素晴らしい。
生地の食感もしっかりしっとりで、口どけもいい。
甘さは控えめなので、バタークリームの濃厚な味わいがしっかりと認識できる。
シンプルイズベスト。ごまかしがきかない単純な構成だけど、ごまかしのない誠実な味のケーキになっていました。


ということで、なんと今回はケーキ8個。
あっという間に完食しましたが。
今回のケーキは、王道の組み合わせを感じるものが多かったですね。
でも、そんな王道・定番のケーキでも、大胆な変更は加えなくても、ちょっとした工夫や、丁寧な作りで、宇治田シェフの個性につながっている。
この先、ジュンウジタはどう進むのか、目が離せないですね。お店行きたいよー