Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


パティスリーリョーコのフレジエは今年も最高!でも・・・

今日のお話をする前に、ちょっと昨日のお話を。
昨日は、朝から色々と都市巡回してました。
銀座→渋谷→蔵前。
3箇所とも、最近ハマってるアート関連だったのですが。
一日雨で、ちょっとツラい感じでした。
最後に蔵前で用事を終えたのが15時近く。

最初は予定してなかったのですが、そういえば蔵前、ステキなお店いっぱいあるよねー。
ちょっと寄ってこか?
・・・ということで、まずはパティスリーフォブスへ。
フォブスでイートインか、ダメでもゴーフルかじりながら帰るとか・・
と思ったのですが、
f:id:nyaofunhouse:20200123142622j:plain
おう、23日まで冬季休業。
それは残念。
まあ突然決めたことなので、しかたないですね。
では・・
f:id:nyaofunhouse:20200123143139j:plain
すぐ近くのペリカンカフェへ。
ここは、食パンといえば!の老舗、ペリカンのパン、が食べられるカフェ。
カフェできたのは結構前だったのですが、かなり人気ということで、自分はほとぼりが冷めた頃に・・なんて思ってたのですが、
昨日はちょうど雨の午後、店内ゆったりとした時間が流れていて。
よかったよかった。

ペリカンの食パンを使ったメニュー、甘いの塩っぱいの色々、黒板にもメニューが書いてあって、悩ましかったのですが、せっかくだからと、甘いのと塩っぱいの両方たのんじゃいました。

まず最初にクロックムッシュ。
f:id:nyaofunhouse:20200123144259j:plain
トースト、カリッとしていて、でも中は適度にもっちりで、美味しい!
中のやけどしそうなチーズと薄いハムもすごく美味しい!
うまうま・・雨で鬱々とした日だったのですが、癒やされるー。

そして、小豆トーストも。
f:id:nyaofunhouse:20200123145048j:plain
これ、上に載ってたバターが滑り落ちた感じですね。
しかしこのシズル感!
f:id:nyaofunhouse:20200123145106j:plain
こちらは厚切りトーストをこんがり焼いた、もうさっくりふわふわの極上トースト。
そこに甘さ控えめのあんこと、ほんのり塩気のバター。
たまりませんわん・・

ほっこりーとしながら、iPhoneでツイッター見てたら、ちょうど料理通信のアカウントが、ケーキ特集についてのツイートしてて、「蔵前の菓子屋シノノメの焼き菓子は・・」云々書いてあって。
蔵前!今自分いるとこじゃん!
ということで、ちょっと引き返してたどり着きました菓子屋シノノメ。
f:id:nyaofunhouse:20200123150205j:plain
このお店は、1階がテイクアウト、2階は半月という喫茶。
喫茶も魅力的だったのですが、ペリカンカフェ行ったばかりだし、今回はテイクアウト。
菓子屋シノノメ、店内すごく独特のインテリアで、不思議な雰囲気の空間。
ショーケースは昔の和菓子屋さんにあるような小さなガラスのショーケース。
カウンターの上にはアンティークのお皿に焼き菓子が並べられていて。
その背後には、中国の薬局で使われているような箪笥。
また、店内こんなコーナーもあり。
f:id:nyaofunhouse:20200123151012j:plain
ステキ!ステキ!
許可もらって写真撮影させていただきました。
やっぱり、オーナーの毛宣惠さんが育った台湾の古い街並みをイメージしているのかも。

そんな独特の空間に並べられているお菓子は、パウンドのスライス、マドレーヌ、クッキーなどの焼き菓子。どれもシンプルだけど、ちょっと癖のある感じ。面白そう。
そんな中から、料理通信に取り上げられているものや、気になったものを購入。
傘さして帰ってきました。

