Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


ガレットデロワ&ガレットデロワ&モンブランなど・・

みなさん、お正月気分はもう抜けましたか?
新年のガレットデロワは召し上がられましたか?
花びら餅も食べておかないとですよ!
・・自分は花びら餅まだですが・・

でも、ガレットデロワはかなり食べました。
ほんと、ツイッターやインスタで情報収集していると、食べたいガレットデロワがどんどん増えてきて・・
先日はミシャラク・ラエール・レザネフォールのガレットデロワを食べましたが、
その後はと言うとですね・・


1/8から新宿伊勢丹マ・パティスリーには福生のパティスリー、カフェ・ドゥ・ジャルダンが出店。
カフェ・ドゥ・ジャルダンといえば王様のモンブランですが、ガレットデロワも栗が入っていて美味しい、という情報。
それは食べてみたいですねー、ということで、買いに行くことに。
その日は他にも用事があったので、生ケーキは別の機会に、ということにしてましたが、
マパテのショーケース見たら、王様のモンブラン、現行のカップ入りと、オリジナルの王冠かぶったスタイルと両方出てた。アントルメは相変わらずでっかい王冠かぶって、堂々としている。
他にも和栗を使ったケーキ色々出てて、やっぱり和栗に自信があるんでしょうね。
そんな自慢の和栗を使ったガレットデロワ、どんなかなー?
こんなです!
f:id:nyaofunhouse:20200108142135j:plain
別添フェーヴは富士山の形。おめでたいです。
断面図はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20200108142234j:plain
おー、栗の渋皮煮がごろごろと。
食べてみましたが、ほっこりとしたフランジパーヌに、どこを食べても和栗渋皮煮が出てくるので、栗!美味しい!という感じです。
やっぱりここの栗はすごくいいですね。パイもさっくりとしていて、かなりレベルの高い変わり種ガレットデロワです。

翌9日は、朝早くに家を出て、四谷→赤坂見附→溜池山王へ。
溜池山王、南北線というチョイスもあるんだけど、降りたり昇ったりが多くて、かなり時間かかる。
なので上記丸ノ内線銀座線ルート使ったんだけど、ちょうど通勤ラッシュ時だったので、むぎゅーと潰されてきました。
そうこうしてたどり着いたのが、溜池山王駅すぐ、パスカル・ル・ガック東京。
f:id:nyaofunhouse:20200109095111j:plain
パスカル・ル・ガックではチョコのガレットデロワを販売する、というのを聞いて、そりゃ買いたい!と思ってたのですが、どのぐらい人気かわかんないから、一応開店前に来たのですが、誰もいない。
看板はありました。
f:id:nyaofunhouse:20200109095209j:plain
全然余裕で買えそうだったけど、まあいいや。
開店と同時に店内に入り、ガレットデロワと、ケーキをいくつか購入。

こちらが、パスカル・ル・ガック東京のガレットデロワです!
f:id:nyaofunhouse:20200109103323j:plain
別添フェーヴは亀さん。ル・ガックさんが亀好きなので、ということらしいです。
そして、このガレットデロワの特徴、横からの図。
f:id:nyaofunhouse:20200109103337j:plain
このように、横からパイ生地を割って、間にチョコクリームを詰めているスタイル。
さすがショコラティエのガレットデロワという感じですね。

断面はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20200109105802j:plain
パイを割っているだけに、やっぱりどうしても剥離してしまうのは仕方ないところ。
チョコクリームはたっぷりですねー。

