Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


いちごタルト祭り@メゾンジブレー@マパテ!

自分がここのところ、いちごだいちごだわっしょい!している間に、新宿伊勢丹マ・パティスリーに中央林間メゾンジブレーがやって来ていました!
しかも今回はいちごのタルト推しらしい!
これはもう、行くしかないでしょう!

・・ということで、行ってきましたマパテ。

なんでも、今回のメゾンジブレー出店、午前便と午後便でアイテムが若干違うとか何とか。
そりゃあ全部見た上で決めたい気持ちはありますが、とりあえず自分は朝イチで。
今日日曜日ですが、開店ダッシュきめてきました。


今回のメゾンジブレー、ケーキももちろん色々ありましたが、やっぱりいちごタルトのアントルメが目を引きます。
いちごタルト、「ロイヤルクイーンのタルト」と「完熟とちおとめのタルト」の2種類があって、さあどうしよう!?だったのですが、ここはロイヤルクイーンをチョイス。
あと、カップアイスも1アイテムあったので、購入。


メゾンジブレーのケーキ、まずは季節のケーキ「さくら」から。
f:id:nyaofunhouse:20180318113649j:plain
ユニークな形ですね。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180318114150j:plain
このユニークなケーキのお味はというと・・・
白いムースはマスカルポーネ。これがとてもミルク感たっぷりで、そこにいちごのコンフィチュールが甘くて、これは幸せのいちごミルク味。食感もやわらかく、心もとろける。あと、名前の通りさくらも加えてあるとのことなんだけど、味を探って探ってこれかな?というぐらい、ほんのりとしたもの。むしろ下に敷かれたスペキュロスのシナモンの香りがふわっと香っていい感じ。
側面にはひなあられ?みたいなのもついているし、まさに3月のケーキ!ですな。


ケーキもう一品は、パンナコッタフリュイルージュ。
f:id:nyaofunhouse:20180318114823j:plain
カップのふちギリギリまでゼリーが詰まってますが・・
スプーンですくうと、ゼリーがこぼれ落ちる。
f:id:nyaofunhouse:20180318115031j:plain
こちらも、パンナコッタがミルク味と優しい甘さ。
上部のゼリーはふるふるで、フレッシュなベリーと組み合わさって、とろふわな感触と甘酸っぱさがたまらんですね。
ベリーの美味しさは、もちろんのことです。


さてさて、そして、買いましたよ「ロイヤルクイーンのタルト(5号)」!
f:id:nyaofunhouse:20180318115544j:plain
いやー、すごいですな。ほれぼれ。

で、この「ロイヤルクイーン」といういちごなのですが、公式サイトがあって、
royalqueen.info
なんでも、女峰を生み出した伝説の名人が新たに作り出した品種なのだとか。
女峰、前にも書きましたが、今は栽培する人少なくなってしまいましたが、ケーキにはいちばん合ういちごなんですよねー。酸味が強くて。
そんな女峰の生みの親が作った「ロイヤルクイーン」。それを山盛りにしたタルト。どんな味なんだろう・・
とワクワクしながら切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180318120109j:plain
おー!なんかすごいの出た!
断面、すごいですよね。
中にこんもりと盛られたのは、これ、ムースリーヌなのです。
かなり固めで、バニラの香りが強いムースリーヌ。
これはビックリでしたね。
そして、土台となるタルト生地の分厚さね!

好きな大きさに切って食べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20180318121032j:plain
いちご、うま!
から始まって、
ムースリーヌ、濃厚!
そして、タルト生地が、アーモンドの香りが抜群にいい!
あー、これは、最高に美味しいいちごがこれだけ載っていても、主役はタルト生地なんですね。
サクサクのタルトとクレームダマンドの香り、これがあってこそのいちご。
更に濃厚ムースリーヌといちごが出会ってフレジェ的な美味しさも楽しめる。
いやー、すんごいですねー。
江森シェフのいちごタルトだから、いちごが美味しいのはわかりきっていたけれど、タルト生地が圧倒的な存在感。
パティシエとしての力量を見ましたよ。


そして、江森シェフはグラシエとしての側面もあるわけで、
そんな才能が見て取れるのが、アイスですよね。
こちらが購入可能でした。バニーユエバニーユ。
f:id:nyaofunhouse:20180318170112j:plain
どんなアイスなんだろ?と思って、お皿に出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20180318170440j:plain
おー、2層仕立てになってる。
ナイフで切って食べてみます。
f:id:nyaofunhouse:20180318170536j:plain
これ、白い部分がマスカルポーネ+バニラ。クリーム色が普通のミルク+バニラ。
だからバニーユエバニーユなんですね。
フルーツ使いで知られる江森シェフが、あえてフルーツではないバニラを持ってきたという、それだけでも興味がわきますが、食べてみると、すごく美味しいというか、バニラの香りがしっかりと伝わる濃厚な味わいなのですが、バニラアイスにありがちなベタベタとした甘さがなくて、すっきりしてる。こういうのキレがあるというんですかね。フルーツ系のアイスと違って一見差が出にくいと思われがちなバニラのアイスですが、やっぱりコンビニのとはぜんぜん違う。


そんなわけで、今日も美味しいいちごの海に溺れて溺死してみました。
いちご欲はだいぶ満たされた感がありますが、あともう少し、チャンスがあれば狙いたいですね。どうだろ?