Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


アディクト・オ・シュクルで一足早いポワソンダブリルを楽しむ!

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはアディクト・オ・シュクル。
好きなパティスリーなので、やれ嬉しや。
しかも!今回の出店は4月にかかるということで、ポワソンダブリル(4月の魚)も販売するのだとか。
そりゃあもう、絶対買うでしょう!


新宿伊勢丹、今週の催事は伊勢丹春のパン祭り。
パン好きが殺到しているみたいです。
パンも好きですが、あんまり殺気立っているのは好きではないので、自分は悠々とマパテへ。
無事ポワソンダブリル、ゲットしてきました。


こちらが、アディクト・オ・シュクルのポワソンダブリルです!
f:id:nyaofunhouse:20170330113536j:plain
おー!豪華ー!
このポワソンダブリル、写真だと色が出てないのですが、クリームがほんのり緑色なんですよね。
それが、いちごの鮮烈な赤とよく合っている。
可愛いし、すごく美味しそう。

半分に切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170330113940j:plain
さて、このポワソンダブリル、どんな味なんだろうと思って食べてみましたが、
まず、パイがすごく美味しい!
パイの食感、サクサクというより、パリッパリ。音が出る美味しさです。
そして、クリームはピスタチオと、多分アーモンドも入ってると思う。ほのかに杏仁の香りが。
さらに、パイの間には、ラズベリーかな?コンフィチュールが挟んであって、飽きさせない工夫も。
パイの美味しさ、クリームの美味しさ、コンフィチュールの美味しさがあるから、トップのいちごの美味しさも際立つというもの。
けっこう大きなパイだったのですが、簡単に完食できました。
美味しかった!



もちろん、今回購入したのはポワソンダブリルだけではありませんよ!
まずは、マロンカシス。
f:id:nyaofunhouse:20170330111435j:plain
このケーキ、見ての通りかなり構成が多層的。
マロン、バニラ、カシス、ナッツを練り込んだスポンジ、サブレという、凝った構成。
これはアディクト・オ・シュクルではちょっと珍しいタイプのケーキかもですね。
でも、食べてみると、これが全く軸がぶれてない。
あくまでも、マロンとカシス。この2つを美味しく食べさせることに注力してある。
それ以外の要素は、マロンとカシスを引き立てる味や食感のバリエーション。
こうして食べてみると、凝ってはいてもやっぱり芯がしっかりしていることがわかります。


次に、ショコラフランボワーズ。
f:id:nyaofunhouse:20170330112248j:plain
これ、画像にも映ってるけど、ケーキから染み出すほどのシロップが。
これがもう、たまらなく美味しい!
チョコスポンジって、時々ちょっと食感がもっさりしていて、やや重く感じられる時があるじゃないですか。
それが、このじゅわじゅわのシロップのおかげで、そうした口の中で重く感じる要素がないのです。
チョコレートの濃厚さはしっかりキープしながら、とてもジューシー。
これは、すごい工夫です!あんまり経験のない美味しさ。
そして、更にラズベリーの酸味もしっかり効いていて、チョコとの組み合わせは間違いがない。
これはすごいですねー。チョコ・ラズベリーのよくある組み合わせを全く新しいものに作り変えている。
大胆なケーキです。


最後に控えしは、なんとザッハトルテ!
f:id:nyaofunhouse:20170330112904j:plain
アディクト・オ・シュクルでザッハトルテとは。
どんな味なんだろ、と思って食べてみましたが・・・
お!これは!
なんと、まず最初に感じられるのが、アプリコットジャムの酸味。
これがかなりしっかりと感じられる。
日本で作られるザッハトルテやザッハトルテもどきでは、アプリコットジャムの存在感が薄かったり、時には省略されていたりもするのだけど、ここではかなり主張が強い。
もちろん、チョコもしっかり濃くて、押し出しの強い味になってる。
かなり美味しいザッハトルテですが、自分としてはもっともっと甘くてもいいかな。ザッハトルテは喉が痛くなるほどの甘さが本当だと思うから。
でも、かなりイケてるザッハトルテでした。


ということで、アディクト・オ・シュクルのケーキ、ポワソンダブリルを中心にたっぷりいただきました。
どれも美味しかった!
石井シェフは、フランス菓子らしい味の強さや甘さ、濃さをきっちり感じさせてくれるケーキを作るから好きです。
今回はポワソンダブリルを買ったのでスルーしたフレジエやタルトフレーズも、季節柄美味しそうでした。
いちご好きは要チェックですよ!