こちらが、菓子屋シノノメで買った焼き菓子たち。
f:id:nyaofunhouse:20200123160758j:plain
中国をイメージさせるお店だったので、今回は中国茶を淹れて、夜のおやつに食べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20200123210601j:plain
食べる前は、ちょっと不安もありました。
こういう素朴系の焼き菓子って、時として素朴を素人臭さと履き違えているような、甘さ極端に控えめ食感極端にぼそぼそ・・と、体にいいかもしれないけどお菓子としてどうなの?ということがあるので・・
特に料理通信で、オーナーの毛さんが、甘いものはそんな好きじゃないんです、とおっしゃってて、かなり不安だなーと思ってたんです。
ですが、食べてびっくり!
すっごく美味しい!
レモンケーキはさわやかな酸味とアイシングの甘さのバランスがいいし、生地のきめも細かくてしっとり。
ラム酒漬けのいちじくとキャラメルのパウンドも、ラム酒の香り、キャラメルのほろ苦さ、しっかり出てます。食感はやや重め。
烏龍茶マドレーヌは茶葉の香りしっかり、表面さっくりとしていて焼き加減が見事、メープルのマドレーヌも甘さの加減が絶妙。
チャイガナッシュのクッキーは、ほんのりとしたスパイスの香りと、ザクザクと粗目に焼き上げた固めのクッキーが軽快。
どれも、甘すぎないけどちゃんと甘い、計算された甘さのさじ加減。
生地の配合や焼き加減も、このレシピに至るまで相当工夫されたのだろうというのが伝わってくる。
いやーこれは・・
夜遅い時間でおなかが適度にすいてた、というのもあるかもしれませんが、ベイクショップの中でもかなりのものではないか?と思いました個人的には。
蔵前はまた行く機会あるので、今度は人気というバタースコッチのスコーン、狙ってみたいですね。


・・と、ようやく今日の話に移ります。
今日は、以前から楽しみにしていたパティスリーリョーコのフレジエ受取日。
やっぱりそろそろ食べたいかな、と思って。リョーコさんのフレジエ。
でもなんか、最近リョーコさんのケーキ、予約が瞬殺、みたいで。
少し前はそこまでではなかったんだけどなー。
自分は、17日の朝10時ジャストにサイト突入、フレジエ無事予約できたのですが、10分程度で売り切れた模様。
ジャポネはもっと早いみたいで、1分とかそんな世界らしい。
ちょっとなんか、なー。
自分あんまり過当競争になるのが好きじゃなくて。長時間並ぶのもできれば避けたい派の人なので、色々危惧しますよ。
で、受取日については、本当は土曜日がよかったのですが、24日以外の選択肢がなく。
24日、病院あるんだけど15時から・・
まあ、しかたない、12時に予約、っと。
ということだったのですが・・

本当は、朝早く起きて、同じ白金台のCookie girlに行ってから早めにリョーコ着・・と思ってたのですが、寝坊しまして。
結局12時ジャストに店着という失態を。
すでに10人ぐらい並んでました。
そして、リョーコさんリニューアルしてから初めてだったのですが、お店の入り口に、ファミレスのお客さん記入欄みたいなスタンドが立っていて、そこに自分で名前と電話番号と予約数を書いてください、というシステムになっていて。
よくわからないですが、書いてから並びました。

12時の時点では自分も含めて10人程度だったのですが、その後行列はどんどん長くなり。
でもお店は開かず。
そして、どうやら紙に名前書かずに行列並んでいるらしい人がちらほらいる模様で。
待ってるお客さん明らかにイライラしてるし、はわわ~な感じ。
結局、お店が開いたのは12:30過ぎ。
そして、リョーコさんのシステムとして、ケーキできた順なんですよね。
なので、早く並んでも、ケーキの種類によってはあとから来た人に抜かされる場合も。
だいたい、モンブラン→ミルフィーユ→ジャポネ→フレジエの順番かな。
なので、フレジエ待ちの自分は、さらに待たされることに。

そして、案の定スタッフの人と待ちくたびれたお客さんとの小競り合いが。
殺伐としてるなー。
スタッフさんに文句を言っても状況は変わらないよ、と思いつつ、でもイラつく気持ちもわかる。
普通、12時に取りに来てください、って言われて、40分以上ほったらかしにされたら、ちょっと待って、てなりますよねー?

