Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


カキ氷にいろんなシロップをかけてみた

暑いですね。
夏はさすがにこってり洋菓子はあまり食べなくて、もっぱら家でカキ氷をガリガリ作って食べてます。
ただ、問題は氷の上になにをかけるか。
一般的には明治屋のMYシロップですよね。
[rakuten:meidi-ya:502151:image] [rakuten:meidi-ya:502159:image]

だけど、こればっかりだと飽きるんですよね〜。味が単調だから。
あとはゆであずきをかけて金時にしたりもしますが。


もう少しバリエーションがあってもいいんじゃないかと思ったきっかけは西荻窪の「甘いっ子」でイチゴのたっぷりのカキ氷を食べて感動したのと、渋谷のドラゴンアイスでキャラメルチョコカキ氷を食べて、こういうのもありなんだな、と。
それで、自分の家でもカキ氷をライフハック?してみようと思い立ったのです。
コンセプトは

  • 手近な材料で
  • 簡単に作れて
  • おいしい

・・・ということで。



1.カキ氷シロップを高級なものに替えてみる
紀ノ国屋でいつものと違うカキ氷シロップが売ってたので買ってみました。
京都にある「蛇の目ソース本舗」というところから出ている「京の手づくり氷みつ」というシロップでした。


とりあえずイチゴ味を購入。
氷にかけてみると、明治屋のシロップよりも淡くてきれいなピンク色。

食べてみると、イチゴのリキュールボンボン(シュガーボンボン)に似た繊細な味わい。とても美味しいです。


2.フルーツカルピスをかけてみる
カキ氷にカルピスをかけるのは定番ですが、フルーツ味、特にマンゴ味のをかける。

流行のマンゴですが、実際に買うとかなり高いので、貧乏人にはぴったりの味。


3.ジャムをかけてみる
ジャムは甘みが強いのでシロップとしては最適なはずなのですが、そのままだと固いので白みつで少しのばしてかけてみました。(白みつがない場合はガムシロでも多分大丈夫)

これはね、色もきれいだし、味もカキ氷というよりはフレンチのデセールみたいで、かなり美味しい。超おすすめ。


4.チョコソース+キャラメルソース
上に書いたように「ドラゴンアイス」で注文したのがキャラメルチョコ味だったのですが、予想に反して普通に美味しかったので真似してみました。
チョコソースとキャラメルソースはどちらも食料庫に眠ってたもの。

こ、これは・・。美味しいけどちょっとアメリカーンな味わいすぎかも。カキ氷の繊細さは微塵もなくなります。だけど美味しいよ。


・・・あとは、どんなのが考えられるだろうか・・?
梅酒とかもいいかもね。あとは・・・うーん・・。