Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


フランツ アンド エヴァンス ロンドンは混む前に行くのが吉かも

f:id:nyaofunhouse:20160126145036j:plain
今日は青山に行っていました。
用件はいくつかあったのですが、まずは初詣。
明治神宮に行ってお参りしてきました。
おみくじも引きましたよー。
f:id:nyaofunhouse:20160126141241j:plain
はい、いい言葉いただきました!
のろのろとであっても、自分の信じた道を歩けということだと解釈。
了解しました!


初詣の次は、伊藤病院の方向へ。
向かった先は、先日オープンしたイギリス発のデリカフェ、「フランツ アンド エヴァンス ロンドン」!
f:id:nyaofunhouse:20160126144511j:plain
このフランツ アンド エヴァンス ロンドン、ジャーナルスタンダードのベイクルーズがイギリスから呼び寄せたお店なのですが、このプレスリリースを見て、これは行かねば!と思っていたのです。
www.fashion-press.net
このケーキの美味しそうなこと!
食べたい!


そんなわけで、お店に着いたのですが、懸念された行列とかは特になし。
でも、ちょっとだけ待たされた。そのぐらいの混み具合。
5分ほど待ってお店に通されました。


このフランツ アンド エヴァンス ロンドン(これ、本当は「フランツェ」だよね。でも言いにくいから仕方ないか・・)、店内はさながら桃源郷!
こんな感じでした!
f:id:nyaofunhouse:20160126145027j:plain
ズラリと並んだケーキがお出迎え!
その中でも目を引いたのがこちらの「レッドヴェルベットカップケーキ」
f:id:nyaofunhouse:20160126145050j:plain
「レモンメレンゲ」
f:id:nyaofunhouse:20160126145105j:plain
ああ、そして、パブ写真見て目が釘付けになった「パブロヴァ」!
f:id:nyaofunhouse:20160126145057j:plain
なんてステキなんでしょう!!!


フランツ アンド エヴァンス ロンドン、ランチメニューはこのようになっています。
f:id:nyaofunhouse:20160126145210j:plain
ランチAはサラダ3品、ランチBはホットミール1品とサラダ2品。
いずれもカップスープとドリンクつき。
今回は自分はランチBをチョイス。
ホットミールは、こちらの「アランチーニ」
f:id:nyaofunhouse:20160126145114j:plain
サラダはこちらのゴールデンレッドビーツサラダ
f:id:nyaofunhouse:20160126145124j:plain
と、ナスとサーモンサラダ
f:id:nyaofunhouse:20160126145144j:plain
をオーダー。


しばらくしてお皿が運ばれてきました。
f:id:nyaofunhouse:20160126150146j:plain
さて、いただきますよー
アランチーニはライスコロッケ。切ってみると・・・
f:id:nyaofunhouse:20160126150439j:plain
中にはハムなどのお肉が入っています。
このアランチーニ、味はというと・・・
薄!味、薄!
そして、サラダも食べましたが、やっぱり、あれですよ、「素材の味を活かした」調理になっていて、
意識高い系の女子は喜びそうな味になっています。意識低い系の男子としてはちょっと物足りない。
でもいいんです。正直デリの部分はそんなに期待してなかったから。まあこんなものね、という感じ。


自分にとってのメインディッシュは、こちらです!
f:id:nyaofunhouse:20160126151117j:plain
来ましたよ!来ましたよ!
レモンメレンゲと、レッドヴェルベットカップケーキと、パブロヴァ!
これのためにデリはほぼお水で食べていて、紅茶をキープしておいたのです。
ちなみに紅茶は、クリッパーのアールグレイ。
f:id:nyaofunhouse:20160126152414j:plain
このあたりイギリスにこだわっていて好感。

ちなみに、スイーツのメニューはこちら。
f:id:nyaofunhouse:20160126145218j:plain
今回選んだケーキ以外にも、美味しそうなケーキがいくつもある。


さて、それではフランツ アンド エヴァンス ロンドンのケーキ、食べますよー。
最初はレモンメレンゲから。
f:id:nyaofunhouse:20160126151252j:plain
なかなか美味しそうなフォルムじゃないですか?
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160126152026j:plain
食べてみましたが、なかなか美味しい。
レモンはキュッと酸っぱくて、メレンゲはしっかりふんわり甘くて、オーソドックスながら良い感じにできあがってる。
これもデリみたいに味薄かったらイヤだなーと思っていたのですが、ちゃんと甘くて安心。
台の部分がタルトというよりはショートブレッド的な味わいになっていたのがイギリス流?


次に、レッドヴェルベットカップケーキ。これも典型的イギリスのケーキですよね。
f:id:nyaofunhouse:20160126151310j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160126152548j:plain
このケーキも、けっこう美味しい。
上の甘塩酸っぱいチーズクリームと、もっさりとした生地、ラズベリーの酸味が合わさって、シンプルなれど美味しく食べられる。イギリスのカップケーキとしては良く出来てるんじゃないでしょうかね?


最後に、本命のパブロヴァ、行きます!
f:id:nyaofunhouse:20160126151326j:plain
これは、まあ見かけ通りなのですが、見かけのラブリーさそのままの幸せな味。
焼きメレンゲ、生メレンゲ、生クリームに、いちご、ラズベリー、ざくろがフルーツとして入ってる。
メレンゲも生クリームもちゃんと甘くて、そりゃ甘々の焼きメレンゲにいちごを合わせたら美味しいに決まってる。思った通り美味しくて、とても満足。


最後、キャッシャーでお金を払いがてらサラダコーナーを撮影。
f:id:nyaofunhouse:20160126153325j:plain


そんなわけで、フランツ アンド エヴァンス ロンドンのデリとスイーツ、たっぷり食べました。
ここはデリは特にいいや。でもスイーツは思ったよりもちゃんと美味しくて、これはデートなどに使えそうですね。相手いませんが。


多分、今後テレビで紹介されたりしたら一気に混むと思う。
行くなら早めがいいかも。とりあえずフランス菓子とは違うイギリスのスイーツを楽しみたいのであれば、おすすめできますね。いいと思いました。行列に並んでまでは食べないけど、また青山行った時にすぐ座れるのであれば、バナナ塩キャラメルローフとかロッキーロードとか食べてみたい。