Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


吉祥寺ケーキ店新規開拓!

近くて遠い吉祥寺。
うちからは中央線一本なんですけどね。微妙に遠くて。


そして、吉祥寺はスイーツの街でもあります。
美味しいケーキ店がひしめき合っている。


でも、そんな吉祥寺、なかなか行かれないこともあって、いつも安牌を選んでしまいがち。


そんなわけで、未だに行ったことのないケーキ店がまだまだたくさんある。


一方で、新しいお店も次々と出来てきていて。


今回は、吉祥寺のまだ行ってないお店を開拓しようと思いまして。
行ってきました。


まず1軒目!「パティスリー・サロン・ドゥ・テ・ゴセキ」へ!
f:id:nyaofunhouse:20160201105923j:plain
ゴセキさん、タルトが美味しいよ!と前から聞いていて。
今回もタルトを中心に、合計5つのケーキをイートインで。
紅茶もたのんで、いっぺんに持ってきてもらいました。
こちらが今回オーダーしたケーキです!
f:id:nyaofunhouse:20160201111121j:plain


まずは、タルトレット・オ・シトロンから。
f:id:nyaofunhouse:20160201111211j:plain
オーソドックスなシトロンのタルトに見えます。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160201111258j:plain
このタルトはいいですね!美味しい!
なんといってもレモンがキュウウン!!と強烈に酸っぱいのがいい。このぐらい容赦のない酸味、大好きさ!
そして、上に載ったメレンゲはふんわりと甘くて。
メレンゲはもう少しいっぱいあってもよかったかも。レモンがかなり酸っぱかったので。
タルトはサクサク、ホロホロの軽やかな食感。
なるほど、タルトが美味しいというのは伊達ではないですね。


次に、サンマルクを食べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20160201111634j:plain
このサンマルクは、表面がキャラメリゼになってないのがちょっと残念ポイント。
全体としてはオーソドックスな、食べやすいサンマルクです。
もうちょっとガツンと来る部分があればもっといいかと思いましたが、万人向けの食べやすい味になっていました。


またタルトいきます。タルトレット・オ・ポム・ルージュを。
f:id:nyaofunhouse:20160201111945j:plain
なかなか美味しそうでしょ?
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160201112033j:plain
このタルトは、りんごがタタン的にしっかり焼かれているけど、酸味も残していて、焼いたりんごの飴っぽさとフレッシュな味わいの両方が楽しめるタルトです。
すごく美味しい。
タルトは、こちらもサックリとした軽めの口当たり。香ばしくて美味しいです。


そして、モンブランも食べてみます。
f:id:nyaofunhouse:20160201112413j:plain
見かけはオーソドックスなモンブランに見えますが・・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160201112536j:plain
これ、タルト台厚いな!
マロンクリームはかなり固めの作りになっています。
それに対して、タルト台のよく焼かれた香ばしさや、クレームダマンドの香りの良さ、そしてラム酒の香りと、力強い味わいのモンブランになっています。
この厚焼きタルトの存在感の強さにやられます。これはもう一種のタルトですよね!


最後、タルトレット・クレーム・ピスターシュ・エ・グリオットを。
f:id:nyaofunhouse:20160201112939j:plain
これも美味しそうに焼かれています。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160201113427j:plain
このタルトも美味しい!
ピスタチオが練りこまれたタルト台は、焼きの香ばしさと豆の香ばしさのダブルパンチで迫ってくる。
それに対して甘酸っぱいチェリーがいっぱい!
その対比がすばらしい。すごく美味しいです。


ゴセキさんのケーキ、やっぱりタルトが圧倒的に美味しいですね。
タルトの配合や焼きも、上に載る素材によって変えてあったり、すごく工夫されているのが分かる。
食感も硬すぎず、さっくりとしていて、それでいて香ばしさとバターの香りのよさが伝わってくる。
いいタルト、たくさん食べられて嬉しかったです。


ゴセキさんから移動して、今度は吉祥寺ロフトの方へ。
訪れたのは、最近オープンした新鋭、「パティスリー吉祥寺」。
思ったよりもかなり大きな店でした。
f:id:nyaofunhouse:20160201115059j:plain
このパティスリー吉祥寺は、もちろんケーキも売っていますが、2階のサロンでアシェット・デセールが楽しめるのだとか。
では、今回はそのアシェット・デセールを食べてみましょうか。
そんなわけで2階へ。


メニューを見ると、今アシェット・デセールとして注文できるのは、バレンタイン限定の「ショコラフランボワーズ」だけのよう。
では、それをいただきましょうか。


注文を受けてから、厨房で若いパティシエールさんがカチャカチャ、シャカシャカ、一所懸命作業をしています。
そして約10分。デセールが出てきました!
f:id:nyaofunhouse:20160201120549j:plain
これが「ショコラフランボワーズ」です!
f:id:nyaofunhouse:20160201120502j:plain
凝ってますねー!
これは、構成としては温かいフォンダンショコラに冷たいフランボワーズのソルベ、そしてパートフィロというもの。そこにエスプーマで泡泡にしたり、中にカスタードを忍ばせたり、かなり手が込んでいる。
スプーンですくって食べてみます・・・
f:id:nyaofunhouse:20160201120619j:plain
うーむ。美味しい。
美味しいけど、そんなにびっくりするほどではないかな。
前から思っているのですが、自分はあんまりアシェット・デセール、性に合わないかもしれない。
良さがイマイチよくわからないのです。
確かに熱いものと冷たいものを一緒にお皿に並べるのはデセールならではで、ガトーでは表現できない世界。
でも、熱いものと冷たいものを一緒に食べると、何かステキなサムシングがあるのか?と思ってしまうのです。
どうもこのホット&コールドのデセール、イマイチ意味がよくわからない。
デセールの中ではパフェ(クープ)は好きなんですけどねー。
ということで、このショコラフランボワーズも、美味しいと思いつつ、そんなでもないかなーという気も。


そして、このショコラフランボワーズ、食べ進めてから、一緒についてきたチョコソースをかけるとまた味が変わって美味しいとのこと。
かけてみました。
f:id:nyaofunhouse:20160201120800j:plain
うーん。まあ、チョコソースがけの味になった、かな?


間違わないで欲しいのは、このアシェット・デセール、美味しかったですよ!すごく美味しかった。
でも、個人的にはあまり意義を見出せないというか。
これだったらケーキ3個食べたほうがいいかなーとか思ってしまうのです。


そんなわけで、パティスリー吉祥寺、ケーキの方を食べてみないことには判断保留ですね。
2階のサロンはゆったりとした造りで、時間を忘れて落ち着いてケーキと紅茶を楽しむには最高の空間でした。


今回は、まだ未開拓だった吉祥寺のケーキ店2軒を開拓してみました。
でも、まだまだ吉祥寺にはスイーツの店たくさんある。
全部回り切るまでどのぐらいかかるんだろ?