Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


台北特にあてどもないツアー4日目は晴れ!

ふう。
昨日の夜中近く、なんとか台北から帰ってきました。
さすがに昨日はブログ更新する体力がなく、そのまま寝てしまいました。
なので、これは昨日のおはなしになります。


さて、台北旅行、4日目、最終日です。
天気はと言うと・・・
f:id:nyaofunhouse:20171211121857p:plain
ようやく晴れて暖かい日になりそう。

ホテルを出たら、快晴!
f:id:nyaofunhouse:20171210105932j:plain
最終日になってようやく・・
遅いよ!


最終日、起きたのは9時ぐらいだったのですが、チェックアウトの支度とか、帰りの飛行機の確認とかしてたら、チェックアウトは結局11時近くに。
グーグルトランジットをチェックすると、台北駅から桃園空港駅までは約2時間かかるとのこと。
だとすると、12時半頃には桃園線乗らないとですね。
あんまり時間ない。

時間がないけど、行かないと後悔しそうだったのが、「金峰魯肉飯」というお店。
ここの魯肉飯は絶品!と聞いていたので。
今回の旅行で魯肉飯まだ食べてないし、絶対行っておきたい!と。
いうことで、中正紀念堂駅から徒歩1分、金峰魯肉飯へ。
f:id:nyaofunhouse:20171210111737j:plain
日曜も営業しているのがありがたい。

金峰魯肉飯、店頭も店内も大混雑。
f:id:nyaofunhouse:20171210111808j:plain
でも、そんなに待たずに中に入れてもらえました。
こちらがメニュー。
f:id:nyaofunhouse:20171210111958j:plain
この中から、当然魯肉飯の大サイズ、そして、肉焿米麺を。

まずは魯肉飯。
f:id:nyaofunhouse:20171210112121j:plain
大サイズでもそんなに量多くない。牛丼の並盛りぐらい。
緑のはグァバの漬物?カリカリしてます。
まずは、かっこんでみました。
うむ。
米がけっこう固めに炊かれていて、パラパラしてる。
そこに、トロッとはしてないけど、オイリーなバラ肉の味が染み込んでいる。
でも、そんなに塩っぱくなはいのね。味はそんなに濃くない。
スパイスとかのクセも少ない。
すごく食べやすいです。美味しい。
でも、なんとなくエスニックな味を期待してたので、普通に美味しいのがちょっと肩透かし。
癖になるーたまらんーという感じではなく、吉野家が新製品として出してても普通に受け入れられる感じですね。漬物は特徴的ですが。
なるほど。

一方、肉焿米麺のほうは、
f:id:nyaofunhouse:20171210112611j:plain
こちらは、比較的特徴のある味わい。
パクチーも載ってるし、肉団子は軟骨も入っててコリコリ。
米麺はすごく細くて、汁がからまる。
f:id:nyaofunhouse:20171210112631j:plain
量もそこそこあるので、魯肉飯と一緒に食べたらお腹けっこう膨れます。

これで魯肉飯も制覇、最後に向かったのは、ど観光地、台北101です。
f:id:nyaofunhouse:20171210115253j:plain
台北101、地下の広場から上を見上げてみました。
f:id:nyaofunhouse:20171210120026j:plain
地下の入口はいきなり鼎泰豊になってて、すごい人!
f:id:nyaofunhouse:20171210120104j:plain
鼎泰豊、そごうにも中山新光三越にも入ってて、そっちはガラガラだったのになー。
ていうか、何店舗あるんだ?

台北101、フロアすごく広い。
地下は化粧品フロア、お土産品フロア、巨大なフードコート、などなど。
道に迷いそう。
でも、なんとか目的の、「JASONS」へ。
f:id:nyaofunhouse:20171210120925j:plain
JASONS、スーパーマーケットなのですが、見た感じ成城石井っぽい。
扱ってる商品も高級品が多いし、輸入品もかなりある。
各棚のエンドには試食のおばさんが立ってるし、なんかシェフのデモンストレーションをテレビ中継してた。
カルフールの方がよりカオスで面白かったかも。
でも、戦利品ゲット。
f:id:nyaofunhouse:20171210121737j:plain
牛肉麺のカップ麺と、魯肉飯の缶詰。


台北101、時間があれば登りたかったけど、ここで時間切れ。
空港に向かいます。

台北駅から桃園空港への地下鉄が出てるのですが、かなり歩く。
途中に台鉄の改札もあるので、一瞬間違えてしまいました。
桃園空港線の入口はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20171210125831j:plain
かなり洗練されてます。


プラットフォームに降り立つと、ちょうど地下鉄が発車するところで、慌てて飛び乗ったら、座席があいてない!
まあいいか、激混みでもないし。
ということで、スーツケースを持ちつつ立って乗ること約1時間。桃園空港に到着。
f:id:nyaofunhouse:20171210133838j:plain
あら、桃園空港まで2時間かかる、っていう話だったのが、思ったより早くついた。
でも、遅れるよりはマシ。
空港の入口からは、左右に別れてて、中華航空は左側。
f:id:nyaofunhouse:20171210134219j:plain
こちらが出発ロビーです。
f:id:nyaofunhouse:20171210134836j:plain
おー!かなり広くて立派です。
ここでチェックイン、荷物預けて、出国審査。
f:id:nyaofunhouse:20171210141455j:plain
特に問題なし。


