Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


一之江ケーキツアー!

昨年のジャパンケーキショー、いっぱいケーキ食べたけど、鮮烈に印象に残った「ラ・フィーユ」のケーキ。
ラ・フィーユのパティシエ室松孝育氏はパティスリー界では重鎮的な存在で、それでジャパンケーキショーにも出品していたのですね。
これは行かないと!とか思いつつ、すっかり行きそびれていたのですが、先日がぜん行ってみようという気持ちに。
といのも、この「ラ・フィーユ」がある都営新宿線一之江駅、他にもケーキ屋さんが複数あるみたいなので。
こんな感じ。

天気もいいし、それでは出発!


一之江、かなり東にあります。新宿線乗ること30分強。トータルで約1時間かけて到着しました。

まず遠い店から順番に回ろうと思って、1軒目「菓子工房アジュール」へ。
お店、どうやら住宅街の中にあるみたい。
地図で見て思ってたより近くて、駅から5分ぐらいで着きました。

やってませんーーー!!
これは、もしかして、フェードアウトされていらっしゃいますか?
定休日の表示もないし。
うーーーん・・・


気を取り直して2軒目、パティスリー・キャンソネーズへ。
こちらは駅から北に3分ぐらい。近いです。

こちらはやってました!
キャンソネーズ、お店狭くて、窯が売り場のすぐ近くにある。迫力です。
ケーキは・・・とみると、これが意外と言ったら失礼ですが、かなり美味しそう!
いっぱい買っちゃいました。シュークリームは注文を受けてからカスタード詰めてくれます。


3軒目、お目当ての「ラ・フィーユ」は、なんと駅前広場の真ん前という一等地!

お店超かわいいの!時計つき!
ここでもケーキ大量購入。「シュー」も買いましたよー。
ラ・フィーユ、ショコラトリーも名乗っているだけあって、チョコレートの種類がすごいの!
チョコも買ってみたかったなー。


帰りもたっぷり1時間。えっちらおっちら帰ってきました。
まずはキャンソネーズのケーキから。
フランボワジェ。

ラズベリーはやさしい甘さ。スポンジはナッティー。重くなりすぎず食べやすいです。フランス菓子のフランボワジェは重くて食べにくい、という人も好きになれる味だと思います。


「いちごのミルフィーユ」は、ショーケースに札だけあったのでお店の奥から出してきてもらったもの。

大きく傾いています!
そして、先日買ったカカオエット・パリのミルフィーユ同様、パイが横倒しになっているスタイル。
ザクッと切ってみると、中にもスライスしたいちごが。

パイはサクサクでなかなか美味しい。カスタードは、見た通りとろっとゆるめ。
軽やかでいいですね。スッと食べられる。


モンブラン。

これは、台がフィナンシェですね。台がフィナンシェなのは「ベルノート」のモンブランがそうでした。
フィナンシェの台はふんわり。もうちょっとみっちり目が詰まってるのが好みだけど、バターの香りはいいですね。
マロンペーストはかなりかためで、栗餡のよう。
中にも栗が。


ラ・バロンティーヌというケーキ。

かわいいケーキですねー。
断面。

このラ・バロンティーヌ、解説にはラズベリー・ライチ・カシス・いちごのケーキだそうです。なので食べながら味を探ってみましたが、ライチは、微妙ーにわかった気がする。全部合わさるとブラックベリーのような味わいになっていました。


最後、シュークリーム。

これ、びっくりするほど大きい!
コージーコーナーのジャンボシュークリームの1.5倍ぐらいありそう。
カスタードは底から注入するのではなく、上部をカットして詰める方式。

シュー皮はさく、ふわ、とした小気味良い歯ごたえ。これは直前にクリーム詰めてるから湿気てないので得られる食感ですね。
そして、カスタードがぽってりと濃厚で、すごく美味しい!
大きさの割には、パクパクと食べられました。


キャンソネーズのケーキ、いっぱい買ったつもりだったんだけど、あっという間に食べ終わった。
全体にとても食べやすくて軽やかな味わい。
でも、クオリティーはけっこう高い。
いわゆる「ファミリー向け」のケーキは、味が単調で食べてると飽きるのですが、ここのケーキはベースがしっかりしているので、美味しく食べ進めることができる。
いいじゃないですか!


