読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

岡崎京子展を観た帰りにはケーキを買いましょう!

お菓子

岡崎京子展、見てきました。
その内容については、「漫画ブリッコの世界」の方に書こうかと思っています。
ここではケーキの話を。


岡崎京子展が開かれている会場「世田谷文学館」は芦花公園から歩いて10分程度のところにある。
芦花公園といえば、ルラシオンありますよねー。
そして、世田谷文学館からはラ・ヴィエイユ・フランスも意外に近い。
ルートとしてはこんな感じ。

歩いて行かれそう。
ということで、今回はケーキ→岡崎京子展→ケーキという、展覧会をケーキがサンドイッチする形にしようかと。


まずは芦花公園駅。

歩いて2分ほどでルラシオンに到着。

ルラシオン、前回はやや軽めのケーキをセレクトしたんだけど、コーヒーにはもうちょっと重いケーキを選ぶべきだったなーと思っていて、今回は意識的に重めのケーキをセレクト。まあ季節柄重いケーキが多いので、うまく合った形。
コーヒーは、店員さんおすすめの「バレンタインブレンド」で。
今の季節にピッタリですね!
コーヒーとケーキ、同時に来ました!

まずは季節の味わい、タルトフレーズ。

いちごいーっぱい!!
切ってみると・・・

タルト台の上にジャムが塗ってある。
細かい仕事。
タルトはしっかり香ばしく、みずみずしいいちごをしっかりと支えていてとても美味しい。
いちごって本当に幸せになりますよねー。食べてると。


フォレノワール

このフォレノワールは、やや軽めの味わい。
もうちょっとチェリーの酸味とお酒が効いているほうが自分は好みだけど、万人受けする味になっていると思いました。


アルバ。

フォトジェニックなケーキですねー。
レモンはそんなに酸味を感じられるほどではなくて、ほのかに香るぐらい。むしろナッツのカリカリ感が全体を占めている感じ。チョコとヘーゼルナッツのケーキにほんのりレモン、という感じかな。


フロマージュポンムタタン。

これは、こんがり焼いたりんごが上に、軽く煮たりんごが中に入った重層構造。
でも、タタンというにはちょーっと焼きが足りないかなー。もう一声ほしいところ。中のりんごはフレッシュで、チーズもそんなにしつこくなくて、全体的にやっぱり軽めの味わい。美味しいけれど、濃厚なコーヒーと合わせるにはもうすこしチーズ臭くてリンゴが焦げてたらもっと美味しいマリアージュがあるんじゃないかなー??


ルラシオンのケーキは、全体に軽め。大きさがそこそこ大きいので、あまり濃厚だと胃にもたれるかもしれないから、この軽さでいいのかもしれないと思いつつ、コーヒーがすごく美味しいのでそれに合ったどっしり・ねっとり・がっつりとした食感が欲しいと思うのが正直なところ。美味しいんだけどね。


ルラシオンを後にして、目指すは世田谷文学館。
そこで岡崎京子展をたっぷり鑑賞。
(記事書きました。→記事こちら。)
それから、上の地図に書いた通りのルートをテクテク歩いてラ・ヴィエイユ・フランス本店へ。

ラ・ヴィエイユ・フランス、催事では何度も買って食べてるけど、本店はかなり久しぶり。ショーケースの中は魅力的なケーキがいっぱい。中でも焼きっぱなし系のホールケーキがすごく美味しそうだった。買いたかったけど今回は我慢。やっぱりいちごの季節ははずせないフレジェその他のケーキを購入して千歳烏山駅へ。

すぱぱーんと帰ってきました。


ラ・ヴィエイユ・フランスのケーキ、まずは何度目だ?のフレジェから。

いちごがでかい!そして、濃厚なカスタード(ムースリーヌ)、そしてしっかりと効かせたキルシュの香り。うーん、やっぱり美味しいぞ。


エクレア、なんてのも買ってみました。

上にかかったフォンダンが、かなりしっかりとした固さ。
切ってみました。

このエクレアはコーヒー味。
コーヒーのほろ苦さと、シュー皮の香ばしさ、フォンダンの甘さ。
あーやっぱり美味しいわー。美味しいわー。
最近はやりのゴージャスでカラフルなエクレアの正反対だけど、この存在感たるや。好きだわー。


ミルフィーユは、今回は「ショコラ&ライムのミルフォイユ」になっていました。

ミルフィーユのパイ生地がチョコレート風味。珍しい。
上に載っかってるのは、生チョコ?と思いきや、チョコのマシュマロ(ギモーヴ)でした!
チョコがすごく濃くて、そこに酸味のたったライムの鮮烈さが加わって、力強いミルフィーユになってる。こんなミルフィーユは初めて食べた。
伝統と革新、ラ・ヴィエイユ・フランスの真骨頂ですね!
素晴らしいです。


そして、シューアドラーブル。

ごめんさない、これはまだ食べてません。
明日の朝ごはんの予定。でも「シェフおすすめ!」と書いてあったので、かなり期待しています。食べたらこの部分の文章は差し替えます。
2/2追記:今朝食べました。
断面。

これ、すごく美味しい!!!
たっっぷり詰まった塩キャラメルクリームのコクが!!
甘じょっぱくて、ほろ苦くて、もう最高!最高!
いやーテンション上がるわー!
やっぱりキャラメルクリームはこのぐらい甘くて苦くてじゃないと!
大好きな塩キャラメル味のクリーム、そしてシュー皮も美味しい!
さすがです・・・


最後、焼き菓子も買っとかなきゃね!ということで、ショーソン・オ・ポムを。

きれいな焼き色!
切ってみると・・・

このショーソン・オ・ポム、すっごくパイ生地が美味しい!
ザクッザクッとした、荒々しい食感のパイ生地!味わい深いです。それにりんごのやさしい甘さが加わって、最高のショーソン・オ・ポムになっている。
こんな美味しいパイ生地のショーソン・オ・ポムは初めてかも。
うわー。やっぱりすごい。


ということで、世田谷ケーキツアー、じゃなかった岡崎京子展のついでのケーキ、堪能しました。
もし岡崎京子展見に行かれる方は、ぜひルラシオン、ラ・ヴィエイユ・フランス、両方でもいいですし片方でもいいから、立ち寄ってみてください。
ラ・ヴィエイユ・フランスにもイートインスペースありますから、展覧会のカタログをのんびり眺めるのもよし。きっと素敵な一日になると思いますから!