さて、少し時間あまった。
あと、お金も少し余った。
お金、先日2万円を5100元に両替したけど、結局2100元ほど余った。
まあ、日本円に戻してもいいんだけど、せっかくだからお土産の一つも買おうかと。
そんなわけでデューティーフリーショップを見て回ったのですが、
なんか、デューティーフリー、男性はウイスキー、女性は化粧品とバッグ、って、固定観念化してない?
自分そんなにウイスキー飲みたくないよー。
あと、台湾土産としてパイナップルケーキはもちろん、お茶や茶器も売ってるのですが、
やっぱりあんまりいいのがなく。特に茶海はほとんど売ってる店がなく、買っておいてよかったと。
うーん、どうしようかなー。
と思ってうろうろしてたのですが、一軒、ちょっと面白い台湾土産を売ってる店があったので、そこでちょこっとお土産買いました。990元使いました。
あとは・・
ドリンクの自動販売機があって、
f:id:nyaofunhouse:20171210145143j:plain
硬貨だけでなく、ICカードも使えるんですね。
f:id:nyaofunhouse:20171210145152j:plain
初日に地下鉄乗るために500元チャージしたEASY CARDの残高がまだ残ってたので、ピッと購入。
台湾のコカコーラとして有名な黒松沙士。
f:id:nyaofunhouse:20171210145157j:plain
初めて飲みましたが、コーラというよりかなりドクターペッパー寄り。
というか、ちょっと正露丸っぽい苦さが。
うーん、これは慣れが必要な味かも。

一通り免税品店も見たので、搭乗口で座って待ちます。
f:id:nyaofunhouse:20171210151842j:plain
そして、搭乗。
今回は窓側の席でした。
席の埋まり具合は80%程度。少し空席が目立ちます。
そして、離陸。
夕焼けの台北が見えました。
f:id:nyaofunhouse:20171210164420j:plain
飛行機しばらくちょっと揺れたのですが、安定飛行に入って機内食。
f:id:nyaofunhouse:20171210172057j:plain
なんか、デザートがわりに台湾のクッキーが。
f:id:nyaofunhouse:20171210172127j:plain
あけてみました。
f:id:nyaofunhouse:20171210173011j:plain
紅茶風味のホワイトチョコレートコーティングのザクザククッキー。美味しいです。
あと、もらったホット烏龍茶がすごく美味しかった。

台北から成田へは、追い風に乗って2時間半。
なんか、東京から大阪に行くのとそう変わらない。
無事成田に到着。
f:id:nyaofunhouse:20171210185902j:plain
入国手続も済ませて、最終的に余った1100元を日本円に両替。
f:id:nyaofunhouse:20171210210021j:plain
そこから総武線に乗って帰ってきました。
でも、成田空港からは、総武線よりも京成線のほうが安くて早い様子。
ちょっとしくじったかも。
でもまあ、乗り換えが少ない分、自分の場合はJRが楽でいいかなと。

そんなこんなで、四ツ谷に着いたのは23時過ぎ。
f:id:nyaofunhouse:20171210231342j:plain
なんとか日付が変わる前に帰宅できました。


こちらが、お土産物の、中正紀念堂のスノードーム。
f:id:nyaofunhouse:20171210234142j:plain
自分スノードーム集めてるし、このスノードームは一応ガラス製なのが好感。
あと、龍?麒麟?の陶器のオブジェ。
f:id:nyaofunhouse:20171210234250j:plain
これは完全に安物のおもちゃですが、逆に本物を買おうと思ったら高いだろうしでかいだろうし、そんなのいらないので、このぐらいのおもちゃがちょうどいいかなと。
玄関に飾ります。

そして、こちらが初日に買った新純香の、二重ガラスになっている茶海。
f:id:nyaofunhouse:20171210233957j:plain
シンプルで使いやすいと思うんだ。
中国茶、前回の台湾から帰ってきてからしばらく楽しんでましたが、その後飽きちゃって食器棚に茶器しまってあるのですが、茶葉も買ったし、久しぶりに再開しますかねー。


あとは、大量に買ったパイナップルケーキ!
友人にあげる用なのですが、あげるにしては買う量が多すぎた!
なので、自分もおすそわけしてもらって、食べてみます。
食べた感想は次の記事で。

ではでは、今回の台北旅行記、読んでくださってありがとうございました!
楽しかったです!

今回の旅行は、来年行きたいと思ってるパリ旅行の前哨戦という位置づけだったのですが、とにかく楽しかった。
そして、今はスマホがあれば道に迷うこともなく観光が捗るし、ノートパソコンあればブログも書けるので、旅行記をノートにちまちま書く必要もない。
IT機器は旅行をより簡単に楽しく楽にしてくれる。それを実感しましたね。
でも、ひとつひとつの体験は、ネット世界にいるだけでは味わえないものばかり。
3泊4日の旅行なんて、ほんとに気軽なものなので、これからもちょくちょく旅行したいですね。
そして、パリ!なんとか行きたいなー