Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


新年ガレットデロワ&ガレットデロワ&ガレットデロワ&パネトーネ!

2020年のお正月も、もう終わりですねー。
今日から仕事初めの方も多いのではないでしょうか?

当方のこの冬は、TVアニメが豊作でどうしよう?という感じです。
年間トップレベルの作品が何作も放送される・・大変・・

ケーキ生活の方は、まあそこそこ。
ガレットデロワが美味しそうで、ワクワクしてます。

ガレットデロワ、もちろんスイーツ好きには知られた存在ですが、
ここ数年で一気に一般化した感じありますね。
遠からずコンビニにも並ぶのではないだろうか・・
自分は、昨日おとといとガレットデロワ食べましたよ。


まず1月4日。
この日は伊勢丹へ。
伊勢丹では、今年の新春はガレットデロワ推しで、多くのパティスリーでガレットデロワ買えるとのことだったのですが、自分は去年のうちに予約してありました。
それを受け取りに。

チョイスしたパティスリーは、ミシャラクさんとアルノー・ラエールさん。
伊勢丹では横並びですね。
ラエールさんは、広尾のお店は15日までお休みなので、ガレットデロワを早く受け取るのは伊勢丹しかない。
ミシャラクさんのも限定ということで、予約したほうが無難かなーと思って。
そしたら、受け取りの時にミシャラクの店員さんいわく、ガレットデロワめちゃめちゃ好評で4日も自分が行った時点で店頭売り残り1台だったそう。
予約しておいてよかったかも。


伊勢丹ガレットデロワ、予約した段階では一人で食べる予定だったんだけど、友人がガレットデロワ食べたい!ということで、ガレットデロワパーティーを開くことに。
こちらがミシャラク&ラエールのガレットデロワですよ!
f:id:nyaofunhouse:20200104144416j:plain
左のがミシャラクさんの。レイエがない、粉糖で「AMANDE」と書かれたモダンなスタイルはいかにもミシャラクっぽい。これはパリのお店のとほぼ一緒のフォルム。
ラエールさんのは、小さいサイズにしてみました。こちらは表面赤いけど、伝統的なスタイル。

切ってみました!
f:id:nyaofunhouse:20200104150321j:plain
食べてみたのですが、両者全然違う作りで、とても楽しかった!
ミシャラクさんのは、パイはごく薄めでカリッと。表面はキャラメリゼしてあります。そして中のアーモンドが、量もたっぷりだけど、アーモンド超濃厚!香りもアーモンドの香ばしさプラス杏仁香が強烈!とろっとした食感で、表面に「AMANDE」と大書するだけのことはある。アルコールは使ってないんだけど、アーモンドの香りで酔いそう・・そのぐらい強烈です。
フェーヴは特製のマスク型。別添。

アルノー・ラエールさんのは、トラディショナルなスタイル。パイはさっくりと厚め、軽く塩気で食感も軽い。フランジパーヌは量・味とも適量。普通に美味しい。驚きはないかな。正統派スタイル。それよりもフェーヴがないのが残念ですよー。ラエールのフェーヴ、小さいサイズだからないのか、そもそもないのかは不明。
ともあれ、友人と楽しいガレットデロワパーティーできてよかった。ミシャラクのガレットデロワはかなりもたれる重さだったので、一人だったら持て余してたかも。



そして、翌5日もガレットデロワ!
行ったのは恵比寿。
レザネフォールでガレットデロワを買おう、というのと、レザネフォール行くなら、前から行きたかった話題のお店、「LESS by Gabriele Riva & Kanako Sakakura」に行こうと思って。
LESS、基本はパネトーネ専門店なんだけど、ケーキやタルト類、クッキーなんかも売ってて、でもケーキは今はメールによる完全予約制。
あと、たまにデセールも出す、らしい。
何が飛び出すかわからないけど、まあなんか収穫あるでしょう、ということで、恵比寿ガーデンプレイス近くのお店へ。
f:id:nyaofunhouse:20200105142326j:plain
そこまで広くない店内、厨房はかなり広く、イートインスペースは小ぢんまりとしてます。
店内入ると、先客の方がみんな席に座って何か食べてる。
おそるおそる店員さんに、みなさん何を召し上がっていらっしゃるので・・?と聞くと、チーズケーキがデセールとしてあるらしい。
どうやら14時からスタート、数量限定、とのこと。
自分が到着したのは14時20分ぐらい?
まだあります、ということで、まずはそれをいただくことに。
飲み物は、ストロベリーのハーブティーを。

こちらが、タレッジオのチーズケーキです!
f:id:nyaofunhouse:20200105142945j:plain
奥がメインのチーズケーキ、左の四角いのはタレッジオチーズ、右のオレンジのは自家製マーマレード、手前が無糖の生クリーム。
まずはチーズケーキ食べてみました。
f:id:nyaofunhouse:20200105142956j:plain
おー、美味しい!
チーズの酸味、くさみ。
それに卵の風味とバニラの強い香り。
食感はとろりと。柔らかい。
左の、元となったタレッジオチーズを食べてみると、かっなり癖が強いチーズ。くさみも強い。
それを、うまく生かしてチーズケーキに昇華させている。
これはなかなか。
生クリームと合わせるとまろやかになるけど、マーマレードと合わせると美味のボルテージが上がる。マーマレード自体美味しいけど、チーズと合わせると絶品です。
これは来てよかったー!

