Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


雨がっぱ少女群先生の作品が凄すぎてもはや成年コミックの範疇から外れてしまいそうになっている

雑誌「LO」の掲示板で休筆宣言をしたのは去年の秋ぐらい?

10月4日ですか。
額面通りには受け取らなかったけれど、もしこのままフェードアウトしてしまったら残念すぎる・・・と思ってたのですが、今月のLOに復帰作が掲載!とのこと。
さらに、たまごまごごはんさんの情報で茜新社直営の本屋「ダンジョンブックス」だとキャラ表がついてるとのことで。行ってきました。買ってきました。
asin:B0021VNWMY:detail



そして読みました。
・・・・。
・・・・タイトルも内容も、なんというか、絶句してしまう。
すごい!素晴らしい!名作!・・というのはちょっと違う。でも
暗い!自己満足!駄作!・・・・というのは絶対に違う。でも
賛否両論なのは確か。「なんだこれ?」で終わる人が多いと思います。実用性ないし。自分も初読では「なんなんだ・・・?」と思ったし。
なんだかわからないけど、凄いというのは感じたのです。
シュール?ファンタジー?確かにその要素があるけど、そういう単語で括れないなにか。
うー・・いい表現が思いつかない・・・
叱責覚悟でいってみると、
「森山塔+シュバンクマイエル+エコール」とか・・・
フラグメンツ (1) (Big spirits comics special―山本直樹著作集) エコール [DVD] アリス [DVD]
・・・ダメだ・・他の人のレビューを読んできます。


読んでいて思うのは、この作品や作者の雨がっぱ少女群先生は、性欲を満たすためのメディアとしての成年コミックから逸脱しそうになっているのかもしれない。けど、ガロとかサブカル系・・にも収まりきれない。スピリッツ?朔ユキ蔵の後釜?・・・それもちょっとやだな。
そう考えると「LO」という雑誌の特殊性に感謝しなければいけないのかもしれませんね。


この作品中で一箇所だけ動物(羊)が出てくるのですが、これが意味するものがなんなのか、再読して考えてみます。





それと、もらったキャラ表なのですが、これも軽く絶句。
この作品を作るためにこれだけ緻密な設定があるなんて。


・・・結論としては、やっぱり雨がっぱ少女群先生は凄い。そしてLOも偉い。今後も応援していきます。ということで。