Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


新生オーボンヴュータン、ようやく行ってきました!

オーボンヴュータンが移転してオープンしたことは当然知っていましたが、なかなか行けずにここまで来てしまった。
だけどもうそろそろ行かないことにはどうにもならん。
・・・ということで、今朝はちょっとダルかったのですが、頑張って行ってきました尾山台。


尾山台、大船に住んでた頃に比べればはるかに行きやすくなったけど、やっぱりちょっと面倒なんですよねー。あの大井町線というのがやっかいで。
どう転んでも乗り換えしないといけないのが面倒で。
でもまあ、久々に降り立ちましたよ尾山台。


そうしたら、尾山台にも公認のゆるキャラがデビューしたということで。

オッポン、だそうです。
まあ、頑張れ。


新しいオーボンヴュータンは、旧店舗からそんなに離れてなくて、旧店舗から数分で到着。環八沿いです。
威風堂々としたその風格たるや!

旧店舗ではちょっとしたイートインスペースだったのが、新店舗では立派なカフェに。お食事もできますよ。カフェスペース、ウェイティングがかかってた。
あとは大きく変わったのは、アントルメグラッセがかなりいっぱい並んでて。
どれも美しくて美味しそうだったなー。
ただ、アントルメグラッセ、どれも800〜1000円します。大きさは普通のケーキの1.5〜2倍ぐらいの大きさ。オーボンヴュータンの生ケーキは小さめなので、余計に大きく感じる。ヴァシュランとか食べたかったなー。
一応聞いてみました。アントルメグラッセの持ち歩き時間は?と尋ねると、45分ぐらい、とのこと。45分・・・電車の接続が完璧で45分ギリギリぐらい。ちょっと持ち帰りには厳しいかなー。店内で食べるにはちょっと混みすぎてるし。
うーん、何とかして次回は食べてみたい!


生ケーキについては、定番のケーキと、新作と思しきケーキがそれぞれズラリと並んでいました。
今回は、ついに、ようやく、本当にようやく、ミルフィーユがあった!
これまで何度フラレたことか。ついに購入することが出来ました。
それ以外のケーキは、新作をわりと多めに購入しました。
以前のケーキの記事にも書いたように、オーボンヴュータン、古典的なケーキについては完璧なまでの美味しさなのですが、新作ケーキはちょっと弱い部分がある、と思っていて、それが今回はどう出るか。楽しみで。
尾山台から家までは、時間測ったらやっぱり小一時間。これだとアントルメグラッセは厳しいなー。やっぱり店で食べるしかないか。


オーボンヴュータンのケーキ、ケーキ箱も素敵です!

今はこういう包装してくれるところ、本当に少なくなりましたからねー。
ビニールの袋に白い箱をポンと入れておしまい、という店がほとんど。
でも、やっぱりケーキはこういう包装されているとアガりますよねー!


ではでは、オーボンヴュータンのケーキ、まずは新作ケーキから。
こちら、ラ・プロヴァンスというケーキ。

このケーキ、上にチョコのカップがついていて、その中にレモンの果汁が入ってる。
スポイトにシロップやお酒を入れるのはよくあるけど、このカップに入れるというのは初めて見た。
面白い!
最初は汁かけないで食べてみたんだけど・・・
酸っぱい!
すごく酸っぱい!
断面図・・・は撮り忘れ。失礼。
これ、断面図なくて申し訳ないんだけど、構成としてはアーモンド入りのヌガー、レモンとライムのジュレ、下にリ・オ・レという構成。
すごく変わってるの。
なんだけど、ちょっとそれぞれのパーツがバラバラな気がするなあ。
レモンとライムの酸っぱさを中和する要素があまりない。
リ・オ・レはお米の粒粒がかなり残っていて、食感があまりよろしくない。
アーモンドのヌガーはそれほど主張してこないし、なんかこう、バランスを逸した感がある。レモン果汁かけたらめちゃめちゃ酸っぱくて。
うーん・・・


次も、ちょっと見かけは似てます。「リル・ド・タイチ」というケーキ。

こちらは断面図あります。

こちらはパッションフルーツのジュレにバニラのババロアという構成。カップの中はパッションの果汁。
こちらもパッションフルーツの酸味が強烈!でも、こちらはババロアがその酸味をうまくくるんでくれていて、酸味だけじゃない、ふんわりとした甘さがしっかり寄り添っていて美味しい。
ラ・プロヴァンスと見かけは似てるけど、こっちのほうがシンプルでわかりやすくて、自分は好み。


そして、「マヤ」というケーキ。

なんか神秘的なフォルムですが・・・
断面図。

これ、店の商品説明では、唐辛子入りムースショコラにバニラとテキーラのクリーム、チョコがけポップコーン、という、わけのわからない構成となっていて、なんだそりゃ買う!と思って買ったのですが・・・
正直唐辛子やテキーラはわからなかった!すみません!
というか、ポップコーンの存在感がありすぎなんですよ。
固くて歯にくっつくし、かなり塩気もあるし、とうもろこしの香りが全体を包み込んでいて。
あとはポップコーンにかかったチョコとムースのチョコの味が主張してくるぐらい。
思ったほど奇天烈な味ではなかったけど、ぶっちゃけポップコーンはケーキと相性良くない!ということを思い知りました。


・・・ということで、オーボンヴュータンの新作ケーキは、やっぱりちょっと微妙な部分あるよねーというのが今回の感想。そんなに奇抜だったり複雑だったりする必要ないと思うのです。シンプルでいいのに、難しく考え過ぎなんじゃないかなー。


そして、ここからはスペシャリテのケーキ行きます。
まずはゼフィールから。

断面。

チョコとチーズのケーキ。
かなりどっしりとしている。重いです。
そして、ラム酒が効いてる。
大人の味わい。塩気も強い。
なので、これは紅茶よりもワインに合うかもしれない。
飛び上がるほど美味しいというわけではないけど、オーボンらしいケーキ。重厚で濃厚。


これもスペシャリテですね、スノブ。

ピスタチオと赤いベリーのケーキ。
断面。

これは美味しい!
ピスタチオの味わいは、豆のえぐみはないけれど十分濃厚。ピスタチオの美味しさが十分に引き出されていて、フリュイルージュ(ベリー)との相性は最高!ベリーの酸味もちょうど心地よく感じられる酸っぱさで、すごく美味しいです!
さすがですねー。


最後に、ようやくご対面のミルフィーユ・オー・フレーズ。

ああもう美しいよおお・・・
横からも撮っちゃうぞ!

とうとう食べることのできたオーボンヴュータンのミルフィーユは、
!パイ生地が!
すごい!
焦げ臭いよ!この焦げ感!これこそ河田シェフの真骨頂!
ここまで火入れるかぁあああ・・・
さすが。
それに、濃厚カスタード、さらにフォンダンの甘さ。いちごの酸っぱさ。
これこそ待ち望んだオーボンヴュータンのミルフィーユ、期待以上のものでした。
やっぱり素晴らしい。


そんなわけで、新生オーボンヴュータン、新作ケーキと古典ケーキを食べました。
結論としては、やっぱりどうしても古典ケーキの方に軍配があがってしまうかなー。
個人的には、新作であってもオーボンヴュータンらしい、骨太でシンプルなケーキを出せば、新たなスペシャリテが生まれるのではないか、と思うのですが・・・
あとは、アントルメグラッセ、食べたい!すごく食べたい!
次回はランチの時間を少しはずして、カフェでアントルメグラッセいただこうかなー。絶対ヴァシュラン美味しいと思うんだよね。尾山台がもうちょっと近ければなー・・・