Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


入手困難で話題の「キットカット ルビー」チョコレート。食べた率直な感想は・・レビューです。

去年は「ケーキツアー入門」という本を出させていただいて、多くの人に読んでいただきとても嬉しかったのですが、それで生活が激変!大忙し!・・・ということもなく、相変わらずマイペースでケーキ食べていたりする毎日です。
まあいいんです。別にケーキで生計を立てるつもりはないし、ケーキ好きのいちブロガーのスタンス崩したくないし。
でも、すべてのお話を断っていくつもりはなくて、自分にとって心惹かれるお話なら、ぜひ協力させていただきたいと思ってます。
そんな自分にとって、「ケーキツアー入門」以降初めてになるのかな?レビューの依頼が来ました。
お願いされたのは、「キットカット ルビー サブリム」のレビュー。
おー!ルビーチョコ。知ってますよ。
チョコレートクラスタの間では、食べてみたいけど入手困難で・・と話題になってますよね。
それを食べて、感想を書いて欲しい、というお話。
自分もルビーチョコ気になってたので、謹んでお引き受けします、ということになり。
ただ、条件として
「率直な感想を書くので、美味しくなかったら美味しくないと書きますがいいですか?」と聞いたところ、
「大丈夫です。なぜなら美味しいから。」ということで。
おー、そこまで言うのなら、受けて立とうじゃないの。
ということで、キットカット ルビー サブリムの実食レビューです。


こちらが、いただいたキットカット ルビー サブリムになります。
f:id:nyaofunhouse:20180202123937j:plain
2本いただきました。
かなり豪華なパッケージじゃない?
ちょっと箔押しの部分がソウルジェムっぽい。
可愛いです。

箱に記載された原材料はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20180202124025j:plain
色々入ってますが、これがチョコ部分なのか、ウェハース部分に使われている材料なのかはちょっと不明。
重曹とかは間違いなくウェハース部分なんでしょうが。

ではでは、箱あけてみます。
f:id:nyaofunhouse:20180202124111j:plain
ピンク色の袋が。
これをあけると・・
f:id:nyaofunhouse:20180202124236j:plain
おー、これがキットカットルビーサブリムなのね。
色はかなり濃い目のピンク色。いちごミルクの色ですね。
そして2本でそれぞれ色味がちょっと違う。
これ、色味はかなり個体差がある模様。

パキンと折ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180202124409j:plain
おー。
キットカットって、昔CMでは軽快に「パッキイーーーンーー!」と割れてましたが、実際にそんな音出ないのでかなりガッカリした子供時代でしたが、今日は凍てつく寒さのためか、手で折ったらかなりパッキーンと折れました。
中のウェハース部分は普通なのかな?

では。謹んで食べてみます。
・・・。
おー。
えーとですね・・。
味のベースはホワイトチョコにかなり近い。まったりとした、まとわりつくようなチョコの甘さ。それに、ほんのり酸味とベリー系の香りが。
すごく上品ですね。
繊細な味わいは、カカオの力強さとかはほとんど感じられない。
美味しいことは美味しいんだけど、これ、ホワイトチョコにフリュイルージュを混ぜても近いものが出来るのでは?とちょっと思った。んだけど、もう少し食べ進めると、フリュイルージュ混ぜ込むともう少し酸味が立つかなー?と思い直し。このあたりの、かなりひそやかなベリーの香りと微妙な酸味は、確かに独特かも。

あとは・・ウェハース。ちょっと合わない。
チョコ部分の味わいがかなり繊細なため、ウェハースがザラッとした食感も味も、ちょっと美味しさを阻害している部分があるかな。
これだったら、ウェハースではなくてフィヤンティーヌ的にして、言ってみればルマンド?あんな感じにしたらもっと美味しさが引き出せたのではないかと。あーでも、そうするとただのルマンドになっちゃうか。キットカットのアイデンティティーは?となるのかなー。

とまあ、良くも悪くも大味なオリジナルのキットカットと比べてとても繊細で美味しいと思うし、箱は美しいし、うんちくは語れるし、一度試してみるのもいいけど、どちらかというとギフトかな。
ギフトのアイデアとしては、このピンクのチョコと、フェリッシモなんかが売ってる青いチョコ。あれを組み合わせてあげたりするといいかも。

ちなみに、うんちくを書いておくと、このチョコはルビーカカオという品種から作られたものだそう。
ルビーカカオというからには、豆も赤いのかな?
でも、その赤い色を消さずにチョコ化するのはとても大変だったらしく、バリーカレボー社が10年の歳月をかけてようやく最近「アンロック」という技術を使って、成功したんだって。
で、カレボー社は「ビター、ミルク、ホワイトに次ぐ第4のチョコ!」と自賛しているらしいんだけど、第4のチョコはヴァローナなんかのブロンドチョコがもう占めているので、第5のチョコ?になるんじゃないかな。
一応オンラインショップのバナーも貼っておきます。

こんな感じでどうでしょうか?
これはステマじゃなくてダイマですが、報酬はチョコ2本と、あとは歩合制。正直歩合は全然期待してなくて、高価で入手困難なチョコ食べられただけでも、お仕事の第一歩としては十分すぎるかなと。
頑張って書きました。
個人的にはこのチョコを使ったケーキが食べてみたいですね。
銀座のキットカットのショコラトリーではこのルビーカカオを使ったドリンクは提供しているらしんだけど、ケーキがあるんだったら食べてみたい。
と思いましたです。