Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


アルノーラエールの夏仕様スムージーとさわやかケーキ!

いやー、ようやく夏らしい天候になりましたね!
30度は超えてないとはいえ、久しぶりに天気で暑い1日になりました。
でも、今年の天候不順のせいで、夏のフルーツの生育にも影響が出ているらしく、
有名フルーツパーラーでも今年の桃のパフェは終了しました・・という告知が出ていて。
桃大丈夫なのか?エチエンヌの桃かき氷食べたいんですけどそろそろ。


そんなわけで、久しぶりの晴天、自分は広尾に行ってきました。
主な目的は、麻布にあるkaikai kiki galleryの展覧会を見に行くという。
今、カイカイキキの所属アーティストの新作を中心としたお披露目展をやっていて。
初日は昨日だったらしいのですが、昨日は都合つかず。
今日行ってきたのです。

広いギャラリー、有名作家の大作から、若手の小品まで幅広く取り揃えていて、
自分の手が届く範囲ですと、obさんとくらやえみさんの作品が可愛くて、どうしようかなーと悩んだのですが、どちらの作家さんも、もっといい作品出てくるのでは?という期待もあったので、今回はパス。
有栖川公園をテクテク広尾駅に戻ってきました。

そして、広尾といえば、やっぱり行きたいですよね!
f:id:nyaofunhouse:20190717113252j:plain
アルノーラエールさんです!

ラエールさん、すっかり夏仕様になっているらしく、夏のケーキや、スムージーなんかも販売しているのだとか。
ケーキのテイクアウトの前にスムージーを飲んでいくことに。
スムージーは2種類あって、フォレノワール的なのとイスパハン的なの。
どっちも良さそうだったんだけど、今回は「ローズ」をチョイス。
こちらがそのスムージーです。
f:id:nyaofunhouse:20190717114336j:plain
このスムージー、ライチとラズベリーとバラという、例の組み合わせですが、小さく切った生のライチがいっぱいトッピングされていて、生クリームも多めだし、だいぶ印象は違う感じ。美味しいです。


スムージーを飲んで、テイクアウトのケーキは、夏の新作を中心に購入。
ラエールさんの夏といえばのビーチサンダルケーキは3種類出てましたが、その中の1種類を購入しました。


それでは、アルノーラエールの夏ケーキ、いってみます!
まずは、新作クレメダンジュから。
f:id:nyaofunhouse:20190717133159j:plain
上に色々トッピングされているのが面白いですね。
スプーンですくった、断面。
f:id:nyaofunhouse:20190717133501j:plain
このクレメダンジュ、ベースはチーズなのですが、チーズ自体はごく軽く、むしろトップのバニラが効いた生クリームや、トップにも中にもいっぱい入っているいちじくの存在感がかなり大きい。
チーズ+ラズベリー+いちじく+バニラ。かなり面白い組み合わせです。でもきっちり美味しいのはさすが。

次に、グルマンディーズフランボワーズヴェルヴェンヌ。
f:id:nyaofunhouse:20190717134121j:plain
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190717134446j:plain
アルノーラエール風パブロバとも言えるこのグルマンディーズのシリーズ、味が季節によって様々に変わりますが、今の時期は定番のラズベリー+レモンバーベナ。
自分このシリーズ大好きで、サクッとしててちょっとジャリッとした食感もあるメレンゲと、こってりとした生クリームの組み合わせがとても官能的に感じられる。今回はそこにラズベリーの甘酸っぱさが加わって、とてもとても美味しい。やっぱりラエールさんの生クリームは普通よりやや濃厚で、それが美味しさになってますね。

そして、タルトレットピンク。
f:id:nyaofunhouse:20190717135308j:plain
白とピンクの組み合わせ。モザイクできれいですね。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190717135602j:plain
こちらのケーキ、ピンクグレープフルーツと、普通だったらホワイトグレープフルーツを組み合わせそうだけど、なんと!洋梨を組み合わせているのですね。
グレープフルーツと洋梨。ちょっとグレープフルーツが強すぎるんじゃ?とも思ったのですが、食べてみると、やや固さを残した洋梨のコンポートを多めに、ピンクグレープフルーツを少なめに配分していて、食感や甘さのバランスがとれているので、グレープフルーツも尖りすぎてなくて、すごく美味しい。
洋梨のしゃくっとした食感が、これも官能的。
さらに、タルトの中にはピスタチオが入っていて、グレープフルーツとピスタチオ、ちょっとむずかしいんだけど、これもピタッと収まっている。美味しいです。

ラ・タルトホノルル。
f:id:nyaofunhouse:20190717140436j:plain
黄色いです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190717140742j:plain
このタルト、名前からするとハワイをイメージしたのかな?
味の構成的には、甘ーいマンゴーがメインで、そこに柑橘の酸味を足して、さらにココナッツも加えて、トロピカルで甘酸っぱくてさやわかなタルトに仕上げています。タルト部分もさっぱりとした作りで、夏らしいもたれることのないマンゴータルトになってます。手堅く美味しい。

最後は、トングヴァージンモヒート。
f:id:nyaofunhouse:20190717142054j:plain
出ました!ビーチサンダル型ケーキ!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190717142347j:plain
今では多くのお店で見かけるようになったビーチサンダル型のお菓子、でも最初に始めたのは多分ラエールさん、だったはず。一種の夏のトレードマークですね。
今回、お店のショーケースには3種類のビーチサンダルが並んでいましたが、自分が購入したのはモヒート風味。
で、食べてみたのですが、おおう!ライムの酸味が強烈です!
ギューンと酸っぱい。
モヒートと言うには、ライム以外のミントやお酒の要素があんまり感じられないので、モヒートか?という部分もありつつ、刺激的な味わいで、夏らしい目が覚める美味しさ。


・・・ということで、アルノーラエールの夏ケーキ、いただきました。
やっぱり全般に美味しい。ちゃんと工夫されていて、大胆な部分もあるんだけど、これ見よがしに新奇なところを見せつけるわけではないのが好感を持てるところ。
あと、これらのケーキ、ほぼ全部が600円台前半で、海外ブランドのケーキとしては、値段とクオリティのバランスがかなり良心的。海外ブランドだと800円スタートとか普通ですからね。
そんなわけで自分はラエールさん、応援してます。また季節ごとに立ち寄りたいですね。