Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ラヴィルリエのケーキがまたもや美味しい!

もはや毎年恒例になりつつある、ラヴィルリエの伊勢丹マ・パティスリーへの催事出店。
今年もやって来ましたよー。
なんでも、今年は東京に厨房借りて制作・・・ではなく、大阪からの輸送なのだそう。
で、この大雨でしょ?
ちゃんと荷物届くのか、かなりヤキモキしました。


そして、ラヴィルリエは毎年かなりの人気なので、行列が嫌いな自分は早めに伊勢丹へ。
なんとか1番乗りを果たしました。


ショーケースを見ると、定番のケーキから新作まで幅広く。
あとは、フルーツを焼きこんだタルトや、ファーブルトンもありました。
残念だったのは、栗系のケーキがなかったこと。
ラヴィルリエの栗は美味しいと聞いていたので、この時期あるかなーとちょっと期待したのですがダメでしたねー。
それだけちょっと心残り。
でも、結局生ケーキ6個とタルトを購入しました。
いっぱい買っちゃったよー!


ラヴィルリエのケーキ、まずは「タンブラン」から。

このケーキ、説明書きには「ラヴィルリエのショートケーキ」と書いてあったのですが、食べてみると全然違いましたね。
上の白いのは生クリームじゃなくてメレンゲ。イタメレを薄く塗って軽く焼いたもの。
そして、中のクリームも、生クリームじゃなくてバタークリーム。
なので、どちらかというと、ショートケーキではなくてフレジェの変形、といったほうが近い。
中に挟まれたフルーツは、ぶどうを中心にいちじくやキウイなども入っていました。
バタークリーム好きとしては、「ショートケーキ??」という疑念を持ちつつも買ってよかった美味しいケーキ。濃厚なクリーム、美味しいスポンジにフレッシュなフルーツが合う合う。


ヴェンディヴェールという覚えにくい名前のケーキ。

このケーキは、上の飾りにもあるようにアーモンドが主役のケーキ。
プラリネのバタークリームが、やっぱり濃厚なバタークリームを更に濃くしていて非常に美味。
そして、アーモンド入りのスポンジに、ダクワーズのような生地(シュクセ)が挟まれていて、むにむにした食感。
独特の食感も楽しいし、ナッティーな香ばしさも楽しいし、見かけは地味だけどかなり美味しいケーキです。ナッツ好きにはたまらん味。


フォレノワールもありました。

このフォレノワールは正統派ですね。
チョコはかなりビター。そこに、キルシュのアルコールのピリッとした味が加わって、かなり濃ゆい大人な味わい。酸味のきいたチェリーもいっぱい入っていて、フォレノワール好きにはたまらん美味しいフォレノワールになっていました。もちろん自分は大好物。堪能しました。


カテドラル。

名前からすると教会をイメージしているのかな?独特な形状のこのケーキは、紅茶風味のミルクチョコにミュール(桑の実)のジュレ、オレンジのコンフィという構成。
一番前に出てきた味は、意外にも紅茶のふわっとした香り。
それにミルクチョコの甘さに、果実の酸味が加わる。
見かけに反してとても華やかな味わいなのですが、それぞれの味に強弱をつけているので、これだけのパーツがあってもてんでんばらばらになっていない。
このまとまり感はさすがです。パアッと花咲くような美味しさ。


キャラメラ。

このケーキは、端から端まで全部キャラメルのケーキ。
なので、予想としてはかなり甘ったるい味かな?と思ったのですが、意外にもあっさりしている。塩キャラメルの味はほんのりするぐらいで、甘ったるさはかなり抑え気味。どちらかというとキャラメルガツン!というよりも品の良さを感じさせるキャラメルケーキになっていました。これはこれで美味しい。


パリブレストのアレンジ版、パリブレスト・タイベリー。

もはやパリブレストの面影がないのですが・・・
でも、一応アーモンドを散らしたり、中にプラリネクリーム入れたり、とりあえずパリブレストっぽくなっている部分もある。
んだけど、それが逆効果なんですよね。
アーモンドやプラリネクリームのパリブレスト的な味と、タイベリーやラズベリーのさっぱりとした酸味が、思いっきりけんかしてる。
がっぷり四つになっていて、お互い譲らない感じ。
ちょっとこれはなあ・・・自分はノーマルなパリブレストが好きです。


そして、タルト!タルトですよ。
タルト・アラカルト(いちじく)。

タルト・アラカルトは3種類あって、焼きこまれているフルーツが「りんご」「洋梨」「いちじく」だったのですが、自分はいちじくをセレクト。
このタルト、ポーションがかなり大きい。
それだけで自分としては好感触。
そして、たっぷりのいちじくの繊細な甘さ、うわがけのシロップの甘さ、クレームダマンドの香ばしい香り、しっかり焼かれたタルトの馨しさ。
とてもとても美味しいタルトになっていました。



ということで、今回のラヴィルリエ、ケーキ合計7つ買いました。
見ての通り見かけは地味なのですが、シンプルなれど正統派の美味しさがしっかりと味わえてとても満足。
生ケーキも美味しいけど、フルーツ焼きこみのタルト・アラカルトはぜひ買ってほしい一品。ポーション大きいのでお腹いっぱいになるかもしれないけど、すごく美味しいので。
あと、日によってケーキに入れ替えがあるみたいなので、何度か見てみるといいかもです。