Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


渋谷スクランブルスクエア開業!注目のスイーツ店は!?

今朝はどういうわけか、早く起きまして。
たまたまかなー?早起きは三文の得。
あ、そういえば、今日は渋谷スクランブルスクエアの開業日じゃん。
ちょうどいいや、ちょっと出かけてみるかねー・・・

はい!嘘です!
昨日すっごく早く寝て、今朝6時に目覚ましかけてました!
やや肌寒い早朝の中、渋谷へ。
スクランブルスクエア、今日オープン日は2階の入り口のみ開放。
そこ目がけて。
f:id:nyaofunhouse:20191101071739j:plain

自分が到着したのは、7時ちょい過ぎ。
行列は、まだ30人ぐらいでした。
f:id:nyaofunhouse:20191101071758j:plain
これ、意外に並ばない?
・・・と思ってたのも束の間、あっという間に行列が・・・
まあ、自分はと言えば、事前に周到に用意していた、ネトフリでローカル保存してたキャロチューを視聴して時間をつぶす。
f:id:nyaofunhouse:20191101090051j:plain
なんだかんだであっという間の待ち時間でした。
そして、よくわからないけど、10時オープンの予定が9時40分にオープン!
行列長いから前倒しになったっぽい。
自分が目指すのはこちら!
f:id:nyaofunhouse:20191101094222j:plain
はい、モリヨシダですね。
ちょんまげの本人さんもいらしてた。
今日はオープンということで、生ケーキは3種類のみ。
パウンドは
f:id:nyaofunhouse:20191101094236j:plain
焼き菓子コーナーは
f:id:nyaofunhouse:20191101094343j:plain
こんな感じでした。
まあ、パウンド類はいつでも買えるでしょう。ということで、生ケーキを全種類購入。


続いては、アラン・デュカスのコーナーへ。
アラン・デュカスのショコラティエ、ここではケーキも提供しているとのことで、それを買っていこうということで。
そしたら、ケーキ類はイートインメニューなんですって。
あ、そうなんだ。テイクアウト可かと思ってた。勘違い。
どうしようかちょっと悩みましたが、イートインしていくことに。
f:id:nyaofunhouse:20191101095737j:plain
最初のお客だ。
しばらくして、ケーキ来ました。フォレノワールです!
f:id:nyaofunhouse:20191101095551j:plain
フォレノワール、1000円超えだから、どんなのが来るか?と思ったんだけど、
f:id:nyaofunhouse:20191101095549j:plain
かなりデカい!迫力あります。
食べてみましたが、さすがチョコの部分は美味しい。
でも、全体に軽いかなー。チョコの割合がやや少なめ、生クリームの割合がやや多め。
チェリーは酸味しっかりだけど、もうちょっと数ほしいかなー。
でもまあ、正統派のフォレノワールで、ちょっと高いけど満足感はあります。
美味しい。


そして、次に期間限定催事出店のアカシエで限定ケーキを購入。
続いては、フラクタスというお店へ。
このお店は、三軒茶屋のパティスリー、プレジールの新業態店。
プレジールが親しみやすいパティスリーとすれば、フラクタスはもっと高級感のある、こだわりのケーキなのだそう。値段もややお高め。その分いい材料使ってるそうです。
ショーケースはこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20191101100351j:plain
f:id:nyaofunhouse:20191101100400j:plain
かなり多くの種類のケーキを扱っていて、選ぶのに悩みましたが、4つほど購入。

今回は以上!さっさと帰ってきました。
ちなみに、帰りの時点でまだ入場続いてました。



さあ!家に帰って、さっそく食べますよ!
まずは、なにはともあれモリヨシダのケーキから。
最初に、ベージュというケーキ。
このベージュというケーキ、スペシャリテのようなのですが、以前食べてるのです。
というのも、2015年に、モリヨシダ、ドトール(エクセルシオールカフェ)とコラボをしていて、そこでベージュ提供してたのですね。
www.nyao.club
その時のベージュは、こんなの。

見かけ超シンプル地味だなーと思ったのですが、今回満を持して自店としてのベージュは、
f:id:nyaofunhouse:20191101110222j:plain
おー!全然違う!ビューティフル!
やっぱりこうでなくては。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20191101110602j:plain
こちらのケーキは、チョコの土台、ホワイトチョコと紅茶のムース。
食べてみました。
正直2015年の時のケーキの味覚えてませんが、記事読み返すとかなり好感触だったよう。
今回も、すごく美味しい!と思いました。
チョコの土台は、さっくりとしたビターなチョコタルトと、フィヤンティーヌの2層構造。
さくさくザクザクで美味しいです。
チョコガナッシュはもう少しマイルドで甘い。少しオレンジの香りもします。
そして紅茶のムースは、紅茶しっかり、優しい甘さでまったり。
全体として、やわらかいチョコとやわらかい紅茶ムースで、やわやわとした美味しさが。
かなりいい感じです。
これ、やっぱりモリヨシダ、すごいお店かも!

