Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


今週のマパテもAB両面見逃し厳禁!ロタンティック&マモン・エ・フィーユ!

6月。6月ですよ。
6月は全体的に鬱々とした時期ですよね。
梅雨も近いし。蒸し暑いし。
楽しみといえば、チェリーのケーキを食べるぐらいですが、今年はチェリー不作らしく、
どれだけ食べられるか・・

そんな中でも、新宿伊勢丹マ・パティスリーは元気ですね。
6月~7月も攻勢の手をゆるめないようです。

そんなマパテ、今週は、ロタンティックが登場です。
伊勢丹のマパテのページには初登場!と書いてありましたが、2回めですね。自分前回行きましたし。
ロタンティックすごく好きなお店なのですが、今回の催事では焼き菓子系をいっぱい持ってくるらしく。
なんでも、ツイッターの情報では「タルトシュクル」という焼き菓子がすごくすごく美味しいという情報。
それは食べてみないと!

ところが!
今週のマパテ、マパテBでは「マモン・エ・フィーユ」という神戸のお店が出店するとのことで、自分そんなに詳しく知らなかったのですが、知る人ぞ知る有名店なんですってね。
じゃあそれも買ってみますか!

マパテAB制覇だぜ!


・・・ということで、今日、意気揚々と開店10分前に伊勢丹地下に到着。
そうしたら、行列ができていて。
なに?と思ったら、なんと!マモン・エ・フィーユの順番待ちの行列で。
えー!なに?そんなに有名だったの!?

自分、エシレバターの時は行列予想できたので早くに行ったのですが、今回は完全にノーマークだった・・
ほわー!
・・とびっくりしながらも、行列の最後尾に並びました。

そこに、スタッフさんが商品一覧の紙を持ってきてくれて。
f:id:nyaofunhouse:20180601102403j:plain
なるほどねー。

このリストの中で、一番人気は「フレンチビスキュイ」という、薄いサブレみたいの?らしくて、1人2箱の制限付き。
でも、自分としてはレーズンサンドとかマドレーヌとかパウンドケーキを攻めたいかなーと。

そうこうしているうちに開店。
久しぶりに、開店後の行列でじりじり待つ、イラつく時間を過ごし。
あ、ちなみに、そのフレンチビスキュイは、限定40箱。スタッフさんが整理券を配布するのですが、自分は買おうと思えば買えた。買わなかったけど。でも、開店後に並んだ人は整理券品切れだったみたいなので、フレンチビスキュイ買いたい場合は開店前だいぶ早めに行く必要があるかも。

そして、なんとかかんとか自分の番に。
自分は、レーズンサンドとマドレーヌとパウンドとフルーツケーキを購入。
そして、商品の紙袋を受け取った瞬間に踵を返してマパテAへ。
ロタンティックのケーキや焼き菓子、色々買いました。
焼き菓子については、明日友人が遊びに来る、ということもあり、友人用もいくつか購入。
結局マパテABで1万円以上使って、ずっしり重い荷物抱えて帰ってきました。

今日は暑かったので、少し冷蔵庫で冷やしてから、ケーキタイムです!

まずはロタンティックのケーキから。
最初に、タンブランから食べます。
f:id:nyaofunhouse:20180601122920j:plain
タンブラン、アントルメもありましたが、今回は自重してカットサイズで。
こちらのタンブラン、基本構造はフレジェと同じなのですが、フレジェがいちごだけなのに対して色々なフルーツが入っている。
その分、フレジェがストイックな味なのに対して、バラエティに富んでいて食べてて楽しい。
たくさんのフルーツを包むムースリーヌは、固くはないんだけどまったりとした食感で、甘さもあって、フルーツのみずみずしさを受け止めた美味しさ。
初夏のケーキ!という感じですね。


次に、オープランタン!
f:id:nyaofunhouse:20180601123911j:plain
ピンク色が可憐なケーキです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180601124307j:plain
このケーキは、バラ、タイベリー、ライチ、マスカルポーネの組み合わせ。
バラとラズベリーとライチだと大定番のイスパハンがありますが、そこをタイベリーにしたところが新味。タイベリーにしたことで、ラズベリーの酸味が減少して、そのぶんバラの香りが強めに。とても華やかな香りになりますね。
さらにマスカルポーネとホワイトチョコがまろやかな重みを与えていて、全体的にはんなりとした?というのか?たおやかな?まあ、そんな感じの、気品のある味わいです。
すごく美味しい。


