Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


パクタージュの秋から冬へのケーキ!&パン

11月に入って、ようやく秋らしい暖かさの日が続いていますね。
でも、11月ということは、もうすぐ冬がやってきます。
あっという間に寒くなるんだろうなー・・・


そんな中、今日は玉川学園前パクタージュへおじゃま。
f:id:nyaofunhouse:20171105131024j:plain
ショーケースの上には美味しそうなタルトがいくつか載っていて、
それと、生ケーキと、パンと、マカロンを購入。

例のマカロン騒動のおかげで、最近マカロン買う習慣がついて、
とてもいいことだ。

パクタージュのケーキ、まずはフランボワジエから。
f:id:nyaofunhouse:20171105152037j:plain
このケーキ、断面図のように、スポンジの間に厚いバタークリーム→ラズベリージュレ→バタークリームという構成。
このバタークリームがめっちゃ美味しい!
濃厚だけどほっとする優しい甘さのバタークリーム。
冷蔵庫から出してすぐだと、かなり固さがあります。
自分は、バタークリームは固めが好きなんですよね。だから、このバタークリーム、最高に好み。
中心部のラズベリーはギューンと甘酸っぱくて、インパクト大。
まったりとしたバタークリームに鮮烈なラズベリーの組み合わせ、
最高です・・・


次に、定番のアフロディーテを。
f:id:nyaofunhouse:20171105152735j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171105153026j:plain
アフロディーテ、やっぱり美味しいですね。
スペキュロス風味のシナモンの効いたクッキーに、タイベリーの酸味はそこまでではないんだけどベリーらしさのある香りの良さが。
ガッチリ固いクッキーと柔らかいムースとの食感の対比も見事。


そして、タルトですよ!まずはタルトポムアラメゾン。
f:id:nyaofunhouse:20171105154107j:plain
このタルトは、りんごが山盛りになっています。
このりんご、皮付きで、多分コンポートとか煮詰めたりしていないで、そのまま焼いたものと思われ。
火が入ってしなっとしていて、りんごの美味しさがアップしています。
そしてなによりすごく酸っぱい!
強烈!
素朴というより、野性味を感じさせる、りんごらしさが十二分に出たタルトです。
もちろんタルト生地の美味しさは言うまでもなく。


最後に、タルトマロンロワイヤルを。
f:id:nyaofunhouse:20171105154645j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171105154924j:plain
このタルトは、栗のタルトなのですが、タルト生地のがっしりした香ばしさと、栗のナッティな香ばしさが完全に一体化している。
この一体感はすごいです。
カシスは酸味もそうだけどフレッシュな果実味を強く感じさせて、栗とカシスの組み合わせでも素朴な素材の良さを感じさせるバランスになっています。すごく美味しい。


そんでもってマカロンね。
f:id:nyaofunhouse:20171105162859j:plain
パクタージュのマカロン、すごくカラフルで可愛い!
f:id:nyaofunhouse:20171105163039j:plain
1個づつ食べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20171105163537j:plain
こちらのマカロン、生地はややねちっとした食感。
そして、フレイバーの組み合わせが面白くて、ピンクがラズベリーと思いきやキルシュ漬けのチェリーだったり、ピスタチオの中にラズベリーが組み込まれていたり、カシスといちじくを合わせてみたり・・と、すご凝ってる。
単に可愛いだけじゃない、味の良さも素晴らしいです。


パンは、これだけ買いました。
f:id:nyaofunhouse:20171105155450j:plain
左上、大判焼きみたいのは、終売しているけどとっておいた、という和栗のパンをおすそわけしてもらいました。
このパンをリベイクしてみました。
f:id:nyaofunhouse:20171105160651j:plain
うーん、美味しい・・
パンはリベイクでカリッとした食感に。
その中に和栗がほっこりと入っているのですが、甘さはほとんどなくて、和栗そのものの甘さが中心。
これは、やっぱりパンなんですね。ケーキとは違う和栗の使い方。
パンとしての完成度がすごく高いです。

そして、あとは、カリッとした表面ともちっと身が詰まった中身の、食べごたえのあるクロワッサン
f:id:nyaofunhouse:20171105155642j:plain
スパイシーで香りのよいカレーを肉厚の秋茄子に載せて、ベースがイングリッシュマフィンのパンや、「こなつ」を使ったブリオッシュなど、どれもすごくすごく美味しい!

いやー、パクタージュ、ほんと何を食べても美味しいのはすごいです。
これから栗からりんごの季節に移りますが、玉川学園前、また来月あたり行ってしまいそうです・・