Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ラブリコチエで吉例モンブランと懸案ケーキと

9月にはいって、次々と栗の便りがやってきます。
先日のラ・プレシューズにつづいて、ラブリコチエでもモンブランがスタートしたとか。
その噂を聞きつけて、やって来ました高円寺。

はたして、ラブリコチエの入り口に、こんな貼り紙が。
f:id:nyaofunhouse:20160911130709j:plain
いいですねー!!
季節の風物詩のよう。
勢い込んで店内に入りました。

まずはモンブラン。
なにをさておきモンブラン。
紅茶と一緒にいただきます。
f:id:nyaofunhouse:20160911131704j:plain

今年のモンブランも、山盛りです!
f:id:nyaofunhouse:20160911131723j:plain

中はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20160911131826j:plain

こんもりとしたモンブランを口に運ぶと、
マロンクリームのもそっとした食感で、飲み物がなければ喉につかえそうなほど重量感がある。
味はというと、栗の味がとてもか細くて繊細。
その栗の香りを殺さないように、マロンクリームにはほんの少しの甘さしか足してない。
焼きメレンゲも甘さ控えめでボリュームも薄めなので、全体としては非常に甘さが少ない。
これはもう、お菓子として成立するギリギリの量まで甘さを減らしている。
そこまでして、栗の香りの良さを生かそうとしているんですね。
和栗っていいよねー!と、心から思えるモンブランです。
あたたかい紅茶とのマッチングが最適。
やっぱり最高に美味しいです。


モンブランを一通り堪能した後、ケーキを持ち帰ってきました。
ケーキは、話題にはなっていたけどまだ食べてなかったケーキや、新作ケーキなどを中心に購入。


まずは、新作から定番になったのかな?話題のポルカドットを。
f:id:nyaofunhouse:20160911153427j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160911153622j:plain
これは、ミントチョコのケーキ。
チョコレートは、ムースやクリーム、下のクッキーなど多彩な展開ですが、それほどビターではなくて、食べやすいマイルドな味。
そして、ミントの部分がとても美味しい。
ミント、ハッカ油的なツンと来るものではなく、フレッシュなミントのさわやかさを感じさせる、主張の強すぎないミントになっている。
これが、やや軽めのチョコレートによく合っている。
これは美味しいですね。
ミントチョコのダメな人に味わっていただきたい、とても親しみやすいミントチョコケーキです。

次に、キャラメルオランジュを。
f:id:nyaofunhouse:20160911154238j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160911154459j:plain
このケーキは、断面図の上の方、オレンジのコンフィがかなり強く感じられる。
皮ごとコンフィにしてあるので、柑橘類の苦味がかなり感じられる。
それに対して、キャラメルはそれほど甘さ・苦さとも主張してこなくて、
なので、オレンジがかなり勝った味になっていますね。
とても美味しいけれど、もうちょっとキャラメルが強くてもいいかも。とは思いました。
あー、でも、キャラメルがこれ以上苦いとオレンジと喧嘩するかなー?
難しいところですねー。

そして、オペラ!
f:id:nyaofunhouse:20160911155511j:plain
ラブリコチエにとっては、「オペラ改」ですね。
これまではペシェ・ミニョン風の三角形のオペラだったのを一般的なオペラの形に変えたものになります。
これも食べたかったんですよね。
で、オペラ改ですが、
これがすごく美味しい!
口どけの良いバタークリームに、コーヒーの苦味がしっかり。チョコとコーヒーの味のバランスもバッチリ。
そこにほのかに香る洋酒が気品を与えていて。
うーん、格調高い素晴らしいオペラです。
前の三角形オペラもすごく好きだったのですが、こちらのオペラもいいですねー。

タルトフリュイもショーケースに並んでいました。
f:id:nyaofunhouse:20160911160039j:plain
このタルト、小さなタルト台の上に一体何種類のフルーツが載っているんだ!という大サービスタルト。
f:id:nyaofunhouse:20160911160308j:plain
でも、見ての通り断面ではクレームダマンドの入ったタルトがかなり分厚いことがわかります。
これが、香ばしくどっしりとした味で、キラキラと輝くフルーツたちをしっかりと受け止めて、ひとつのケーキに結実させているんですね。
そして、フルーツの方も、りんごの薄切りにしても、皮をむいたぶどうにしても、丁寧に仕事がしてある。
美味しいフルーツタルトの見本のようなケーキです。

そしてそして、ラブリコチエでは珍しいタイプ?のヴェリーヌを。
メロンのパンナコッタです。
f:id:nyaofunhouse:20160911160908j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20160911161031j:plain
このヴェリーヌは、メロンの果肉たっぷりのジュレに、とろとろのパンナコッタ。
ヴェリーヌならではの、水気たっぷりの夏らしい味わいです。
しっかりした食感のケーキはもちろん好きだけど、こういうとろーっとした甘くて美味しい食べ物って、なんか幸せを感じちゃうんですよねー。
気持ちの方もとろんとろんになってしまいました。


そして最後に、これはパンです。パン・オ・ショコラ。
f:id:nyaofunhouse:20160911161406j:plain
黒光りしてます!
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160911173843j:plain
ラブリコチエでパン買うのは初めてかな?
でもすごく美味しい!
さっくさくのクロワッサン生地に、ちょうどいい分量のチョコレートチップが入っていて、
焼き加減も絶妙だし、バターの香りもいいし、ビターなチョコとのマッチングも最高。
これはケーキ屋さんの作るパンですね。

ということで、ラブリコチエのモンブランとケーキ、たっぷり楽しみました。
今後もどんどん栗の知らせが伝わってくると思います。
今年も栗巡礼、たっぷり楽しみたいと思います!