読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

レザネフォールのケーキは洗練の極み!

GW中の新宿伊勢丹マ・パティスリーはレザネフォールが出店。
レザネフォールかぁ・・・どうしようかな。
今ではレザネフォール、銀座の東急プラザにお店あるし、新宿高島屋のパティシェリアにも曜日によってはケーキ販売している。
比較的簡単にレザネフォールのケーキは食べられる。
なので、あえて行くかどうか・・・
昨日ラブリコチエの美味しいケーキ食べたばかりだし・・・
うーん・・・
f:id:nyaofunhouse:20170504110715j:plain
買っちゃいました!
で、食べてみたのですが、結論から言うと「行って正解!」
素晴らしいケーキの数々でした。


レザネフォールのケーキ、まずは今回の目玉、春満開のケーキ「フルールプランタニエール」です!
f:id:nyaofunhouse:20170504114911j:plain
どうです!この可憐なケーキ!やっぱりエディブルフラワーが載ると華やかさが桁違いですよね!
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170504115833j:plain
このケーキは、いちごのムースとコンポートがメイン。
いちごには「マラデボワ」という品種?を使っているそう。
このいちごがすごく甘くて美味しい。
それにホワイトチョコのミルキーさが加わって、いちごミルク味。
さらにそれに焼きメレンゲが、となれば、もう幸せいっぱいでしょう!
見かけも味も、天にも昇るような美味しさ。
底にはピスタチオのスポンジで味を引き締めている。
うーん、やっぱりレザネフォール好きだわー


次に、アロマティックシトロンを。
f:id:nyaofunhouse:20170504120211j:plain
つややかな黄色が美しいですね。
このケーキは、名前からして、レモンの香りの良さを生かしたケーキ。
レモンの香りを、パッションやスパイス、バタークリームやメレンゲなど、様々な素材で表現。
味の構成も、食感も、とても複雑で洗練されている。
そして、驚くのは、これだけレモンを感じさせながら、全く酸っぱくないという事実。
レモンだからギューっと酸っぱいと思いきや、酸味が完全に遮断されている。
これは・・・
自分みたいな感覚では、普通に酸っぱくてもいいのでは?と思うんだけど、この、徹底的に快感を与えつつ、ギリギリのところで寸止め、という、小悪魔的なケーキの味に翻弄されます。
なんか、狐につままれたような、すごい体験をした気持ちになります。


フレシュールマント。
f:id:nyaofunhouse:20170504121149j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170504121326j:plain
このケーキは、見ての通りミントチョコのケーキ。
ミントの清涼感はわざとらしさはないものの、ムースと葉っぱの両方でしっかり感じられるので、ミント苦手な人はちょっとダメかもですね。
でも、ミントも刺激的な部分とフレッシュな味の2種類、チョコの部分もクルスティアンだったりパールクラッカンが載っていたり、食感に工夫がしてある。
すごく洗練されたミントチョコケーキです。


さてさて、ここでモンブランですよ。
f:id:nyaofunhouse:20170504121718j:plain
このモンブラン、独特の形をしていますよねー。
又吉直樹「火花」の表紙みたい。
実は、自分レザネフォールのモンブランがこのスタイルになってから食べるの初めて。
どんななんだろう・・と期待しつつ切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170504121917j:plain
食べてみましたが、おー、これはこれは。
以前のモンブランとは全くの別物ですね。
とろとろに濃厚な国産栗のマロンクリーム、たっぷりの生クリームと一粒栗を包むカスタードクリーム。
下はタルトとパートフィロ。
いやー、なんだろこれ、独自性が強すぎて、ちょっと評価に苦しむ。
すごく美味しいのは間違いない。
一般的なモンブランの定石からは大きく逸脱しているけど、ちゃんと美味しい、独自性をもちつつこのクオリティ。すごいなあという感想しか出てこない。
なにより驚嘆すべきは、もともと評価の高かったモンブランを、全く別物に作り変えたという、その気概。自信。ふつうここまでしないよ。マイナーチェンジはあっても、根本的に別ものにするのはよっぽどですよ。
うーむ、、うなる。


ここからはタルト。
レザネフォールはタルトも美味しいから、期待大ですよー
まずはクラフティーリムーザン。
f:id:nyaofunhouse:20170504122620j:plain
このタルトは、クラフティーにキルシュを効かせたさくらんぼを載せたタルト。
今回食べた中では唯一かな?素朴な味わい。
タルトの香りの良さ、クラフティーはカスタードの甘さ、そしてチェリーのさわやかさはステキなハーモニー。
シンプルだけど、間違いのない美味しさでした。


最後に、タルトプロヴァンスを。
f:id:nyaofunhouse:20170504123150j:plain
このタルト、ヤバイですね!
一見シンプルなタルトに見えて、その実手間がめちゃくちゃかかってる。
食べてまず感じるのは、あんずのキュッとした強い酸味!
そこにオレンジのさっぱりとした酸味が加わり、最後にラベンダーがふわっと香る。
このストーリー性のある美味しさ!
ラベンダーも、強すぎず弱すぎず、嫌味になっていない絶妙なバランス。
いやー、美味しいです。
これだけ工夫されたタルトだけど、これみよがしなところは全くなくて、すべて美味しさに収斂されている。
いやー、すごいすごい。


今回のレザネフォールのケーキ、どれもすごかった!
フォルムの美しさ、味の構成、細かい手間暇・・そして、古典を意識しつつそれを洗練の極みに持っていく技量。
銀座や高島屋でもこれらのケーキは食べられるのだろうけど、どうせいつでも食べられるから・・と敬遠している人こそ今回の催事のケーキ食べて欲しい。
感嘆することうけあいですよ!