Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


トランス・カリンバ・エクスプレス"Konono No.1"の(多分)デビュー作


昨日近所の新古書店で350円のCDを物色してたら、こんなCD発見。


Urban Music of Kinshasa

Urban Music of Kinshasa


もうタイトルだけで即買い。350円だし。
裏面のアーティスト欄なんかほとんど見ないで買ったんですが、家に帰って見返してみれば
「Orchestre Tout Puissant Likembé Konono No. 1」の表記が。
!!


Konono No.1って、あの「轟音暴走人力トランス」のバンドでしょ?

Congotronics

Congotronics

コンゴ発、轟音暴走人力電気音楽、見参!!既に活動歴25年以上のキャリアを持つ、親指ピアノ奏者をリーダーとする12人編成のストリート・バンド“Konono No.1”が、初期のザップ・ママ、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、ベベウ・ジルベルトなどを世界に輩出して来た、ベルギーの新鋭レーベル“クラムド”より、シーンの最前線に送り込まれた! 
ジャケの通り彼らのメインの楽器は金属の親指ピアノ=リケンベ。しかもその音を古くなった自動車の部品で作った、ハンドメイドのマイクで拾い、エレキ・ギターのようにアンプに繋いでかき鳴らすのだ!
又、アンプを動かすバッテリーやパーカッションも廃車の部品を使用しており、それらの音を大きなメガフォンを使って解き放つさまは、まるでジャマイカの“サウンド・システム”の様!?
このエレクトリック・ミニマル・アフロ・グルーヴを聴かずにおくべきか!!

もしかして、もしかして、これって掘り出しものだった?と期待に胸膨らませて
ググッてみるとこのCDについて書いたブログの記事が。
http://dreamtime.exblog.jp/3078064/
そして聴きはじめてみると、これがまさに27分間のトランス地獄。
一部をちょっとだけ試聴ファイルあげてみます(1曲26:50全部をアプするのはさすがに厳しいので)。→こちらです。


追記:いま調べて知ったのですが、Konono No.1来日公演するんですって!!
コノノNo.1|Konono No.1
しかも渋さ知らズとの競演も!!!!ぎゃー!!

■WORLD BEAT 2006 
出演:コノノNo.1、渋さ知らズオーケストラ、他
8/27(日)日比谷野外音楽堂

■コノノNo.1単独公演
8/29(火)名古屋クラブクアトロ(052-264-8211)
8/31(木)広島クラブクアトロ(082-542-8211)
9/5(火)渋谷クラブクアトロ

■かわちながの世界民族音楽祭 "コノノ祭り"
9/2(土)、3(日)
大阪 かわちながのラブリーホール(0721-56-6100)