読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

杉本亜未先生の新作「闇の瞬き」とファンタジウムのこれから

漫画

今日発売の講談社「モーニング」に杉本亜未先生の新作が掲載されています。
これは、「REGALO」という、著名作家さんが短編を次々と発表していく企画の一環。
杉本先生は樋口一葉を題材にした短編を描く・・・というのは、去年の段階で発表されていました。
はたしてどんな作品になっているのか・・・それにしても1月末遠いなーーー
とか思ってたら、その日は着実にやって来ましたね。月日ってホント恐ろしい。


モーニング、メジャー雑誌なのでコンビニなんかでも売ってますが、先日GJPのアンケート出して当選した図書カード使おうと思って、本屋さんへGO。
四谷で本屋さんといえば駅近くの「あおい書店」。
だったのですが・・・・
なんと!1月28日で閉店だって!!
うっそーーーー!!
店頭の張り紙には、四谷三丁目のお店はやってるから頑張って歩いてそっちで買ってね的なことが。
しかたないのでそうしましたよ。
しっかしまー、出版不況って、本当なんだよねー。痛感します。でもこれで徒歩10分圏内には本屋さんなくなってしまった。すごく困るんだけどなー。
うーむ・・・


なんとかえっちらおっちら四谷三丁目まで行って買ってきましたモーニング。


「闇の瞬き」は、巻中カラーで、いいポジション。
カラー扉絵の裏はカラーで「ファンタジウム再開のお知らせ」と「アマイタマシイもよろしく」のカットが。
うーむ感慨深い。
けど、それはひとまずおいて、本編を読みます。


「闇の瞬き」は、樋口一葉の人生の最期の部分を、友人の視点から描いた作品。
樋口一葉が次々に名作を著して、文壇からの評価は絶賛なのにもかかわらず生活は苦しいという、つらい日々を描いています。
そうした「闇の中」に生きる日々、それはメロドラマティックに描くこともできるだろうし、逆にコメディとして描くこともできるだろうけれど、この作品は大仰なドラマ性を排して淡々と闇を描いているように思えます。
「泣きて後の冷笑」。これは斎藤緑雨が樋口一葉の作風を評した言葉で、この作品のキーワードでもありますが、この作品そのものをも表した言葉のように感じました。つらい状況を「つらいつらい」と書くのではなく、どこかニヒリスティックな部分があるような。
そりゃあ、文壇の寵児となっていてもお米が家にない現実を、闇を見れば、冷笑的にもなりますよね。だけど、それを読み取った人はそう多くない。樋口一葉の、樋口夏子の人生は、「闇へと突っ走る火の車」だったのですね。
そんな闇の中でも樋口一葉の人生は短いながらも輝いたし、その作品は今でも輝き続けている。
タイトルの「闇の瞬き」というのは、そうした樋口一葉の一瞬の輝きを表しているのでは・・と思いました。そして、この作品自体も。


だけど、杉本亜未先生は、闇の中からもっと光の射す方へ出てこられると思うのです。
「ファンタジウム」は瞬きなんてもんじゃない、ピッカピカに光ってますから!
そのファンタジウムが再開されるなんて、ちょっとまぶしすぎます!
ということで、ファンタジウムのこれからについて。


ファンタジウムは講談社がネット上で運営している雑誌「D-モーニング」での連載が決まりました。
2月中は総集編が掲載され、3月6日配信の号から再開スタートだそうです。
D-モーニングの告知では「完結編!!」となっていますが、杉本先生のツイートでは、人気が出れば続くよ・・・ということらしいので、完結編という表現は「最終回まできっちり描くよ」という意味、と受け取っておきます。


D-モーニングはスマホ・タブレットのアプリとして配信されています。
iPhone、iPadはこちら。

Google Playはこちら。

・・・とご紹介しておいてなんなのですが、
自分、対応のスマホもタブレットも持ってない!
スマホ買うかなーと一瞬思ったのですが、どうも古い人間だけに漫画をスマホのサイズで読むのはちょっと・・・とも思って。
いちばんいいのは、KindleにD-モーニングのアプリが来れば万事解決なのですが、多分こなさそうなので、2台目のタブレット考えてます。