Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


「Soul to Soul - 魂の詩」

最初に自己批判。
これを観てないで「ソウル好き」とか言っちゃって、なんて白痴がましかったんだろうって。ほんとに。
いや、ディスクユニオンに並んでるのは目にしてたのですが、これまでは特に気にもかけてなかった。バカ・・。


きっかけは、id:dewdropさんのブクマからYouTubeの動画みて。
もうもうほんとに驚いて、見終わった瞬間Amazonの検索かけてました。


これがその動画なんですけどね。↓
Voices Of East harlemのライブ映像。

なにこの熱気。高揚感。
この曲自体は「Right On, Be Free」というアルバムに入ってて、そのスタジオバージョンもものすごい高揚感があるのですが、*1あれと同様の熱狂ぶり、いやそれ以上。

Right on Be Free

Right on Be Free


調べてみると、「Soul To Soul」という音楽ドキュメンタリー映画とのこと。

●1971年3月6日、西アフリカのガーナでアメリカのトップ黒人ソウル・ミュージシャンとゴスペル・ミュージシャン、そしてアフリカ現地のミュージシャンが会し、10万人もの観衆を集めた中、夜が明けるまで14時間に亙る歴史的なライヴ・イベントが開催されました。本作品は、ガーナ独立14周年記念祝典として行なわれたこの模様を記録した映画『ソウル・トゥ・ソウル〜魂の詩』のDVD+サントラCDをパッケージしたものです。

で、このDVDはライノが2004年に出したDVDの日本語版。DVD+サントラのCDがついた超お得盤。
Amazonでは売り切れてた。

ソウル・トゥ・ソウル [DVD]

ソウル・トゥ・ソウル [DVD]

だけど、楽天には置いてあったので早速注文。
[rakuten:book:11596361:detail]
それで、さっき届いたのを観た感想が、冒頭の文章。
出演は他にアイク&ティナ・ターナー、ステイプル・シンガーズ、サンタナ&ウィリー・ボボ、レス・マッキャン&エディー・ハリス、ウィルソン・ピケットなど。
どの演奏も素晴らしいのですが、特にアイク・"DV"・ターナーのブルージーなギター炸裂の「I Smell Trouble」


大トリのウィルソン・ピケットの熱すぎるライブ圧倒されっぱなし。
ちなみにこの時の時刻は朝の4時だそう。


このライブは、アメリカからの遠征組の他に、地元ガーナのミュージシャンも多く参加したとのことで、映画でもガーナの風景や地元住民のトライバルな演奏をかなり長く収録してます。
これがまた素晴らしく凄い。
ポリリズムはなんて洗練された音楽だろう・・と再認識。


あと、オリジナルの映画版には収録されていたロバータ・フラックの演奏は、本人の要請により今回のDVDでは削除されてます。
YouTubeにはありました。

*1:この曲「Run, Shaker Life」はRichie Havensの曲らしい。Richie Havensって「Going Back to My Roots」もそうですよねたしか。