Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


アヴランシュゲネーでひな祭り&清澄白河パティスリーウルス!

このブログでも何度も書いてますが、
どんな状況になっても、楽しむことをやめる必要はないのですよ!
じゅうぶん注意しつつ、でもできることは全部やる!楽しむ!
それが、こんな状況で苦しんでいる多くの人を助けることにつながると思うのですねー。
いろんな意味で換気!が必要ですね!
よどんだ空気は、身体だけじゃなくて精神も蝕むからね。
心の換気、してますか?

自分はといえば、この春のような陽気に誘われて、
とことこお出かけしてますよー。
最近はちょっとギャラリーめぐりにハマっちゃって、あちこち廻ってます。

3月3日、ひな祭りですね。
最近は、ひな祭りは和菓子だけじゃなくてパティスリーも限定ケーキを販売して、今ではひな祭りはショートケーキやフレジエで祝う!みたいな家庭も増えているような。
ということもあり、多くのパティスリーがひな祭りケーキ販売していて、それぞれに魅力的だったのですが、中でもアヴランシュゲネーのフレジエがひな祭りらしい華やかさと、いかにもな感じでなくスタイリッシュだったので、これにしてみよう!と思い。
ルートとしては、
四谷三丁目でアートコンプレックス・センター東京→後楽園でゲネー→水道橋から浅草橋へ→浅草橋Taku Sometani Gallery→秋葉原に移動して、Art Lab Tokyo→帰宅というルート。
ゲネー!
f:id:nyaofunhouse:20200305210052j:plain
実は、ひな祭りフレジエ、朝イチに電話してお取り置きしておいたのです。お店着いたら、ショーケースの中アントルメはショートケーキしかなかったので、予約しておいて正解だったかも。
f:id:nyaofunhouse:20200305210408j:plain
その後、友人と合流して、先日オープンしたスーパー、ライフ コモレ四谷店でバラちらしなど購入して、ひな祭りパーティーを開催しました。
こちらが、アヴランシュゲネーのひな祭り限定フレジエです!
f:id:nyaofunhouse:20200305210624j:plain
可愛いでしょ!
パーティーだったので断面図はありません。ガツガツと食らいつくした感じ。
でも、味もすごく美味しかった!可愛いだけじゃなくて、スポンジがかなりアーモンドの香りが強くて、ムースリーヌはねっとり、甘さもじゅうぶんで、いちごのさっぱりとした美味しさがより生きる作り。友人も、「しっかりちゃんと甘いのがいいね!」とおっしゃっていました。
ライフのバラちらし他お惣菜も、値段のわりに美味しくて、合鴨のパストラミとかお酒すすむすすむ!
その後友人とは「映像研に手を出すな!」のアニメ見たり、たくさんおしゃべりして、やっぱりどんな時も楽しまないとダメだよね!ということで意見の一致をみました。さすが、わかってらっしゃる。


そして、今日。
4日は天気悪くてずっと家にいたのですが、今日は風が強いものの天気は晴朗。
今日のルートは、
秋葉原のアニメイトでアニメ「マギアレコード」のEDのCDをゲット→東銀座のGallery Mumon→銀座から清澄白河のondo Stay&Exhibitionへ…という流れ。
最終目的地は清澄白河だったのですが、せっかくだからケーキ買おうかと。

清澄白河のパティスリーといえば、やはりアンヴデットが思い浮かびますよね。
すごくいいパティスリーです。が、最近は渋谷のスクランブルスクエアに出店したりして、いつでも買えるよなーという。
で、色々調べてたら、「パティスリーウルス」というお店が、ギャラリーから遠くない場所にあるみたい。なかなか良さそう。
じゃあ、今回は新規開拓、いってみましょうかね!
ということで、川を渡り
f:id:nyaofunhouse:20200305210652j:plain
パティスリーウルスへ。
f:id:nyaofunhouse:20200305210935j:plain
どうやらこのお店は、くまをイメージキャラクターにしたお店らしく。
店内入ると、ちょっと狭いですが、ショーケースの中には定番のケーキからちょっと野心的なケーキまで様々揃ってました。
その中から、美味しそうなケーキをチョイス。
強風の中、ひーひー言いながら帰ってきました。

パティスリーウルスのケーキ、まずは、テトロン!
f:id:nyaofunhouse:20200305211004j:plain
このケーキは、紅茶(テ)とレモン(シトロン)で、テトロン、ということのよう。
食べてみると、レモンの軽い酸味と香りの良さ、紅茶の風味、そしてちょっと蜂蜜っぽい甘さ。
なので、一緒に食べるとはちみつレモンティー、みたいな感じ。
散らしてあるナッツがアクセント。親しみやすいけど丁寧に作られている感じです。

次に、タルトセゾン。
f:id:nyaofunhouse:20200305211033j:plain
季節のタルト、当然今はいちごですよね!
見ての通りタルト部分が厚い。
断面はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20200305211049j:plain
分厚いタルト生地の中にはクレームダマンドがたっぷりと。
アーモンドの香りもよく、食べごたえあります。重さがいちごのフレッシュな美味しさを引き立てる。
タルト生地自体もよく焼かれていて、さっくりバターの美味しさが。
これはかなり美味しいんでないかい?

次も春らしいケーキですね、その名も「ソメイヨシノ」!
f:id:nyaofunhouse:20200305211116j:plain
このケーキは、名前にたがわず、桜餡を中心にしたケーキ。桜はかなり香り強め。そこにラズベリーのジュレの甘酸っぱさと、ミルクチョコムースのまろやかさが洋風にまとめ上げて、かなりいい感じの和洋折衷ケーキになってます。和に振れすぎてないのがいい。

そして、キャラメルポワール。
f:id:nyaofunhouse:20200305211146j:plain
エディブルフラワー一弁置いたり、オシャレですねー。
このケーキは、名前の通りキャラメルと洋梨のケーキ。
キャラメルは焦がしたほろ苦さプラスちょっとコーヒーっぽい苦味も。
やや苦味が強いかなー。
洋梨はさっぱりとして量もちょうどいい。
下の白いムースがかなり柔らかくて、そのために全体が潰れ気味になってるのがちょっと残念かも。

カフェフィグ。
f:id:nyaofunhouse:20200305211205j:plain
ちょっと強風で側面に保冷剤くっついちゃって剥げちゃいましたが・・
こちらのケーキは、コーヒーといちじく、のケーキ。のはずなんだけど、チョコガナッシュの主張が強すぎて、他のパーツが生きてこない感じ。いちじくとか入ってるかなー?ちょっとケーキの種類間違えた?という気もしますが・・でもチョコケーキとしてはかなり濃厚で美味しいです。濃いチョコガナッシュと生クリームの対比がいい感じ。

最後、焼き系タルト。いちじくのタルトです。
f:id:nyaofunhouse:20200305211220j:plain
いちじく、この時期どうかな?と思ったけど、しっかり青臭くて、野趣あふれる美味しさ。だめな人はダメなタイプのいちじく。自分は青臭いの大丈夫なので、美味しかったです。焼きもしっかりしているし。


・・・ということで、パティスリーウルス、かなりいいです。アンヴデットは精緻に組み上げた構造的な美味しさがあるけど、そこまで凝りまくった感じではない。けど、仕事は丁寧だし、親しみやすさの中に個性もあって、規模は小さいけどいいお店。


・・・ということで、世間の空気がどんよりしていても、自分はオシャレしてどんどん街にでかけてますよ!これからも美味しいケーキや楽しいこといっぱいする予定!そしてお金を落として経済を回す!Nobody can stop me now!なのです!