Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


今シーズンもフレジェのスタートはアルカションから!

まだ11月だというのに、すでにあちこちからいちごの便りが。
インスタやツイッターで、「フレジェはじめました!」という投稿がたくさんのパティスリーから届いています。
うわー、すごいなー。
確か去年の11月は、ごく一部のパティスリーがフレジェはじめていて、早いよ!早すぎるよ!とか言ってたのが、今年はもう当たり前のように11月からフレジェ。
いや、フレジェ好きとしてはすごく嬉しいんだけど、季節感とかほんとないよねという。
まあこれも農家さんの努力の賜物、ということなんでしょうねー。

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはアルカションが登場。
この時期のアルカションということであれば、おそらくフレジェ、あるだろうなー。
期待して行ってきました。

マパテのショーケース、ケーキとしてはほとんどが冬支度の茶色いケーキ。
でも、ありましたありました、早くも春の訪れ、フレジェがちゃんとありましたよ。
アントルメも。アントルメ、すごく可愛いんですよねー。
他にも洋梨やグレープフルーツのタルト、スペシャリテのカヌレ、クロワッサンなどもありました。
でも、やっぱり購入するのは・・
f:id:nyaofunhouse:20191121104049j:plain
はい!今年度もフレジェのスタートはアルカションからになりましたねー。
しかもアントルメ!
いやー、だって、フレジェって、ほぼ飲み物だし、プチガトーだと一瞬でなくなって、あれ?どこに消えた?となって、悲しくなるので、やっぱりここはアントルメでしょう、ということで。

アントルメだから、大胆に切りますよー。
f:id:nyaofunhouse:20191121104712j:plain
プチガトーではこうはいくまい。
f:id:nyaofunhouse:20191121104753j:plain
去年もありましたが、プラスティックのスプーンの上にヨーグルト?とマカロンが。
可愛い。
では、初フレジェ、いただきますよー。
・・・。
うーん、やっぱりフレジェは最高だねー!
いちご、ゴロゴロ入ってますが、美味しいです。完璧に仕上がってるとは言えないけど、時期外れ、というような残念な感じではなく、ちゃんといちごの美味しさが出てます。甘酸っぱくてジューシー。
そんないちごを包み込む、バニラの香り強めのねっとりムースリーヌ。
スポンジはしっとりと。
そして、やっぱり見かけが最高に可愛いですよね。
こんな素敵なフレジェ、今の時期からいただけて、もうなんか、手を合わせてしまいますね。
幸せだー。
まあ、そんなわけで、飲み物なのであっという間に8割方なくなってしまい。
このままだと完食してしまう・・と思い、残りはちょっとしかないですが冷蔵庫へ。

そして、フレジェはいちごがほとんどなので、実質的に0キロカロリーだし、実質的に0個なので、他のケーキも買いましたよー。
こちらは少し秋冬っぽいラインナップ。

最初は、タルトタタンですね。
f:id:nyaofunhouse:20191121105823j:plain
アルカションのタルトタタンはことのほか美味しいのです。やっぱり買ってしまいますよね。
断面はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20191121110151j:plain
見ての通り、ギリギリまで焼き込んで、りんごの旨味を極限まで引き出した甘苦さと、たっぷりの生クリーム、さくさくのタルト生地。
この鉄壁の組み合わせ。確実に幸せを運んでくれます。
やっぱりここのタルトタタンは、美味しいタルトタタンのお手本ですね。

次に、ババオカシス。
f:id:nyaofunhouse:20191121110710j:plain
スポイト付きです。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20191121111028j:plain
しぼしぼしたババ生地にはカシスのシロップと粒が入ってますが、カシスの風味はあるけど、酸味はそこまでではなくて、むしろ上のチョコクリームの方が存在感ある。
これはこれで美味しいんだけど、刺さってるスポイト、これ、カシスジュース?赤ワイン?
いえいえ、これはクレーム・ド・カシスですね!
これをかけると、味わいは一変!
カシスの風味が前面に出て、酸味も出て、味わい豊かな、大人のババに変身!
美味しいです。
これは、アルコールダメでなければ、全部かけるのがデフォルト。かけるの前提で味を組み立ててますね。
美味しいですー。

次は、これ気になってた、プリュンヌサレ。
f:id:nyaofunhouse:20191121111736j:plain
今年の伊勢丹のクリスマスケーキ、アルカションが作ったのはなんと「梅干しのケーキ」!
マジか!と騒然となったのですが、そのケーキのプチガトー版。
これはお店でも出しているらしく、すでに召し上がった方もいらっしゃって、でもどんな味なんだろう?と興味津々だったので、食べることができて嬉しい。
では、どんな味なんだろう・・ドキドキ。
食べてみました。
おー!
梅干しは、酸っぱ!という感じではなく、酸味は多少、それよりも塩気を強く感じます。
いずれにせよ、梅干し!入ってる!という感じではなく、適度な風味と塩気がチョコと馴染んでいて、違和感がない。普通に美味しい。
梅干しぃ?と気構える必要がない、美味しいケーキです。
チョコレートも、ムース、ガナッシュ、板チョコと、様々に展開していて、食べていて飽きない。
決してキワモノではない、チャレンジする甲斐のあるケーキです!

最後は、ショコラフランボワーズ。
f:id:nyaofunhouse:20191121114144j:plain
やっぱりアルカションのケーキはどれもおしなべて美しいですねー。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20191121114540j:plain
こちらは、シンプルにチョコとラズベリーの間違いのない組み合わせ。
チョコムースはまったりとした口当たりで、チョコの香りが素晴らしい。
ラズベリーは、酸味は強くないけど果実感はしっかり、ツブツブの種もいっぱい。
驚きこそないけど、チョコとラズベリーの組み合わせの理想形。完璧なバランスです。


・・・ということで、アルカションの冬ケーキと、これも冬のケーキと言ってもいいのかな?フレジェでした。
どれも美味しかった!フレジェも満足できる出来で、よかった。
でも、こうなってくると、11月12月のいちごは、クリスマスケーキ用の輸入の美味しくないいちご、という固定観念を書き換えないとダメですねー。
今の時期から美味しいいちご、普通に出回ってるという、これが最新事情。
そう考えると、フレジェの季節はすごく長い、ということになりますね。
2020年度も、フレジェ探求の旅、続けますよー!