Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


エーグルドゥースで美味しいケーキを3つあげるとしたら?

一流のパティスリーには、そこのお店を代表するケーキ、スペシャリテが存在する場合が多いです。
でも、お店によっては、あれも美味しいし、これも素晴らしいし、どれも美味しい!となると、
じゃあ「この店のオススメは何?」と聞かれた時に困ってしまうんですよね。

エーグルドゥースの場合、スペシャリテとしてまず思い浮かぶのはカスレット。
様々に揃ってるケークも美味しい。おすすめ。
だけど、じゃあその次におすすめって何?と聞かれると困ってしまう。

ちょっと今回、エーグルドゥースでおすすめのケーキを3つ選ぶ必要があって、
でも、どれにしたらいいのか悩んだので、お店に行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20160604115652j:plain
今回の趣旨は、エーグルドゥースの定番ケーキを改めて買って、味を確かめること。
・・・なんだけど、やっぱり新作に目が行ってしまいますよねー。
初夏らしい、さわやかなんだろーなーというケーキがいっぱい並んでました。
ミントのケーキとか、ピニャコラーダのケーキとか。
でも、ぐっとこらえて、今回は新作は1個だけ。
あとは定番をいっぱい買ってきました。


エーグルドゥースの定番ケーキショー、まずはド定番のフレジエから。
f:id:nyaofunhouse:20160604130913j:plain
いやー、やっぱりエーグルドゥースのフレジエは惚れ惚れしますな。
横から見てみます。
f:id:nyaofunhouse:20160604131128j:plain
このこだわりよう!
普通に美味しいフレジエだったら、スポンジとムースリーヌぐらいでも成立するのですが、そこに乾燥したメレンゲ、いちごのコンフィチュールを重ねて、スポンジにはいちごのシロップを染み込ませて。
そして、全てのパーツが美味しい!
この凝り方が、全て美味しさにつながってるんですよね。
圧巻です・・・!


次に、これも定番のミロワールカシス。
f:id:nyaofunhouse:20160604131745j:plain
何度か食べてます。断面。
f:id:nyaofunhouse:20160604131842j:plain
やっぱり美味しいすなー!!
カシスの、強すぎないけど絶妙な甘酸っぱさと果実味。
カシスをそのまま食べるよりもカシスらしい、味の強度。
そこにレモンのパンナコッタが入って、味が尖るかというと、そうではなくてこれも巧妙なアシスト。
美味しい。美味しすぎる。
うーむ。ため息が漏れますな。


これも定番、サンマルク・オー・キャフェ。
f:id:nyaofunhouse:20160604132432j:plain
これも、構成が完璧なんですよね。
表面の厚めのキャラメリゼ、苦味とコクのあるコーヒーのクリーム、クランチーなチョコの層、逆にふんわりしたバニラの層。
サンマルクという、シンプルだけにとかく単調になりがちなケーキをこれだけドラマティックに作り上げるその手腕たるや。


そしてこれもド定番、グリオットフロマージュ。
f:id:nyaofunhouse:20160604133208j:plain
んー!んまい!
口にケーキを運ぶと、口の中いっぱいに広がるチーズの濃厚な味わい、酸味、甘さ。
そんな口の中がチーズだらけになった次の瞬間にチェリーがベストの分量、ベストの味付けでさわやかに味を変換する。
このメタモルフォーゼの見事なこと!
そして下に薄く敷かれたビスケットもこれがチーズケーキだということ忘れないでいてくれる。
これだけシンプルなのにカラフルな味、圧倒的じゃないか。


そして、チョコ系だとこれ、ドゥーブルショコラ55。
f:id:nyaofunhouse:20160604134829j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160604135017j:plain
これは、エーグルドゥースの中ではかなり濃厚なケーキ。
チョコのガナッシュが濃密にねっとりと絡みつく。
だけど、チョコが濃すぎないんですよね。濃厚なんだけど食べやすい。
甘さも控えめだということもあるし、チョコと生クームの配合のベストバランスが、口溶け良く、食べてもしつこさが残らない、ひたすら美味しいチョコケーキにしている。
上のクリームが更に濃厚さを中和していて、全体としてはチョコの濃さを、胃もたれせずに楽しめる、傑作チョコケーキになっています。


最後に、これは新作のティラミス・オー・フィグ。
f:id:nyaofunhouse:20160604133929j:plain
これ、構成がすごくて、ほとんどが白いクリーム。下にわずかに紫の部分が。
f:id:nyaofunhouse:20160604133950j:plain
スプーンですくってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160604134154j:plain
おお!これは!
美味しい!
マスカルポーネのクリームは、ほとんどザバイオーネソースのようにとろっとろになっている。
そこに、ポルト酒に漬け込んだいちじくのソースを絡めれば、ぐっと大人びた味わいに。
ティラミスかといわれると?な部分もあるけど、ザバイオーネソースが好きな人、ウッフ・ア・ラ・ネージュやイル・フロッタントが好きな人はぜったいハマる。
美味しかったー!


ということで、今回はエーグルドゥースの定番ケーキを中心に食べてみました。
どれも美味しかった!今回食べたのを加味してエーグルドゥースのおすすめを3つ挙げるなら
カスレット、ミロワールカシス、グリオットフロマージュ、かな?
フレジエは季節ものだし、秋冬は栗のケーキもおすすめだけどそれも季節ものだし。
通年出ているケーキとしては、そのあたりかなと。

いやー、やっぱりエーグルドゥースのケーキは圧倒的な美味しさですなー。
もちろん個人差はあるので、エーグルそんな好きじゃない場合は、それはそれで仕方ないですが、味への常軌を逸したとさえ言えるこだわり、単純なケーキにドラマをもたらす美味しさ、このあたりはやっぱり間違いないかなーと。
特に定番品の美味しさは、改めて食べて、天下一品ですな。

ちなみに、父の日限定予約商品として、黒ビールを使ったケークを売るらしい。
それもちょっと食べてみたかったなー