・・ということで、引き続きケーキいきます。次はタルトパンプルムースです!
f:id:nyaofunhouse:20191101111344j:plain
ピンクグレープフルーツがドン!そしてメレンゲも載ってます。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20191101111655j:plain
これ、メレンゲがあるように、タルトシトロンのグレープフルーツ版のよう。
フレッシュのグレープフルーツはジューシーで美味しい。
中のクリームは、グレープフルーツクリームなんでしょうね、これが、甘さはしっかりだけど、酸味はちょっと弱い。なので、上のメレンゲがあんまり効果的でない気が。もう少し酸っぱくてもよかったかも。
あと、タルト台が、焼きが浅いほろほろとしたもの。これも1つのタルトのパターンで、モダンなスタイルなのですが、個人的にあんまり好きじゃないんですよねー。やっぱりタルト生地はガリッとしてないと・・まあ、美味しいけど・・

ということで、最後は、モリヨシダの代名詞、有名なモンブランを。
f:id:nyaofunhouse:20191101112556j:plain
このフォルム!独特ですよねー。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20191101112917j:plain
さあ!パリでも有名なモンブラン、味はどんなだろう!
ワクワクしながら食べました。
・・・・おー。
これ、個人的に言えば、好きじゃない感じ。
なんかねー、食べた瞬間、マロンクリーム、砂糖の量間違えた?というぐらい甘くないの。
甘さ控えめなんてもんじゃない。甘くないし、コクも薄い。
ラム酒はしっかり効かせてあるんだけど、それが馴染んでない気がするんですよねー。
これが人によっては、甘さ控えめで美味しい!となる可能性は大なので、完全に個人的な感想ですが、今年食べたモンブランの1位にはならないかな、という感じ。
パートフィロも、そんなに効果的ではない気がするし。うーーーーんん・・・


ということで、モリヨシダのケーキ、今回売ってた3種類食べました。
ベージュ美味しかった!グレフルタルトはまあ・・・モンブランは、個人的な好みとははずれる感じかなー。
まだこれから本格展開するだろうから、もっと色々な種類のケーキが揃った時、また食べてみたいですね。


さあ、次は、アカシエです。アカシエのピュイ・ド・タタンです!
f:id:nyaofunhouse:20191101113837j:plain
あけてみました・・
f:id:nyaofunhouse:20191101113947j:plain
おー!美味しそう・・
このケーキは、ピュイダムールとタルトタタンのハイブリッドスイーツなのだそう。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20191101114251j:plain
断面図はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20191101115229j:plain
このケーキ、表面のキャラメリゼはパリンと飴になってて、焦げてて美味しい!
その下は、シブーストクリームではなく、ブリンとしたバニラ香るカスタード。
その下に、酸味のあるりんごのソテー。
パイはバターの香り豊かで、さくっとしていて、食べると散らかる。
ちょっとカスタードが風味弱い気がするけど、甘さはしっかりだし、美味しいです。
ボリュームはかなりあるので、おなかいっぱいになります。


そしてそして、フラクタスのケーキ、いきます!
まずは、Yuzu☓Orangeというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20191101130445j:plain
美味しそう!断面。
f:id:nyaofunhouse:20191101130847j:plain
断面かなり構造複雑ですね。
でも、味わいとしてはシンプル。柚子を中心にオレンジを合わせた、柑橘の美味しいケーキ。
産地こだわりの柚子は、よくあるような、和をイメージさせるエキゾチックな使い方ではなく、あくまでも柑橘類の一種という使い方で、オレンジの苦味との合わせ方がいい感じ。表面がベロンとしてて、ゼリーみたい。

次に、Eggという変わったケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20191101131645j:plain
これは、卵を模したケーキ。
表面は、ココナッツのムースで、白身を表しているのです。
切ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20191101131752j:plain
黄身はアプリコット。
食べてみると、見かけ可愛いけど、味も可愛い。
ココナッツのムースはそこまでココナッツ感強くなくて、食べやすい。
アプリコットも、酸味そこまで強くなくて、ココナッツとの相性もいい感じ。
強烈な個性ではないけど、食べやすくて美味しい。
むしろ個性を発揮してるのが、グラノーラみたいな周囲のサブレ。
これが、サブレにココナッツ風味と、ちょっとチーズっぽい風味があって、ザクザクで美味しい。
インパクトあります。
これ、足したの正解。卵だけだとちょっとインパクト弱いので。
よくできてます。


次は、キャラメルフィグアメール。
f:id:nyaofunhouse:20191101134559j:plain
これ、クリスマスケーキみたいなアントルメもありましたが、プチガトーもすごくおしゃれ。
素敵です。
チョコ飾りも美しいですが、食べてみても、すごく美味しい!
いちじくはプチプチ、キャラメルはしっかり焦がしてあってホロ苦でコクがあって美味しい。
さらに、マールドシャンパーニュが加えてあるらしいのですが、マールドシャンパーニュってよくわからないのですが、お酒が入ることで華やかな美味しさがプラスされている。明らかに。
すっごく美味しいです。
クリスマスケーキとしても、十分ありあり!
これはオススメです。


最後に、ここでもモンブラン買ってみました。フレッシュモンブランです。
f:id:nyaofunhouse:20191101193336j:plain
ちょっとモリヨシダと相似形。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20191101193443j:plain
こちらのモンブラン、阿蘇の栗を使ったマロンクリームが、和栗のほっくり感、香りの良さが素晴らしい。さらに軽くラム酒効かせてあって、非常にいいです。美味しい。
土台のタルトも、さっくりしていて、軽やかで、栗の軽さに合っている。
美味しいです。個人的にはこっちがやっぱり好みかなー。

・・・ということで、渋谷スクランブルスクエア、モリヨシダ、アラン・デュカス、アカシエ、フラクタスと制覇してみました。
他にもまだまだ有名店、美味しそうなお店、いっぱいあります。
これまで渋谷はスイーツがない!街だったのですが、これで様相は一変。
スイーツ激戦区になった渋谷、これからも楽しみです。