Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


暑いのでかき氷、暑くてもルラシオン

まだ梅雨が開けてないのに、もう真夏のような陽気ですね。
夏は、正直ケーキにとってはあまり良くない季節。
特にムース系のケーキは、あっという間にだれたり溶けたり。
そして濃厚なケーキは、ちょっとねーみたいなことにも。

でも、そんな中でも伊勢丹マ・パティスリーは元気です。
7月も名店の大攻勢。
こりゃもう、行くしかないでしょう。

そして、伊勢丹、今週のフードコレクションは「ストリートフード」がテーマだそうで。
屋台で食べられるような、ややジャンクな食べ物が集結している。
その中には、青山の大行列かき氷店「アイスモンスター」も出店とのこと。
アイスモンスター、以前青山で食べたことあるけど、なかなか美味しかった。
独特のふわふわ食感が癖になるよねー。
ということで、今回はミルクティーかき氷900円を。
f:id:nyaofunhouse:20160707103502j:plain
大きなカップに山盛り。
あったかいタピオカは別添で。
かき氷を食べた後は、いよいよマパテへ。
ルラシオンのケーキ、買いますよー。
ルラシオンも先日のカフェ・スイーツで新作が登場していた。
その新作ケーキも、今回の催事にほとんどが来ていて、その中から2点を購入。
その他、今回の催事限定ケーキなど合計6点お買い上げ。
気温35度の中、ひいふう言いながら帰ってきました。


ルラシオンのケーキ、まずは新作のアシデュレから。
f:id:nyaofunhouse:20160707113852j:plain
このケーキは、パッションフルーツ、ラズベリー、ココナッツのダクワーズという構成。
パッションフルーツはしっかりと酸っぱく、ラズベリーの酸味もじゅうぶんに感じられる。
けど、印象としてはかなり重めに重心が取られているな、と。
ムースやクリームに比べて生地の分量が多いのと、上のホワイトチョコのクリームがまろやかでコクがあるので、それでかなり重心が重めになってる。
この味のバランスの取り方は面白いですね。

次に、フランボワジエ。
f:id:nyaofunhouse:20160707114638j:plain
定番のラズベリーケーキですが、これもやや重いですね。
ラズベリーの酸味はやや控えめで、その分バタークリームの濃厚さや、チョコガナッシュの重さ、生地のしっかりした味わいが合わさって、全体としてかなり重め。
ルラシオンのケーキ、何度か食べてるけど、こんなに重めの味だったかなー?
すごく美味しいのですが、夏っぽくはないかもなーという美味しさ。


次に、限定のケーキ、アナナスを。
f:id:nyaofunhouse:20160707115407j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160707115552j:plain
これは、フレッシュのパイナップルの強烈な酸味に、ライムのこれまた強い酸味、そしてダメ押しの生姜の辛い香りが。
かなりアタックの強い味のケーキになっています。
もちろんさわやかさもじゅうぶん感じられるんだけど、それ以上にインパクトの強さがある。
下のダクワーズのサクサクした食感が面白いですね。
強度のあるケーキだなー。

そして、これもカフェ・スイーツに載っていたタルトシトロンノワゼット。
f:id:nyaofunhouse:20160707120111j:plain
ステキな形!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160707120239j:plain
これは、これは強烈にレモンだ!酸っぱい!
そして、そこにこってりとしたプラリネクリーム、カリカリのヘーゼルナッツ、ザクザクのタルト生地。レモン対ヘーゼルナッツが強対強の対決になってる。
その、ゴジラとガメラが闘いながら次第に融和していく様が、とても面白いですね。
これも強いケーキだ。

そして、ソティエ。
f:id:nyaofunhouse:20160707121935j:plain
これは、口に入れるとコーヒーのかぐわしい香りがブワッと広がる。その後に、甘じょっぱい蜂蜜とチョコのガナッシュが感じられ、最後にブラウニーのふっかりした食感が来る。
ここでわかったのですが、ルラシオンのケーキ、以前にもまして「コーヒーとのマリアージュ」を意識しているのかも。
これまでルラシオンのケーキ、何度か食べた印象だと、確かにコーヒーと合うけど、でも紅茶でもいいんじゃない?というイメージだったのですが、今回の強い主張をしてくるケーキたちには、紅茶ではちょっと弱い。コーヒーの強さがちょうど合っているように感じられるのです。
このソティエなんか、まさにそう。このコーヒーとチョコレートの濃い組み合わせは、コーヒーこそ似合う味の設計になっている。
なるほどねー。よくわかりました。


そんなわけで、最後にマリリンを。
f:id:nyaofunhouse:20160707122546j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160707134826j:plain
このケーキは、シンプルなチョコレートとバニラブリュレの組み合わせ。
ごくシンプルで、奇をてらったところはないです。
味わいもストレート。
そして、これもコーヒーがよく合いそう。


ルラシオンのケーキ、すごく美味しかったです。
でも、これまで自分がルラシオンに持っていたイメージとはだいぶ違った。
ルラシオンの正式名称、「Relation entre les gâteaux et le café」の意味がよくわかったよ。
今回は紅茶と合わせて食べたけど、次はコーヒーを用意していただこうと思う。
そうすることで、更に美味しく感じられるのではないか?と思いました。