Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


美味しい紅茶を買ってAmazonギフト券をもらおう!というキャンペーンを個人的にやってみることに。詳しくは⇒こちら
おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


ブロンディールのNouveau祭り、ようやく参戦!

夏!やってきたと言っていいでしょう。
関東は梅雨明け秒読み。台風も去って、暑くなってきました。

そんな中、自分は #あの畑 を目指してえっちらおっちら。
f:id:nyaofunhouse:20190728104100j:plain
そう、久しぶりのブロンディール訪問なのです!

f:id:nyaofunhouse:20190728105713j:plain

ブロンディール、先月ぐらいから、新作が続々と登場して、ものすごいことになっている・・とは聞いていたのですが、なかなか参戦できず・・
遅まきながら、今日まとめて買うことに。

店内、半分ぐらいのケーキに「Nouveau」の三角シールが貼られていて、どれもすごく美味しそう!
こりゃ期待大だー!と思いながら、ワクワクして購入してきました。
もちろん、この暑さですから、保冷バッグは忘れずに。
色々買って帰ってきました。


それでは、ブロンディールのNouveau祭り、開催です!
最初は、スリジェというケーキから。
f:id:nyaofunhouse:20190728132227j:plain
表面デコレーションしてありますが、基本はシンプルなケーキ。
名前の通り、チェリーを中心に組み立てた構成です。
ですが、味はすごく個性的!
チェリーが、甘酸っぱさやさわやかな味わい・・とかではなく、甘さ・酸味ともものすごく濃厚。
シロップを吸わせてしっとりとしたパンドジェーヌ生地もけっこう甘く、チェリーのケーキでありながらこってりとしている、重厚なケーキです。すごく美味しい。独特。
トップのキルシュ漬けチェリーが強烈!

次に、トロペジェンヌを。
f:id:nyaofunhouse:20190728132756j:plain
トロペジェンヌ、以前伊勢丹のマパテで、限定で出したことありましたよね。
www.nyao.club
このトロペジェンヌ絶品だったのでよく覚えています。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190728133047j:plain
今回のトロペジェンヌ、形はマパテのとちょっと違ってるけど、構成は同じかな?
やっぱりすごく美味しい!
甘さは控えめで、ふっかりした生地にバニラと卵を感じるクリーム、優しい甘さ。
トップの砂糖の塊が甘さのアクセント。
シンプル美味しいです。

そして、次にカルムというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20190728133540j:plain
このケーキは、ミルクキャラメルのムースにリュバーブを大胆にあしらい、さらにいちごのジュレという構成。
トップにメレンゲが絞ってあったりして可愛いですが、基本はシンプル。
ですが、食べると驚きが!
キャラメルとリュバーブという組み合わせの妙もあるのですが、味の作り方がものすごく個性的。
キャラメルのムースは、たしかにミルクキャラメルで、焦げ感や香ばしさというよりは、本当に森永ミルクキャラメルとか、あとは人形焼の表面のような、独特の風味絶佳。
そこに、強烈な酸味のリュバーブ、甘さの強いいちごと、全体を食べたときの味わいは、これまで食べたことのない唯一無二の個性。
インパクトすごいです。すごく美味しい。

次に、ババ・オ・ロムを。
f:id:nyaofunhouse:20190728134143j:plain
普通容器に入ったババは、シロップが中に溜まってる場合が多いんだけど、ここではカスタードソースを張っているんですね。カスタードは生地に切れ込みを入れて挟み込む場合が多いですが・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190728134434j:plain
こちらのババも、ものすごく独特!
ババ生地はブリオッシュなんだけど、ものすごく目が詰まっていて、まるで鈴カステラを思わせる、もっふりとした生地。固め。そこにラム酒たっぷりのシロップがじっくりと染み込ませてある。
シロップは辛口。そこに、甘いカスタードと濃厚な生クリームが加わることで、アルコールのキツさを中和するとともに、ゴージャスな食べごたえを。ババ生地の中のレーズンが甘いアクセント。個性的なババです。
思わず容器に溜まったカスタードとシロップの混ざったのを舐めてしまいました。

そして、プランセスというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20190728135606j:plain
これも超個性的なケーキで、ダクワーズとラズベリーを重ねて、一番上にヌガティーヌを載せた構成。
パリンとしたヌガティーヌのナッツと、甘酸っぱいラズベリーの組み合わせが新鮮!でもきっちり噛み合っていて、すごく個性的で美味しい。
やっぱりオンリーワンの美味しさですねー。

Nouveau祭り、最後はヴォロンテ。
f:id:nyaofunhouse:20190728141841j:plain
黒に近い焦げ茶です。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190728142132j:plain
これも独特!美味しい!
見ての通りほぼ焦がした、深くローストしたヘーゼルナッツの苦味と香ばしさに、コーヒーの苦味と香りがぴったりと寄り添って、複雑かつ力強い苦味が。この奥深い苦味だけでもじゅうぶん個性的ですが、さらにヘーゼルナッツのバタークリームやレーズンが加わって、どこをとっても大人の雰囲気を感じさせる、ビターな味わいのケーキに。
病みつきになりそうな美味しさでした。


・・・ということで、ブロンディールのここのところの新作を一気に食べましたが、やっぱりすごいわ。圧倒されました。
どのケーキも装飾は最低限、作りもそこまで複雑じゃない。
でも、素材の組み合わせ、それぞれの素材を丁寧に調理し、味のバランスを考えて組み立てていく、その一つ一つの過程、すべてがカチッと嵌っていて、何度も文中に書いたように、オンリーワン、唯一無二の個性を十分に発揮している。
奇をてらったり、珍奇な組み合わせをこれみよがしにひけらかしたり、そういうのではなく、これまでにない美味しさをどうやって作るのか、それに心血を注いだ、藤原シェフの天性と努力の結晶ですね。
これだから、暑い中延々と歩いてでも何度でも行きたいお店なんですよね、ブロンディールって。
今年はアシェットデセールやるかどうかわかりませんが、やるならまたあの畑越えをしないといけなくなりそうです!