Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


今年のクリスマスイヴイヴイヴはシャンドワゾーのクリスマス限定ケーキ!

こちらのブログではお久しぶり!誕生日ケーキ以来ですかね?
誕生日以降、意図的にケーキ生活を抑え気味にしていまして・・
でも、13日には友人からアルカションのケーキをいっぱい差し入れしていただいたり、
カフェミクニズのシュトーレン食べたりして、そこそこ充実はしていたのですが・・

ですが、そんな抑制の日々はもう終わり!
これからはクリスマスにかけて、突っ走りますよ!

まずは今日、クリスマスイヴイヴイヴの曇り空の中、到着したのが、
全国一住みやすいこの街。
f:id:nyaofunhouse:20191222113917j:plain

川口が全国一住みやすいって、ほんとかなー?
そのわりにはそごうなくなったりするみたいですが・・
まあ、川口にはこのお店があるだけでQOLは爆上がりですけどね!
f:id:nyaofunhouse:20191222114915j:plain
シャンドワゾー、クリスマスシーズンということで行列も覚悟してましたが、行列はなかったです。
けっこう早めに行ったからね。
でも、店内はごった返していました。

ショーケースの中は、クリスマスシーズンということでプチガトーはなし、上段が大きめのショートケーキ、下段が小さいサイズのクリスマスアントルメがずらりと並んでいて、中には普段店頭に並ばないケーキも。
これが目当てだったのです。クリスマス限定のケーキ。
限定ケーキ、数種類ありましたが、その中から事前情報で気になってた2種類をゲット。
安かったー!クリスマスケーキはめっちゃ高いイメージあるから、2つ買ってこの値段!?と驚愕。
しかもグラシエでのドリンク割引券ももらえるので、せっかくだからと、グラシエ・ショコラティエ(通称黒シャン)へ。
f:id:nyaofunhouse:20191222115627j:plain
グラシエ、限定だったマロンのミルフィーユは終売、パンベルデュは、どうやら自分の前のお客さんで売り切れた模様。なので、シューピスターシュを頼みました。
もちろん飲み物も!
しばらくして、来ましたよー!
f:id:nyaofunhouse:20191222120549j:plain
ややごっつい格好のシューですね。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20191222120710j:plain
このシュー皮すごくて、サクサクとかカリカリとかじゃなくて、切るとバリッバリという音がする。
食べてみても、食感ガリッガリ。
口の中切りそうな勢い。
ピスタチオクリームはなめらかで、コクはあるけど、そこまで豆っぽさはないかな。
美味しいですが、これ1個だけだとちょっと物足りない。
ということで、アイスを追加。
f:id:nyaofunhouse:20191222121649j:plain
上が限定のマロン、下がシャンティフレーズ。
上のマロンはプレミア価格なんだけど、めっちゃ美味しい!
和栗!ほっくり!栗の味わいが凝縮されていて、たまりませんよこれは。
下のシャンティフレーズは、ふんわりした甘さの中に軽くいちごのフレーバーがあって、こちらも美味しい。
けど栗!これは素晴らしかったですねー。

ということで、イートインも済ませて、家に帰ってきました。
帰りには雨もパラついてきて、早めに行って良かったですよ。

ではでは、今年のクリスマスイヴイヴイヴケーキはこちらです!
f:id:nyaofunhouse:20191222143409j:plain
どちらも、凝りに凝った、というわけではないけど、しっかり手がかかってるし、チョコレートの飾りが豪華で、クリスマスケーキとしてかなりいい感じ。


両方の断面はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20191222144056j:plain


こちらが、シトロンシャンパーニュ。
f:id:nyaofunhouse:20191222143645j:plain
こちらはホワイトチョコの飾りをあしらった、白を基調としたケーキ。
構成としては、甘酸っぱいレモンクリームを中心に、シャンパンとブランデーのムースの渋み、ホワイトチョコのミルキーな甘さ、生クリームもたっぷり、最後にオレンジピールのアクセント。
レモンとホワイトチョコがメインなんだけど、お酒がかなり強めに感じられる。アルコール分は飛ばしてあるっぽいけど。
レモンはシャンパンと、オレンジはブランデーと相性がいいので、そのあたりも考えられているっぽい。
見かけはかなりファミリー向けで可愛いんだけど、味わいは意外にも大人っぽい。
すごく美味しいケーキです。


もう一つが、ノエルマロン。
f:id:nyaofunhouse:20191222143711j:plain
こちらは黒いチョコレートを基調とした構成。
一番上には、栗の甘露煮と渋皮煮が交互に並べてあるゴージャスさ。
その下は利平栗と洋栗を合わせたマロンムース。
さらにチョコスポンジとチョコクリーム。
栗の香りとほこほこした美味しさもあるんだけど、チョコがかなりほろ苦。
チョコ自体の苦味もあるし、コーヒー?アルコール?そんな大人びたビターな風味が感じられる。
チョコはクリーム仕立てなので、鈍重ということはないけど、けっこう重めの作りです。
苦味が強いし、栗とチョコレートの大人味のケーキ、という印象。
これも、見かけに対して非常に大人好みのケーキです。


・・・ということで、今回購入したクリスマス限定ケーキ、どちらもかなりアダルトな美味しさで、ちょっとびっくりしました。もっと子供向けの味に調整しているかと思って。
でもあれですね、これは、子供はショートケーキでも食べてな!これは大人のクリスマスケーキだよ!という意思表示なのかもしれませんね。
どちらも、クリスマスの忙しい時期のケーキなのに、ちゃんとした構成で、味もベタッとしてなくてメリハリがちゃんとあって、細かいところまで手が行き届いた素晴らしいケーキでした。
さすがです!


さてさて、これから24日にかけて、どんなアマタマ生活を送ることになるのか?
ワクワクが止まらないですよー!!