Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


 MAESTRO観てきました。


ハウス草創期のドキュメント映画"MAESTRO"(公式サイト)観てきました。


パラダイス・ガラージ=ラリー・レヴァンを中心に、サンクチュアリー、ロフト、
ギャラリーといった'70年代〜'80年代のクラブ・シーンを回顧するもので、
当時のDJ、スタッフ、観客らへのインタビューが中心になっています。


以前にも書いた「動くラリー・レヴァンのDJプレイ」ですが、
結論から言うと、最後にほんのちょっと(数十秒)出てきます。
まあ当時のアンダーグラウンド・カルチャーを映像に収めるのは
至難でしたでしょうから、これは止むを得ないかもしれません。
そのかわりパラダイス・ガレージやロフトでの熱狂的なクラウドの様子は
多く映し出されていて、ガレージで踊り狂うキース・へリングを見るだけでも
この映画を見に行く価値はじゅうぶんにあると思います。


映画そのものの出来としてはいまひとつだったりもします。
やっぱりこの映画の主役、ラリー・レヴァンの映像がほとんどないのはつらい。
あと、全体的なトーンがかなり暗い。特にラリーの悲惨な最期について
強引にセンチメンタルにしているのがちょっと。
話の構成も若干錯綜しているので、予備知識のない人が見るのは厳しいかも。
それでもそれを補って余りある貴重なドキュメンタリーではあると思います。


最後に、フランキー・ナックルズが言っていた言葉、
「ジャングル、ドラムンベース・・・様々な新しいクラブ・ミュージックが
閃光の様に生まれては消え、結局ロフト=ガラージ・ハウスに戻ってくる。」
確かに彼ら「マエストロ」達が作り上げたガラージ・ハウスの抗いがたい快楽を
凌駕するフォーマットは25年たってもまだ見出されていないというのは。