読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

アステリスク@マ・パティスリー

今週は伊勢丹マ・パティスリーにアステリスクが登場とのこと。
アステリスク、新宿からすぐの場所だし、正直あえてマ・パティスリーで買う必然性はないんだよね。
どうしよっかなーと思ったのですが、今回の催事のエクスクルーシブなケーキがあるかも?と思って、一応チェックしてみました。


アステリスクはとにかくケーキの入れ替えが早い!そしてどんどん新作が出てくるから、少し間があくと、全然知らないケーキばっかりだったりするから恐ろしい。
今回も、自分が食べたことないケーキいっぱいあったので、それらを買ってきました。


アステリスクのケーキ、まずは「アマデトワール」から。

クリームパイのような生クリーム鬼盛りです!
断面。

このケーキはけっこう複雑な構成で、マロン入りの生クリーム、オレンジの香りのバニラムース、中にカシスのコンポートという組み合わせ。
だけど、栗の香りほんのり、オレンジの香りもほんのり、と、かなり軽くて繊細な味付けになっています。何の気なしに食べると普通にバニラとカシスのケーキ?と思うところに、マロンとオレンジが隠れている、といった趣向。
ムースもクリームもやわやわで、とてもたおやかな味わいです。


次にフレジエを。

フレジエ、まだいちご早いかも?と思ったのですが、id:ozasatoさんがフレジェ愛をツイートしていて、それにそそのかされてつい買ってしまいました。
結論から言うといちご美味しかったです。
固めのムースリーヌにいちごの甘いジュレが塗ってあって、いちごもたっくさん入っていて、とても美味しいフレジェです。ものすごい特徴があるというわけではないですが、手堅く美味しい。


エメロウド。これはアントルメをカットした形ですね。

このケーキ、ピスタチオの豆っぽさが全開になっている!
ものすごく豆のえぐみが強く感じられる。
その豆っぽさにラズベリーのジュレとムースがぴったりと寄り添っている。
かなり強めの味の組み合わせです。
この豆っぽさは、人によって好みは分かれそう。自分はもちろん好きです。
やっぱりピスタチオはこのぐらいえぐくないと。


デパーというケーキ。

このケーキは、なんともすごいケーキでした。
断面。

このケーキ、構成は上からラズベリーのジュレ、ライチのムース、チョコのムース、ガッチガチのチョコガナッシュとなっていて。
食べると、確かにライチが感じられる。そしてチョコレートは相当にビター。
基本はチョコケーキなんだけど、なんとも玄妙な味わい。
下のチョコレートはわずかに塩気も感じられて、ものすごく多くの味わいが同時に感じられるのです。
これだけ複雑な味の構成、全体がバラバラになる一歩手前でギリギリのバランスをとっている。体操で言うとY字バランスで脚がプルプル震えているぐらいのバランス。でも、そのギリギリの組み合わせを強引にまとめきっているのはさすが。


最後にキャラメルノワ。

このケーキは、ビターなチョコレート、ほろ苦いキャラメル、くるみの渋さ、それらが一体となって非常に美味。美味しいです。
ほんのりシナモンの香りも。
チョコの重さをあまり感じさせない、チョコなんだけど軽めの作りは、和泉シェフならでは。


ということで、アステリスクのケーキ食べました。
アステリスクのケーキは、古典的なケーキだったり重めのケーキだったり複雑な組み合わせのケーキだったりしても、どこか軽快さがあって、食べやすいんですよね。
軽めに作ってはあるけど、妥協はしていない、そこが好きです。
多分次にお店行くと、また新作ケーキがたくさん出迎えてくれると思うので、代々木上原行かないとですねー