Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


フラウラの丁寧な仕事が光るケーキたち

モンブランの有名な店でまだ食べてない店がありました。
代々木八幡のフラウラ。
ここのモンブランはフォルムもユニークだし美味しいしでつとに有名。


フラウラは代々木八幡に移転オープンした直後に行っています。
www.nyao.club
でもこの時はモンブランなかったんですよね。

かなり久しぶりになりますが、フラウラのモンブランなんとしても食べたくて、代々木八幡行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20161123135142j:plain

フラウラのショーケース、それほどケーキの種類は多くないのですが、どれもすごく美味しそう!
キラキラと光っていました。
モンブランもありましたよ。
その他にも美味しそうなケーキ、いっぱいお持ち帰りしてきました。


まずは食べたかったモンブランから。
f:id:nyaofunhouse:20161123145456j:plain
この独特の形!
中はどうなってるのか、知りたいですよね。
こんなでした。
f:id:nyaofunhouse:20161123145942j:plain
ここのモンブランは、栗は京都産。
かなりこだわりがあるようです。
そのこだわりの栗をたっぷりと使っている。
栗の香り、味はかなり繊細。
なので、普通はタルト台だと栗の香りをそいでしまいそうだけど、このモンブランのタルト台は、決して押し付けがましくなく、ほのかに香るアーモンドの薫香が繊細な栗の香りにマッチしている。
美味しい!
モンブラン、台は焼きメレンゲ一択派の自分ですが、ほぼ初めてじゃないかな、タルト台で納得の美味しさだったのは。
素晴らしかったです。


モンブランの素晴らしい美味しさにうっとりしつつ、次のケーキを食べます。
次は、定番のタルトシトロン。
f:id:nyaofunhouse:20161123150554j:plain
ステキなフォルム!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161123150800j:plain
このタルトは大きさがやや大きく、タルトの中にキュンと酸っぱいレモンクリームがたっぷりと。
このサービス精神がいいですね。
上のふんわりメレンゲは、たっぷりレモンクリームとちょうど釣り合う分量。
このあたり、フォルムだけじゃなくて味のバランスにもきっちり心配りができていて、さすがです。
レモンクリームが、分量が多いのにしつこくない、大味じゃなくて丁寧に作られているのがわかって、好感度大です。


これも定番ですね、オペラ。
f:id:nyaofunhouse:20161123151244j:plain
これは定番のラインからはずれたことはしてないんだけど、チョコがかなりビター。コーヒーも苦味がかなり強い。そしてコーヒーリキュールもしっかり香る。
かなり大人向けのほろ苦ダンディーオペラです。
すごく美味しい。


秋~冬らしい季節のタルト、「タルトフリュイ・ド・オトンヌ」です。
f:id:nyaofunhouse:20161123151722j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161123151914j:plain
このタルトは、上に載った洋梨のしゃっきりした食感と、タルトの中に入ったいちじくのムースの種のプチプチした食感の対比が面白い。
味わいも、上のカシス風味の洋梨はさわやか、タルトのいちじくムースは濃厚と、ここでも対比が楽しめる。このタルトもやや大きめなのですが、味にコントラストがついているので、全く飽きずに食べられる。
これもすごく美味しいタルトでした。


アンブル。
f:id:nyaofunhouse:20161123153403j:plain
このケーキも美味しいですな!
ミルクチョコの濃厚なムース、プラリネのムース、そして飴がけのくるみ。
味の構成だけだとかなり味が強めに出ている印象なのですが、不思議に重くない。
食感も、ねっとりムースに目の詰まったスポンジ、カリカリのくるみと、とても工夫されている。
組み合わせとしてはシンプルなんだけど、丁寧に丁寧に作られているのが分かるんですよね。
こういう、丁寧な仕事を味わうと、グット来てしまいます。


最後に、スペシャリテのトモエを。
f:id:nyaofunhouse:20161123153958j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161123154317j:plain
これは!インパクトのあるフォルムに、味もインパクト大ですね!
カカオ分を如実に感じさせるビターなチョコガナッシュのなめらかな口どけに、ラム酒の良い香りが加わって、大人の愉悦を感じさせます。
基本的にはチョコ一辺倒のシンプルなケーキなのに、これも飽きないんですよね。
これがすごい。甘さ・苦さのさじ加減が絶妙ということもあるし、ひとつひとつのパーツが丁寧に作られているのがよくわかる。
スペシャリテ、堪能しました。


そんなわけで、お久しぶりのフラウラ、ここのところケーキちょっと食べてなかったこともあるけど、感激ものの美味しさでした。
モンブランは言わずもがな、他のケーキも、どれも桜井シェフの丁寧な仕事がピカピカと光っていましたよ。
今のお店は、シェフの目の届く範囲でケーキを作る、というコンセプトなので、ケーキの種類はそれほど多くはないですが、その代わりどのケーキも魂のこもった美味しさでした。