かくいう自分は、お店に到着したのが遅かった時点で、1時間待ちコースは覚悟してましたので、泰然自若としたものでしたよ。
結局12:50にフレジエ受け取ることができ。
大急ぎで帰ってきました。なにせ14時半には今度は病院に行かないとなので。


そんなこんなで、受け取りました、今年のパティスリーリョーコのフレジエ、16cmですよ!
f:id:nyaofunhouse:20200124134606j:plain
どーです!やっぱり大迫力ですね。
側面のフィルムをはがします。
f:id:nyaofunhouse:20200124134950j:plain
じゃじゃーん!
上からのショット。
f:id:nyaofunhouse:20200124135013j:plain
アップ。
f:id:nyaofunhouse:20200124134958j:plain
やっぱり、ここのフレジエは、いろいろな意味で箍が外れてる。どうかしてる。
まあオペレーションもどうかしてるんですけど、この迫力は他ではなかなか得られない。
切ってみましたよー。
f:id:nyaofunhouse:20200124135438j:plain
アントルメなので、もう思いっきり大きく切りました。
f:id:nyaofunhouse:20200124135155j:plain
食べてみます。
・・・おー!
やっぱり美味しいですねー。
いちごはさっぱりとして甘さ酸味とも抜群。
ムースリーヌは思ったよりしっかりとした固さで、バニラの香りと、ちょっと練乳っぽい甘さが。
少なくとも雪崩が起きるような柔らかさではない。
表面のコンフィチュールは、いちごとラズベリーのあわせ技かな?甘酸っぱいです。
そして、スポンジがしっとり甘くて、存在感ある。
まあ、全部のパーツが美味しいんですよ。
そして、フレジエは飲み物なので、あっという間に半分食べました。
f:id:nyaofunhouse:20200124135726j:plain
だって、お客をさんざん待たせてまで出来立てにこだわってるなら、お寿司と同じく、なる早で食べないともったいないじゃないですか。
・・というか、ナイフとフォークが止まらない、というのが正直なところ。
結局、病院に行く前に、ほぼ食べ尽くしてしまいました。
美味しかった!


・・・とはいうものの、やっぱり腑に落ちない部分も。
出来立てのケーキを出したいというのはよくわかる。そのためにお客をある程度待たせるのも、まあ多少なら仕方ないですよ。
でも、現状オペレーションがあまりにもグダグダすぎでは?やっぱり、予約時間を設定しておいてお客を1時間以上待たせるのはよくないですよ。
リニューアルして、プチガトー用のショーケースを全部撤去して、巨大な冷蔵庫作って、バックヤードも充実させて、で、なんでこんなに時間かかるんですかね?
やっぱり、楽しみにしているお客さんをキレさせちゃだめ、だと思うのです。


・・ただ、その後ツイッターでアドバイスいろいろもらったのですが、
殺人的に待たされるのは14時ぐらいまで、その後はスムーズになって、16時とかになるとほぼ待ちはない、とのこと。
ほー、それは、いい情報ですね!
じゃあ、次回以降は少し遅めに予約することにしましょうか。

・・というか、本当は土曜日の午後3時、15時に予約したいんです。
というのも、近くのアコテパティスリーが、土曜の15時から、気まぐれで生ケーキ売ることもある、最近はあんまり作ってないみたいだけど、なもんで、それを絡めたい。
でも、プルダウンメニューに選択肢がない。そうなると仕方ないですよね。
ケーキ自体はすごく美味しいので、オペレーションのせいで殿様商売だ信者商法だと言われるのは本当にもったいない。
ちょっと考えてほしいなーとは思いました。

さてさて、フレジエ活動も本格的になってきましたが、
2月にはVery Specialなフレジエをゲットできる、見込み。
もう今から楽しみで・・