Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


茂右衛門のGWスペシャル!デセールを食べてきましたよー

GW!ゴールデンウィークですよ。
まあ自分にはあんまり関係ないのですが。

でも、GWは多くのパティスリーで特別のケーキやメニューを出すことがあって、
それはちょっと気になる。

なかでも、国分寺茂右衛門が、GW限定でデセールを(そばの喫茶店で)提供する、という情報が流れてきて、おお!という。
そのデセール、GW前半はヌガーグラッセだったらしく、ツイートでいっぱい流れてきて、いいなー!と臍を噛んでいたのです。
そして、GW後半はメニューが変わる、という情報までは届いていたのですが、ヌガーグラッセに替わってなにが提供されているのかまでは把握してなくて。
でも、何にせよスペシャルなのは間違いない!
ということで、久々に国分寺駅に降り立ちましたよ。


茂右衛門、今日はのれんかかってなかった。
f:id:nyaofunhouse:20180504135939j:plain

着いたのは2時近かったので、いくつかのケーキは売り切れていたみたい。
でも、残っていたケーキもどれも魅力的。
食べたことのないのがほとんどだったので、4つばかり、デセールと同じく近くの喫茶店でイートインすることに。
そして、期待のデセールは、こちら!
f:id:nyaofunhouse:20180504140914j:plain
おー!!
・・うーん、美味しそうではあるけど、フルーツ切っただけに見える。
ヌガーグラッセのほうがよかった・・?
と、少々気落ちしつつ会計をすませて、喫茶店へ。
しばらく待つと、デセール出てきましたよー!

こちらが、茂右衛門GWスペシャルパート2、スープ・ド・フリュイです!
f:id:nyaofunhouse:20180504141623j:plain
キレイ!
でも、やっぱりフルーツカクテルだよなーと思って、食べてみたのですが・・
なにこれ!すっごく美味しいんですけど!
確かに、基本はフレッシュフルーツなんだけど、これだけ多くの種類が入ってるから、味的にはバラバラになるのかな?と思いきや、ミントの葉のさわやかさと、キルシュの香りで、絶妙にまとまっている。
キルシュと、パッションフルーツのジュレと、様々なフルーツの果汁が混ざりあったスープは極上の美味しさ。
いやー、単なるフルーツカクテル、と侮っていたのが申し訳ない。
これは確かにパティスリーならではのデセールですわ。
美味しかった!


そして、ケーキの方はと言うと、こちらの4つ。
f:id:nyaofunhouse:20180504142322j:plain
順に食べていきますよー

まずは、「マンゴーと野いちご」。
f:id:nyaofunhouse:20180504142430j:plain
これ、フォークで切ってみると、かなり抵抗がある。そのぐらいバタークリームが固い。
いいですねー!
そして、断面は、片側が野いちご、片側がマンゴーの構成。
f:id:nyaofunhouse:20180504142805j:plain
そんでもって、これがやっぱりすっごく美味しいのですよ。
口の中に入れて、バタークリームが溶けると、様々ないい香りが混ざりあって口の中に広がる。
それはバニラだったり、洋酒だったり、野いちごの香りだったり、マンゴーの甘い香りだったり。
甘さはそこそこなんだけど、これは味、というより香りを楽しむケーキですね。
茂右衛門にしてはマイルドな味わいだけど、この香りの良さと、適度な重さは、やっぱり茂右衛門らしい。


次に、ローズ・ベゼを。
f:id:nyaofunhouse:20180504143148j:plain
こちらもバタークリーム固いです。すごく固い。
そして、口に入れると、薔薇の香りが、かなり強めに香る。
でも、それは香水的な嫌な香りではなく、食欲をそそる香り。
そこに、ラズベリーのフレッシュな甘酸っぱさが加わり、薔薇とラズベリーは元々相性のいい組み合わせだけど、見事なマリアージュを生み出している。
食感的にも、下にあるダクワーズのサクサクとした食感、上のフォンダンのねっとりとした食感など、かなり工夫されていて、甘さも、パーツによって甘かったり甘さ控えめだったり、メリハリが効いている。
すごく考えられた、とても美味しいケーキ。


そして、サヴァランも初めて食べますよー。
f:id:nyaofunhouse:20180504143654j:plain
こちらのサヴァランは、上にシブーストクリームが絞られて、表面がキャラメリゼという構成。
f:id:nyaofunhouse:20180504143901j:plain
このクリームが、これもかなり固めで、もっちりしたクリーム。
サヴァランの生地もしっかりめで、素材だけでも重さがある。
そして、そこにお酒しっかり、甘さしっかりのシロップがたっぷり染み込ませてあって、やっぱりこうでなくちゃ!という正統派のサヴァランになっている。
食べごたえのある、重くて美味しいサヴァランです。


最後に、ショコラミエルを。
f:id:nyaofunhouse:20180504144202j:plain
これは見るからに重そうですねー。
さて食べますか、と、フォークで切ろうとしたら、スッと通らない。そのぐらいチョコガナッシュとブラウニーが固い。
今日食べた他のケーキもバタークリーム固くて、でもこれは特に固いです。
口の中に入れると、チョコガナッシュが溶けて、カカオの素晴らしい香りが。
そして、めっちゃ甘い。重い。
これは、名前からすると蜂蜜を使ってるのかな?独特のこってりとした、えぐみを含んだ甘さがチョコと一緒に襲いかかってくる。
この容赦なさは、チョコそんなに得意じゃない人だとかなりキツイと思う。
けど、チョコホリックな人には大歓喜の美味しさ。


ということで、茂右衛門のデセールとケーキ、いただきました。
デセールも見かけ以上に手のかかった美味しさだったし、ケーキはどれも固くて美味しかった!
あれですね、バタークリームがすごく好きなのは、バターが口の中で溶けるに従って、香りが徐々に花開いていく、この過程がドラマティックなんですよね。今回のケーキは、そんなドラマ性が楽しめるものが多くて、とても美味しかったし楽しかったです。

しかし・・これ、また夏もデセールやるのかな?
だとしたらまた行かなきゃだし、この夏も忙しくなりそうです!