Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


美味しい紅茶を買ってAmazonギフト券をもらおう!というキャンペーンを個人的にやってみることに。詳しくは⇒こちら
おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


夏越の祓えは水無月と桃ケーキで!

6月30日。もう今年も半分終わりましたよ。
早すぎ!
まあ、今年前半はパリ旅行があったり、そこそこ充実してたかな。
後半は、お仕事の方も少し頑張らないと・・
あとは、夏に向けて、冷たいデセールやかき氷、いっぱい食べたいですねー。

そんなわけで6月30日。
日本では、夏越の祓えですよね。
ということで、水無月食べないと。
新宿伊勢丹に行って、水無月買ってきました。
こちらが、とらやの水無月、と奥に見えるのが琥珀羹の和菓子「川島」。
f:id:nyaofunhouse:20190630110316j:plain

そして、伊勢丹の「和菓子のマパテ」こと今め菓子コーナーで販売してた、とらやとは関係のない伊勢のういろう屋さん「虎屋ういろ」の極み水無月ういろ。
f:id:nyaofunhouse:20190630110454j:plain

どちらももっちりして美味しかった。
とらやはやっぱり小豆が、虎屋ういろさんはやっぱりういろう部分が、美味しかったです。


・・・で、水無月を食べ終わって、これでおしまいではないですよー!
せっかく伊勢丹行ったんだから、ケーキも!
なんでも、ユーゴ&ヴィクトールやデメルで美味しそうな桃のケーキがスタートしたとの情報。
これは、食べてみないとですね!

ということで、ユーゴ&ヴィクトールの桃ケーキフェアの桃、食べてみます。
まずは、ヴェリーヌペッシュ。
f:id:nyaofunhouse:20190630115726j:plain
上は黄色、下は桃色。
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20190630115953j:plain
このヴェリーヌは、トップはソテーした黄桃がたっぷりと。その下はバニラの生クリーム、一番下は白桃のジュレ。
桃はさっぱりと甘くて美味しい。生クリームはかなりあっさりめ。夏向きヴェリーヌという特性を考えたら、まあこれでもいいかも。

次に、ミルフィーユペッシュ。
f:id:nyaofunhouse:20190630120454j:plain
このミルフィーユは、トップに黄桃のくし切り、中は白桃のクリーム、中央にグロゼイユのジュレという構成。
パイ生地は香ばしく焼かれてるけど、やや湿気ってるかなー。ちょっと残念。
白桃のクリームは、かなりさっぱりとしていて、甘酸っぱい感じ。
グロゼイユも加わるので、そこそこ酸味があって、ミルフィーユにしてはかなりあっさりさっぱりとした、夏らしい味わいになってますね。

そして、こちらは桃じゃないんだけど、気になってたパブロバフランボワーズを。
f:id:nyaofunhouse:20190630121608j:plain
美しいですよねー!これ、パリのお店でもほぼ同じもの出しているらしく、自信作のよう。
断面は、ちょっとメレンゲが崩れてしまいましたが・・
f:id:nyaofunhouse:20190630121841j:plain
こちらのパブロバ、さっくりした甘いメレンゲ、たっぷりの生クリーム、そして全面的にラズベリー!
だけど、それだけじゃなくて、レモンバーベナの香りが、ふわっと香る。
なので、ベリーの酸味と、柑橘の香りで、奥行きも感じられる。
見かけだけじゃなく、味もなかなか。美味しいです。

ただ、ユーゴ&ヴィクトール、全般に高い!700円800円当たり前の世界。
相当に凝ったケーキなら妥当ですが、そこまでではないので・・
まあ、海外ブランドの宿命ですよね、値段は。


さあ、次に、デメルの桃ケーキ、行きますよ!
その名も「プフィルズタルト」だ!
f:id:nyaofunhouse:20190630124256j:plain
きれい!可愛い!美味しそう!
これ、籠の形なんですね・・取っ手もついてて。手が込んでる。
見てるだけで幸せになりますが、切ってみます・・
f:id:nyaofunhouse:20190630124648j:plain
このケーキは、表面は白桃の薄切りが整然と。
中はバニラの生クリーム、そしてラズベリーのアクセントが。
ラズベリーは、適度な酸味。そこまで酸っぱくなくて、桃の繊細な味を邪魔してない。
桃は、ちょっと人工的な香料を感じるかもなー。美味しいけど、ややわざとらしさがある。
そこらへんはちょっと残念。
でも、可愛いし、普通に食べたら文句なく美味しいし、食べごたえあるし、すごくいいと思います。
さっぱりしていて、ホールでも軽く食べられる。
美味しかったです。


・・・ということで、これからは桃の季節!
今年もできるだけ桃との触れ合いを大事にしたいと思いますが、どうなんでしょう。
美味しい桃、探求したいですね!