Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


初期のフォークダンスDE成子坂

小鳥さんのところ経由でこちらの記事を読んで、改めてへこんでしまった。まだ自分にとってもショックは消え去ってないようです。
刺激ビリビリ(The Biribiri Fantasy): 訃報

人づてに聞いた話で恐縮ですが、ボケの桶田さんは
今田・東野さんにして「松本人志の再来」と言わしめ、
爆笑の太田さんは「あいつは天才だった。天才すきたゆえ
売れなかった」と語るほど・・・


・・・。
確かに全盛期の桶田さんのボケはすごかった。めちゃくちゃ面白かった。
だけど、村田さんのツッコミの鋭さも同様にすごかった。


証拠として。
今からちょうど10年前のフォークダンスのネタ、ビデオ3倍速で録画したので画面が汚いですが。
(=終了しました=)
これはYouTubeにもアップしてませんでした。
理由は、彼らのキャリアがまだ浅かったこともあって、実力からしては、まだまだじゅうぶんに笑いが取れてないからです。
設定はベタベタの「取調室」、駄洒落や言葉遊びがネタの大半を占め、桶田さんのギャグも上滑りしてます。
そう、あの桶田さんですら、最初の頃はそれほど面白くなかった。あの予測不能なボケは、天性の部分もあったけど、それ以上に努力の賜物だと思っています。
だけど、村田さんのツッコミはこの時点でもビシッと決まっている。
このネタに限って言えば、村田さんが引っ張ってる。間違いなく。
桶田さんの評価が高いけれど、村田さんなしにはフォークダンスの笑いは存在しなかった。間違いなく。



後悔してるのは、自分の所持しているフォークダンスの作品はこの「取り調べ」とこの前アップした「遠足」ネタ、あとはid:kowagariさんがあげてくださっているのと同じ「マッサージ」ネタの3本しかないこと。
これ以上に面白い舞台もあったのに。残念でなりません・・。