しばらく休んでから、今度はお待ちかね「ラ・フィーユ」のケーキ行きます。
いっぱい買ったからねー。
まず最初に、フロマージュブラン。

可愛い!真紅のドームケーキ。ちょっとシャンドワゾーのスーヴニールを彷彿とさせますが、これフロマージュのケーキとは思えない。
でも、切ってみると・・・

これがですね、食べてみたら鮮烈!目が覚める美味しさなんです!
確かにチーズのケーキですこれ。チーズのムースがほんのりと乳臭くて、ほんのり酸っぱくて、それに重なるラズベリーの強い酸味!酸味のデュエットです。
そして、シロップをうったスポンジが甘さをプラス。
食べるとパアッと目の前が開けるような気持ちになる。
なんて素晴らしいんだ・・・
もうこのケーキだけで店のすごさわかっちゃいましたよ。


次に、こちらでも買ったミルフィーユ、「ミルフィーユ・オ・フレーズ」。

見ていただきたいのがトップに絞られた生クリームの波紋のような美しさ。
そして、このミルフィーユも、パイ横倒し型です。
切ってみました。

こちらも中にスライスしたいちごがたっぷり。
こちらのミルフィーユは、パイがとても独特で、シュワっと溶けるような口当たり。おどろくほど軽い。
カスタードはたっぷりで、ぽってりとした濃厚なもの。
それにフレッシュのいちごがたっぷりで、全体のバランスが素晴らしいです。
ここのところいちごが載ったミルフィーユいっぱい食べたけど、ベストに近いかも。この消え入るようなパイの儚さは驚きです。
そして、サイドにスライスアーモンドが貼ってあって、それも食感にプラスされている。
これは美味しいわー


ブランサタンという、ちょっと悪魔的なのかな?なケーキ。

これも見かけと中身がイメージ違うケーキですね。
切ってみると分かるのですが、

上にはベリーが載ってるけど、中に入ってるのは洋梨。
それとホワイトチョコのムース、キャラメルのムース。
洋梨とキャラメルは最強の組み合わせですからね。間違いなく美味しい。
洋梨はあまり甘くしていなくて、全体的には大人な味わいです。


グリオッティーヌ。大好きなチェリーのケーキ。

チョコレートはマイルドな味わいになっていました。チェリーはいっぱい入っていて、酸味とさわやかさをプラス。
でもトップに載ってるチェリーはひと粒だけキルシュがガシッと効いていて、締めるとこ締めてる。
このケーキもレベル高いなー。


まだいきます。キャフェノワール。

これは名前の通り、コーヒーとチョコレートのケーキ。
コーヒーとチョコのケーキというとオペラとかティラミスとか思い浮かべますが、このケーキはどちらとも大きく違ってる。
とにかくエスプレッソの苦味がすごい。完全にコーヒーが主役のケーキです。
コーヒーが飲めないおこちゃまは食べられない、とてもとてもアダルティーな傑作。
いやーこれは・・・


そして、シュークリーム「シュー」です。

こちらのシュークリームは非常に小さいです。キャンソネーズとは正反対。
切ってみると・・・

たっぷりのカスタード。
シュー皮はふわっとした柔らかめ。クリームもゆるめだけど、ちょっとミルキーな風味があって、とても美味しい。
2個ぐらい食べたくなるようなシュークリームです。



・・・ということで、一之江ケーキツアー、2店ともハイクオリティーなケーキで大満足。
でもキャンソネーズもラ・フィーユも、あんまりブログなんかで紹介されているの見たことない。
一之江は近くはないけど、行く価値あり、ですよ。隠れたスイーツスポットだと思います。