次!ジャルダンデテ!
f:id:nyaofunhouse:20180601124852j:plain
ほぼ真っ白なケーキですが・・
断面はこんなでした。
f:id:nyaofunhouse:20180601125238j:plain
このケーキは、構成としてはマンゴー!パッション!ライム!ココナッツ!と、南国気分全開!
でも、だからといって野放図になっているわけではなく、ホワイトチョコを使って全体をきちんとまとめあげているので、南国気分を味わいつつ、ケーキとしても収まりがいい。そんな美味しさです。
トップのメレンゲや、土台のダクワーズなど、食感も工夫されていて、すごく美味しいです。


次は、今回の催事限定、シシリー。
f:id:nyaofunhouse:20180601125945j:plain
これ、シシリーというわりには真っ赤なのですがコレは一体・・
と、切ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20180601130251j:plain
おお!緑だ!
シシリーといえばピスタチオですよね。
そのピスタチオのムース、エグみこそそこまでないけど、こってこてに濃厚。かなり重いです。
そこに、表面を覆うチェリーのジュレと、中にもチェリーがいっぱいで、甘酸っぱくて、ピスタチオと相性抜群。
この組み合わせ、自分大好きなんですよね。たまらん。
土台のザクザクとしたクランチーな生地もアクセントとしてすごくいいです。


そして、サヴァランカシスオランジュ。
f:id:nyaofunhouse:20180601131619j:plain
ヴェリーヌ仕立てですね。
ではスプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180601132130j:plain
このサヴァランは、まずヴェリーヌにしただけあって、シロップが大量に。びしゃびしゃです。
そのシロップも、オレンジリキュールがしっかり効いていて、本格派の美味しさ。
そこに、フレッシュなオレンジとカシスの果肉が加わって、甘さも控えめなので、なんというか、キレがあるというか、爽快感が抜群にありますね!
サヴァランとしての要件をじゅうぶんに満たしているけど、これも初夏を思わせるさわやかな美味しさです!


ロタンティックのケーキ、最後は、トロワショコラ。
f:id:nyaofunhouse:20180601140017j:plain
グラサージュが美しいですね。
断面は・・
f:id:nyaofunhouse:20180601140328j:plain
おおー!見事に三層に分かれてますねー。
これは、見ての通り、3種類のチョコレートを層にしたケーキ。
3種類のチョコそれぞれの美味しさが存分に味わえる。全体を一度に食べてみると、濃厚なんだけどとっつきにくさがなくて、とても食べやすい。誰もが美味しく食べられる、そんなチョコケーキです。



生ケーキは以上。
ここからは、焼き菓子行きます!
ロタンティックの焼き菓子は、これだけ買いました!
f:id:nyaofunhouse:20180601115931j:plain
この中で、タルトエピスやロランは前回食べて、これは友人にも味わっていただかないと!と思って今回購入したもの。
自分で食べたのは・・

まず、美味しいと話題だったタルトシュクル。
f:id:nyaofunhouse:20180601163625j:plain
ワクワクしながら食べてみたのですが。
なるほど、面白いですねー。
これ、上の部分は、トロッとした、フランのようなバニラ風味のカスタード。
下の部分は、ちょっとパンのような、ふかっとした食感のタルト生地。わずかに塩気も。
そして、その間に、じゃりじゃりした砂糖が挟まっているんですね。
なんだか、食べてると、ちょっと懐かしい気持ちに。
昔おやつに作ってもらった、パンの耳にバター塗って砂糖まぶしたお菓子ともいえないようなお菓子、あれをものすごくアップデートさせて豪華にしたようなケーキ、そんな気がするのです。
このトロトロ、ジャリジャリ、ふかふか、の組み合わせ、ちょっとくせになりそうですね!