このガレットデロワ、インストラクションの紙がついていて、リベイク推奨、とのこと。
チョコがとろり、パイはさっくりになる、ということで。
ならば、と、リベイクしたのとしないのと並べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20200109105527j:plain
左の、常温のを食べてみましたが、パイがはらはらとしていて、とにかく飛び散る。
すごくパイ軽いです。ふわっとして軽やかで、そして飛び散る。
チョコクリームは、やっぱりさすがの美味しさですねー。格の違いがある。香りが素晴らしい。
一方リベイクすると、チョコがとろけだして、食べるとカカオの香りが強調されて、甘さも強まって、より濃厚に。パイ生地もリベイクするとバターが浮き出す感じで、じっとりした食感になりますね。手がバターの油でべっとりになる。
自分はリベイクあんまりしない性質なのですが、今回のも、たしかにリベイクするとほかほか濃厚になりますが、常温でもじゅうぶん美味しいです。これはもう好みですね。

パスカル・ル・ガックのケーキは、2つ買いました。
ダクワーズピスターシュ。
f:id:nyaofunhouse:20200109110106j:plain
いちごいっぱい!
でも、名前の通り、主役はピスタチオ。
さっくりねっちりのダクワーズにたっぷりと練り込まれたピスタチオ、その上に濃厚ピスタチオクリーム、さらにトップにもピスタチオのトッピング・・と、ピスタチオの豆っぽさを存分に味わえます。かなり濃い。
それだけに、甘酸っぱいいちごのさっぱりとした美味しさが引き立つ。さらにいちごのコンフィチュールで味を整えていて、すごく美味しいいちごピスタチオダクワーズです。

そして、ショコラフランボワーズ。
f:id:nyaofunhouse:20200109110905j:plain
いかにも濃厚そうな見かけのケーキ、実際チョコ感がすごい。
チョコの香りはもちろん素晴らしくて、食感としてはガナッシュやムース、スポンジだけでなく、薄い板チョコも挟んであったりして、多彩。
ラズベリーのジュレも、酸味よりもベリーの凝縮した味わいを感じさせて、味が強い。
ありきたりな組み合わせのチョコとラズベリーですが、さすが強烈な印象を残すケーキになってます。
ル・ガックさんのケーキは、値段はまあ海外ブランド標準価格で安くはないですが、1個1000円とかはしないし、でもその割には贅沢に作られているので、意外と侮れない。特にチョコ系はさすがの美味しさ。
ル・ガックさん、超豪華パフェでも話題になりましたし、単なる舶来ショコラティエではない魅力を発揮していますね!

そしてそして、今日10日。
今日は新宿に用事があったので、ついでに伊勢丹に行って、先日買えなかったカフェ・ドゥ・ジャルダンのケーキを買ってきました。

こちらが、王様のモンブラン、オリジナルです。
f:id:nyaofunhouse:20200110134452j:plain
この可愛いフォルム!やっぱりこれでないと、という感がありますね。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20200110134949j:plain
和栗クリームのほっくり感、ガレットデロワでも楽しめた渋皮煮の美味しさ、やや固めのメレンゲと、やっぱり王様の名前にふさわしい、素晴らしくよく出来たモンブランです。
カップ入りにされたのは、まあお考えがあってのことだと思いますが、やっぱりこっちが好きですねー個人的には。

そして、カフェ・ドゥ・ジャルダンのケーキ、もう1個、まんまるリンゴムースです。
f:id:nyaofunhouse:20200110133519j:plain
可愛い!可愛い!
りんごまるごとです。
断面はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20200110133634j:plain
ふんわり甘いりんごのムースに、中央にりんごの甘いコンポート、タルト台はさっくり、チョコの中にもりんごコンポートが入ってて、りんごのさっぱりとした風味と煮詰めた甘さが両方楽しめる。
見て可愛い、食べて楽しいケーキです。


・・・ということで、今年のガレットデロワは、いちおう終了、かな。
他にもユウササゲとか、恒例のレピキュリアンとか、インスタで気になってたル・マグノリアとか心残りのガレットデロワもありますが、きりがないので。
だって、見てくださいよこの王冠の山。
f:id:nyaofunhouse:20200110131119j:plain
もうじゅうぶんでしょう。
これからは、フレジェですよ。本格的に。
まあガレットデロワ頑張りすぎたので、お財布と相談しながらフレジェ楽しみたいと思います。