Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


バルテュス展行ってきました!

わだばバルテュスになる!!! © 会田誠
でおなじみのバルテュス。
その大規模な展覧会が開催されるとか。
えーーー??
バルテュスといえば、どちらかというと「好き!」と公言するのがはばかられる作家というイメージが強いのですが・・・
もちろん自分は大好きですよ?
だけど一般的なパブリックイメージは必ずしも良くないのでは?と思っていたので、こんな上野の美術館で展覧会をやるのが少し不思議な気分。


でも、このバルテュス展、どうやら「称賛と誤解だらけの、20世紀最後の巨匠」というサブタイトルがあるように、バルテュスをめぐる誤解を解く、らしいです。
まあどんな感じの展覧会なのか、とにかく行ってみましょう。


会場は上野の東京都美術館。

はい、わざと女子中学生たちが写り込むように撮りました。
すてきな光景じゃないですか。


このバルテュス展、彼が11歳!の時に制作した絵本「ミツ」からスタート。確かに彼は早熟の天才だったんですね!
その後は東洋にかぶれたり、ルネサンス絵画を模写したりしていましたが、初個展ではいきなりスキャンダラスな絵画を出品します。
それがバルテュスと言えば必ず出てくる、ロリコン度満点の絵画の数々。
今回は「夢見るテレーズ」本邦初公開だそう。
「夢見るテレーズ」は、思ったよりもずっと大きいサイズの絵画でした。
パンツ丸出しの少女の脚は、やっぱり最高にエロいです。
バルテュス的な少女のエロ絵画は、他にも何点か。「美しい日々」も出品されています。少女のおっぱいや下半身が直裁的に描かれた作品もあって、今回の展覧会、わりと頑張ってる感じはありました。
が、それらのスキャンダラスな絵画がバルテュスのその他の、端正な風景画などとの関連性をきちんと示せているかというと、うーんどうだろ。
「誤解を解く」というのは、ちょっと難しいのではないのかなー。
そんな感じで約1時間強、展覧会に出品されていた作品の質は高いと思いましたが、量的には少な目。大規模展というよりは中規模展ぐらいに思った方がいい。


出口にはカタログやグッズの販売。カタログは、やっぱり出品作が少ないので、ちょっと購入には至らず。
カタログの他には洋書「Balthus: Cats and Girls」が売ってました。

Balthus: Cats and Girls

Balthus: Cats and Girls

やっぱりこっちのほうがパブリックイメージですよねー。
グッズは他には「ミツ」のプリントされたマグカップや紅茶や蜂蜜や。
自分はポストカード2枚だけ購入。


バルテュスについては、このタッシェンの画集がおすすめ。

バルチュス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

バルチュス (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

展覧会自体は、ロリコン目的の人はちょっと枚数少ないし、「20世紀最後の巨匠」というアオリで行く人は面食らうと思うし、ちょっとどうなんでしょうねー。


バルテュス展を見た後、秋葉原へ移動。
「がらくたストリート」完結3巻を購入。
帰りに、ツイッターで教えてもらったJR総武線ホームにある「ミルクスタンド」で甘酒を購入。


冷やし甘酒、320円。
材料は米糀。

砂糖不使用の自然な甘さ、が売りなんですが、ほんのり甘い。
けど、別に砂糖を使った不自然な甘さでもいかったような。