そして、カヌレも。
f:id:nyaofunhouse:20180601164605j:plain
カヌレ切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180601164748j:plain
このカヌレは、表面カリカリ、中はもちもち、ラム酒の香り高い、まさに王道カヌレ。
断面図のように、みっちり目が詰まっていて、ずっしり重いカヌレです。
すごく美味しい。


最後に、タルトシトロン。
f:id:nyaofunhouse:20180601165011j:plain
メレンゲが可愛いですね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180601165216j:plain
このタルトシトロンは、レモンクリームがギューン!と酸っぱい!
レモンの香りもすごく強い。
これですよこれ!やっぱりタルトシトロンはこうでなくちゃ。
メレンゲは、甘さはそんなに強くないので、味にそこまで影響はないんだけど、可愛いし、やっぱりタルトシトロンにはあってほしい存在だよね。


・・と、以上、今回のロタンティックのケーキ食べました!
やっぱりロタンティック、素晴らしいお店です!
タルトシュクル、美味しかったしなー。
明日友人の感想聞くのが楽しみだわい。



・・と、少し休憩の後、2回戦、マパテBのマモン・エ・フィーユの焼き菓子、いきます!
こちらが今回購入したの!
f:id:nyaofunhouse:20180601180920j:plain
レーズンサンドは3個買いましたが、お皿に載らないので1個だけ。
これ、全部は食べきれないので、いくつかは明日に残しておいて、食べられる分だけ食べました。

まずは、レーズンサンド。
f:id:nyaofunhouse:20180601181122j:plain
これ、すっごく大きいの!
マルセイバターサンドやレーズンウィッチの倍ぐらいある。
そして、切ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20180601181155j:plain
おー!ダイナミック!
で、この大きいのを食べてみたのですが・・
味もかなりダイナミック!
分厚いサブレが、かなり存在感がある。バターの香りもいいし、サクサクで、すごく美味しい。めちゃめちゃボリューミーだけど。
そして、中に入ってるラムレーズンが、ラム酒の香りが強くて、これも存在感がすごい。
この2つの主張の強い素材を、バターがうまくつないでいて、全体としてまとまっていて、すごく美味しい。
バター自体はそこまで主張してないんだけど、ここでは、他のパーツが主張強いので、ちょうどいい。
ボリュームもすごいけど、これはかなり好きです。美味しい。


そして、マドレーヌ。マドレーヌは3種類あった中から、オーソドックスな発酵バター&バニラを。
f:id:nyaofunhouse:20180601181747j:plain
このマドレーヌ、形が帆立貝みたいな丸っこい形の貝殻。これって、クラシカルなスタイルじゃなかったっけ?
さらに表面にグラスアローがかかってる。
これは、よくあるマドレーヌとはちょっと違うぞー!
切ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20180601181939j:plain
うん、きめが細かい。
食べてみたのですが、これがかなり美味しい!
でも、いわゆるマドレーヌとはだいぶ違います。
生地も、とてもしっとりしていて、一般的なマドレーヌのようなふかふかとした食感が皆無。
さらグラスアローのおかげもあって、かなり甘い!
バターたっぷりで重さもある。
すごく美味しいです。が、これは飲み物がないと駄目なタイプ。
紅茶とかコーヒーとかと合わせてマリアージュを楽しむ、そんなマドレーヌですね。


最後に、熟成フルーツケーキを。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180601182508j:plain
このフルーツケーキ、断面図にもあるけど、いちじくがドーン!下にはレーズン、そしてオレンジピール。
フルーツはそれだけ。一般的なフルーツケーキとだいぶ違う。
そして、生地はとろけるようなやわらかさ、さらにクラクラするほどキルシュがガッツリ。
これも飲み物なしでは成立しないケーキですね。
大人の嗜み。


そんなこんなで、マモン・エ・フィーユのお菓子、あんまり予備知識なしに買ってみたのですが、かなりいい!かなりいいです。美味しいです。自分好き。
ちょっと値段は高いですけどねー。でもマドレーヌぐらいだったらそんなに高くないし、このマドレーヌは食べる価値あり!ですよ。熟成フルーツケーキは、まだだいぶ残ってるので、これも明日のお楽しみですねー。うふふ。