Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


アディクト・オ・シュクル@マパテでクリスマスを先取り!

10月!10月ですよ!
ケーキ好きにとっては、10月はクリスマスケーキ予約の季節。
今年はみなさんどうされますか?
自分はと言えば・・・先日三越伊勢丹のクリスマスケーキプレビューにご招待いただいてなんなんですが、
今年はデパート系ではなく、パクタージュさんクリスマスケーキをオンラインで予約しました!
確かに銀座三越のルノートルや、高島屋のオーボンヴュータンなど、魅力的なクリスマスケーキ、いくつかあったのですが、それ以上にやっぱりパクタージュのノワゼットキャラメルブールサレが自分の好みにド直球で・・抗えませんでした。
どんなケーキが出てくるか、今から楽しみです!

そして、10月も新宿伊勢丹マ・パティスリーは人気店が続々登場!
大忙しです。
ちなみに、今週は銀座の松屋でも、ユウササゲが催事出店していて、日にち限定で生ケーキも販売するみたいで、そっちも行きたいんだけど、調整が難しい・・
来週もマパテ行かないとだし・・・
今週末はパクタージュでいちじく食べたいし・・
栗拾いも順調にしていきたいし・・
時間も予算もそんなにないので、ほんとどうしようか状態です。

とりあえず、今日からマパテはアディクト・オ・シュクルが登場。
アディクト・オ・シュクル、情報によると最近はお店でケーキ販売してない時も多いみたいで、
そのかわり焼き菓子、クッキーやサブレ類が大人気。缶も可愛くて手土産に最高。
・・ということもあり、久しくアディクト・オ・シュクルの生ケーキ、食べてない。
ということもあって、今回はかなり期待してます。

マパテのショーケース、生ケーキいっぱい!
よかった!
生ケーキ、定番のパリブレストやタルトシトロン以外にも、多くの魅力的なケーキが並んでいました。
中でも、今年の伊勢丹クリスマスケーキ「ノスタルジ」のプチガトーバージョンがあったのは嬉しい。
ノスタルジも食べてみたいクリスマスケーキだったので。
その他、美味しそうなケーキを色々と購入。
マドレーヌも、今回3種類出ていたので、それも購入しました。

それにしても、10月だというのに、この暑さはなんなんでしょうね。
暑さ寒さも彼岸までというのに、まだこの天気。
ひいふう言いながら帰ってきました。

家に帰って、さっそくケーキ食べますよー!
まずは、さっぱりとヴェリーヌから。
スーププラリネシトロン。
f:id:nyaofunhouse:20191002110447j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20191002110912j:plain
このヴェリーヌは、名前の通りほぼスープ状になった、とろとろのプラリネ、チョコ、レモンの構成。
トップにはメレンゲ。
スプーンでいっぺんに食べると、味のグラデーションが見事。
プラリネとチョコは味の濃さと香ばしさが、それに対してレモンは軽い酸味とさわやかな風味が。
そして、スープ仕立てなので、とろとろっと飲むようにして食べられる。
今日の天気にもよく合った、ヴェリーヌならではの美味しさです。

次に、イヴォワール。
f:id:nyaofunhouse:20191002111500j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20191002111822j:plain
このケーキは、イヴォワールという名前だし、イヴォワールを使ったホワイトチョコムース、そして、なんとほうじ茶のブリュレ、さらにキャラメルとバナナという、かなり変わった構成。
ほうじ茶どうなの?と思って食べてみましたが、違和感ない!
ほのかな香ばしさがあって、まったりとしがちなホワイトチョコに小気味いいアクセント、そしてバナナとの味の馴染みもいい感じ。
奇異なところはなく、複数の要素がうまくまとまった美味しいタルトです。


そして、こちらが期待のプティ・ノスタルジ。
f:id:nyaofunhouse:20191002112845j:plain
やっぱりクリスマスケーキだけあって、デコレーションが華やか。
これ、裏側のホワイトチョコ飾りも素敵なの。
f:id:nyaofunhouse:20191002112900j:plain
乙女だわー!
こちらのケーキ、今年の伊勢丹のクリスマスケーキのコンセプトは「ベル・エポック」で、古典的なケーキに新しい要素を加えて再構築する、というのに沿って、アディクト・オ・シュクルでは、古典的なバタークリームのケーキに、薔薇やラズベリーの香りをまとわせることで、モダンに進化させた、そういうケーキなのだそう。
実際食べてみると、冷蔵庫から出してすぐの状態では、バタークリームがかなり固く、でも口の中に入れると体温ですっと溶ける。口溶けがいいです。
そして、溶けた後に薔薇の香りがふわっと。高貴な感じですー
そして、ラズベリーはしっかり甘酸っぱくて、薔薇の香りとともに、お姫様気分を演出。
さらに、ちょっとアルコールも効かせてあって、大人の女性をイメージしたケーキ、という感じですね。
バタークリームとアーモンドスポンジが古典を、薔薇とラズベリーが進取の気性を、それぞれ表していて、すごく美味しいです。
これ、クリスマスに食べたら、幸せな気持ちになるでしょうねー。
高貴で華やかなケーキです。

次に、ババ・オ・ロムを。
f:id:nyaofunhouse:20191002114801j:plain
生クリームが山盛りですね!
器は浅いタイプ。
断面はこんな感じです。
f:id:nyaofunhouse:20191002115036j:plain
ババの生地はしっかりめ。シロップは甘いけど、そこまで強烈な甘さではなく、ラム酒もそこまで強くないです。甘くない生クリームがこんもりなので、かなり食べやすい。一番下にはカスタードの海があって、ここらへんで濃さの調節をしている感じですね。
全体としては、かなりアルコールも弱いですし、軽めで食べやすい、万人受けしそうなババです。

最後は、モンブラン。
f:id:nyaofunhouse:20191002120521j:plain
こちらは、和栗とイタリア栗のミックスだそう。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20191002120732j:plain
食べてみると、確かに和栗のほっくり感や香ばしさはあるんだけど、全体には洋栗のイメージが強いかな。ねっとり濃厚。うまいブレンドだと思います。
メレンゲはザクッとした荒いタイプ。
トータルで見ると、栗の香りや繊細さも感じるけど、それ以上に濃厚な味わいが特徴的なモンブランです。

・・ということで、生ケーキは以上!
どれも美味しかった!やっぱりノスタルジはインパクトありますねー。
可憐だし華麗だし、美味しい。

そして、マドレーヌ!
f:id:nyaofunhouse:20191002171105j:plain
マドレーヌは、焼き立てマドレーヌ、ラムレザン、マロンの3種類。
f:id:nyaofunhouse:20191002171122j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20191002171150j:plain
焼き立てマドレーヌはふっかりとして、レモンの香りがふわっと。
ラムレザンはラム酒の香りがしっかりとで、生地はしっとり。
マロンも、やはり生地はかなりやわらかく、栗が入ってます。
どれも美味しいけど、やっぱり焼き立てマドレーヌが美味しいかな。

アディクト・オ・シュクル、猫ちゃんクッキーも美味しいけど、生ケーキも美味しいので、ぜひ召し上がっていただきたい!