Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


今年の誕生日ケーキはラ・パージュさんの美の結晶ケーキ!

はい、今日は自分の誕生日です。
年齢については聞かないでください・・憂鬱になるので。

でも、そんな憂鬱も吹き飛ばす、誕生日ケーキ、今年もゲットしてきましたよー!
今年は、こちらのお店です!
f:id:nyaofunhouse:20191206130105j:plain
はい!先月お伺いした、北習志野ラ・パージュさんですね!
先月訪問時に、誕生日ケーキの予約をしていました。

ラ・パージュのケーキについては、味も素晴らしいのですが、特にケーキの美しさが群を抜いていて、チョコレート細工がもう工芸品のよう。その美しさはプチガトーでも十分堪能できるのですが、
数年前の柴田書店カフェ・スイーツのデコレーションケーキ特集に、ラ・パージュの特別に美麗なケーキが掲載されていて、もう見た瞬間惚れてしまって、いつかはこれお願いしたい・・!と思ってました。

それで、先日お店に行ったときに、キンドル持っていって、このケーキみたいな感じでーとお願いしたのですが、その時は松井シェフが不在だったので、後ほどご連絡しますーということで。
で、数日後、松井シェフじきじきにお電話くださって、あのケーキは基本普通には受けてないんですよーという話だったのですが、じゃあ、それに近い感じで・・・ということで粘ってみたところ、ちょっと考えさせてください・・ということで、その時は保留になったのですが、後日、またお電話いただいて、引き受けてくださる、ということになり。
ほんと、クリスマスケーキの準備で忙しい中、引き受けてくださって、感謝しかないですよ。

そして、今日、再び北習志野へ。
ケーキ受け取る前に見せていただいたのですが、もう、雑誌に載ってたケーキと、ほぼ同じフォルムにしてくださって。
もうすごいの。感動。
正直ラ・パージュ、うちからだと往復3時間以上、交通費2000円近くかかるけど、それでも、このケーキはこのお店でしか作れない、そんなケーキなので、惜しくない、ですよ。
そんなわけで、午前中に家出て、帰ってきたら午後3時でしたが・・

こちらが、今年の誕生日ケーキです!
f:id:nyaofunhouse:20191206151208j:plain
美しい・・・ほんと、ケーキとは思えないですよね。
上から撮影すると、アイフォンが写り込んでしまいます。
f:id:nyaofunhouse:20191206151130j:plain
このチョコレート細工。黄金のメダイヨンが中央にあって、周囲は銀色の草をかたどったチョコレート。
まるでバロック時代の工芸品、芸術品のようではないですか?
アップにもしてみました。
f:id:nyaofunhouse:20191206151230j:plain
横からも。
f:id:nyaofunhouse:20191206151912j:plain

この完璧な美しさがあるので、プレートどうしようか?とも思ったのですが、
いちおうつけてもらいました。
f:id:nyaofunhouse:20191206153704j:plain

これ、切るだなんて大それた事・・とても出来ない・・・
と思いましたが、切ってみます!
f:id:nyaofunhouse:20191206154152j:plain

こちらのケーキ、ベースとなってるのはスペシャリテのひとつ、グアナラというケーキ。
ヴァローナのグアナラをふんだんに使った、リッチなチョコケーキです。
どっしりと重く、ねっとりとしたムース、ガナッシュ、グアナラの苦味と香りの良さが際立っています。全体が赤いせいか、ラズベリーっぽい雰囲気も感じますが、多分使ってない。でも、軽く酸味は感じるので、これはチョコ由来かな?どうだろ?
そして、食感も、ねっとりしたガナッシュを中心としているけど、一番下はアーモンドとカカオニブがいっぱい入ったヌガチンで、カリカリッと軽快。これがいいアクセントになってます。
濃厚で重いのですが、口溶けのよさとカカオニブで飽きさせない。
大胆に切って、どんどん食べていきます・・
f:id:nyaofunhouse:20191206154616j:plain
美味しい・・・美しい・・

ということで、今年の誕生日ケーキはこんな感じでした。
ラ・パージュでしかありえない、美しいケーキで、感動ひとしお。味も最高でした。
松井シェフにはほんと感謝しかないです。
遠かったし、帰りなかなかバス来なくて寒くて泣きそうでしたが、行ってよかったです。
ラ・パージュ、ほんと千葉には珍しい素晴らしいパティスリーなので、遠いというのはよーくわかりますが、ぜひ一度訪れてみてください。美麗ケーキが待ってますよ!