チーズケーキ食べ終えて、帰りにテイクアウトのクッキーとパネトーネを買って、お会計してたのですが、その途中で、厨房から「ちょっと作りすぎたので・・」ということで、いちごのタルトが出てきましたよ?
おわ、これ買えるんですか?と聞いたら、買えます、ということで、即決。購入。
ちょっと自分、かなり「持ってる」じゃない?ケーキ運だけは。
そして、会計時にお客さんが来てチーズケーキ注文しようとしたら、売り切れですーってなってた。まだ15時前だったんだけど。おわー、色々ベストタイミング!
ということで、思いがけずLESSのケーキもゲットして、レザネフォールへ。
f:id:nyaofunhouse:20200105150027j:plain
こちらが今年のガレットデロワですね。
f:id:nyaofunhouse:20200105150356j:plain
レザネフォールでは事前に電話予約してたので、スムーズに購入。
LESSでは保冷剤入れないので、急いで帰ってきました。


まずは、LESSのレアなケーキ、「ストロベリー トーフ タルト」です!
f:id:nyaofunhouse:20200105162217j:plain
表面のツヤツヤは、ゼリーですね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20200105162846j:plain
このタルトは、いちごを主役に、豆腐、味噌、梅干しを加えた、独創的すぎるタルト。
食べてみましたが、味もすごく独創的。
豆腐の風味はそこまで残ってないのですが、梅干しの塩気と強烈な酸味、味噌の麹っぽさが十分に感じられて、でも、味としては一体感があって、構成を聞いた時はどうなるかと思ったのですが、意外にまとまりがいい。軽い塩気が強い酸味と合わさって、心地よい。いちごのさっぱりとした甘酸っぱさが生かされている感じ。
あと、梅干しと味噌以外にも、ちょっとハーブ?というか紫蘇?みたいな風味も。
繊細で個性的ですが、頭でっかちというより必然性の感じられる味で、クリエイションとして好きかも。
噂では、シグネチャーのりんごタルトもかなり酸っぱいということで、酸味しっかりがお店のカラーなのかも。
りんごのタルトもいつか食べたいし、季節によってケーキ様々に出るみたいなので、今後もチェックしたいですねー。

そして、LESSといえば、のパネトーネ。
f:id:nyaofunhouse:20200105163350j:plain
背が高い。
1/4カットのはそこまで値段しないのでいいですね。
左がアグルミのパネトーネ、右がGRパネトーネ、
アグルミは柑橘類、GR(Gabriele Rivaシェフの頭文字だそう)パネトーネはチョコチップとヘーゼルナッツ。
強烈に印象に残るのが、袋から出した瞬間に、むわっとした発酵の香りが強く香ったこと。
発酵臭なので、ちょっとすえたような、酸っぱいような香り。
これは健全に発酵している証拠なのですが、発酵に慣れてないと、ちょっとびっくりするかも。
食べてみましたが、表面はさっくり、中はしっとりもっちり引きがある。
さすがパネトーネ専門店を標榜するだけあって、普通に食べることができるパネトーネとは次元の違う美味しさ。そんなパネトーネいっぱい食べたことないですが、こんな美味しいんだ・・と思うぐらいには違う。
トップにはあられ糖、中の柑橘ピールやチョコチップは甘いので、全体的な甘さとしてはじゅうぶん、生地自体の甘さは控えめ。発酵生地独特の美味しさがあります。

そして、クッキー。
f:id:nyaofunhouse:20200105161750j:plain
左からチョコチップクッキー、シシリアンピスタチオクッキー、ピーナッツガラムマサラクッキー。
クッキーは表面ざっくりザクザク、中はややねちっと。
トップに載ってるナッツ類が豪華で、食べごたえがある。
クッキー自体も軽く塩気があるんだけど、ナッツ類が塩気あって、かなり甘塩っぱい。
ピスタチオが豆っぽさすごい。
ピーナッツ+ガラムマサラは、エスニックな雰囲気とともに、ちょっと「イカピー」みたいな甘辛スパイシーな美味しさ。食べにくさは皆無。ただ3つ食べるとかなりお腹いっぱいになります。


レザネフォールのガレットデロワはこちら。
f:id:nyaofunhouse:20200105164542j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20200105164732j:plain
レザネフォールのガレットデロワ、去年はフィグレザンというスタイルで、フィリングがミンスミートみたいな感じだったのですが、今年のはアマンドフィグレザンノワ、みたいな構成。
アーモンドを中心に、いちじく、レーズン、くるみがバランス良く配合されていて、去年より面白さという意味では減っているけど、美味しさは変わらず。パイもよく焼かれています。
フェーヴは別添。


・・ということで、4日5日でガレットデロワ3台食べました。with友人。
まだまだ食べたいガレットデロワあって、特にパスカルルガックのチョコガレットデロワは狙ってます。買えるかわかんないけど。

そして、本来なら今日が公現節(エピファニー)。ガレットデロワは本来今日食べるものですよ。
みなさんは、ガレットデロワ召し上がられましたか?