Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


美味しい紅茶を買ってAmazonギフト券をもらおう!というキャンペーンを個人的にやってみることに。詳しくは⇒こちら
おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


カフェミクニズ浅井シェフのクリエイティヴ魂!

先日からインスタグラムを見ていてやきもきしていたのは、カフェミクニズの浅井シェフがフォレノワールのリニューアル予告をしていて、それがいつになるのか!?というワクワクと期待で待ち遠しくて。


実は、その前、メロンのサントノーレを注文した時
www.nyao.club
スタッフの方から、フォレノワールを近々リニューアルすべく試行錯誤中です、とは聞いていたのです。
それがかなり完成近し!ということで。

そして、日曜日にリニューアル完成しました!との投稿が!
月曜日は定休日なので、明けて今日、いそいそとカフェミクニズ、行ってきました!買ってきました!
f:id:nyaofunhouse:20190702114152j:plain
あ、ちなみに、カフェミクニズ、8月は恒例、7末~9月頭までまるっとお休みですので、要注意。
f:id:nyaofunhouse:20190702114201j:plain

カフェミクニズのケーキ、まずはあっさり目のケーキから順番に。
最初はYUZUから。
f:id:nyaofunhouse:20190702120507j:plain
これは食べるの2回目ですね。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190702120743j:plain
柚子風味チョコで作った器の中に、極限まで柔らかくした柚子ムースとチョコムース。
中央からとろりとチョコと柚子のソースが流れ出てきます。
これ、前も思ったけど、柚子の香り・味はもちろんしっかりなんだけど、いかにもな感じがあんまりしない。
さりげなく香る感じなんですね。
そして、柚子とチョコのマリアージュが。柚子の香りと酸味に、チョコの甘さとビターな風味がほんとにマッチしていて。
あと、これは先日パリに行って思ったのですが、むこうでは、ケーキの中央にとろーっとしたクリームやソースを埋め込んで、切ると流れ出てくる・・というのがすっごく流行していて。
だから、おそらくこのケーキ、パリだったら大人気絶対ですよ!流行の柚子風味、流行のソース封入、食感の面白さ・・フォルムの可愛さ。
最先端な感じします。


次に、これは今の時期しか出ないすももタルト。今年も出ました。
f:id:nyaofunhouse:20190702121716j:plain
これ、上にすももがドン!と載ってるように見えるでしょ?
でも、断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190702122022j:plain
すももはジュレにしていて、表面をバニラの生クリームで覆い、形を整えて色付けしてあるの。
これが、実に美味しくて!
すもも、そのまま果肉を載せても別にいいと思うんです。完熟すもも甘酸っぱくて美味しいし。
でも、やや水分多いし、独特の風味は、むしろ焼き込んだり、加工したほうがうまく引き出しやすいのかな、と。
その意味でも、このジュレが、すももそのものを食べるよりも味わい、酸味、凝縮されていて、すっごく美味しい。
この酸っぱいすももジュレに対して、タルトはカリッと焼かれた生地にねちっとしたクレームダマンドの濃厚さで、対比が素晴らしい。さらにシュトロイゼルや表面にココナッツがまぶしてあったり、工夫が細かい。凝ってる。
浅井シェフ、フレジエでもそうでしたが、生のフルーツをそのまま使う場合と、あえて加工して、より味を際立たせる場合と、使い分けてるんですよね。すももの場合は、加工したほうが美味しい、という判断なんだと思います。実際美味しいし。


それに対して、生のフルーツ主体なのが、季節のタルト。
今回はいちじくでした。
f:id:nyaofunhouse:20190702123518j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190702123838j:plain
生クリームがこんもりですね。
いちじくは繊細な果物なので、その風味を壊さないように、生クリームやカスタードはあっさりめ。
すごく美味しいですが、いちじくもうちょっといっぱい欲しかったかも!よくばりですか?


そしてそして、待ちに待ったフォレノワールですよ!
以前のフォレノワールは、こんなでした。
f:id:nyaofunhouse:20170201121744j:plain

去年の自分の誕生日には、アントルメも作ってもらいました。
f:id:nyaofunhouse:20181206124603j:plain
これはこれですごくスタイリッシュでステキだなーと思ってました。
それが、リニューアルして、こんなになりました!


f:id:nyaofunhouse:20190702124908j:plain
おー!!
びっくり!
全然別物じゃないですか!
チョコで作られた、真っ黒な木、まさにフォレノワール=黒い森、をイメージした、独創的なデザイン。
すごいです・・・
これを、おそるおそる切ってみます・・
f:id:nyaofunhouse:20190702125453j:plain
これ、中も凝ってる。
凝ってるけど、フォレノワールの基本はしっかり押さえてあるんですよ。
トップにはキルシュ漬けのチェリーが一粒。
表面は、チェリーのジュレで覆われている。
その下は、チョコムース、ピスタチオムース、チェリー入りのチェリームース。
一番下はチョコクランチで、カリッとしたアクセントにもなっている。
食べてみると、チョコの風味が強めだけど、しっかりフォレノワール。間違いなく。
美味しいです。
浅井シェフ曰く、ベルナションのガトープレジダン、ジャックのクロタン、エーグルドゥースのイヴォワリンヌ・・手間がかかるけど印象に残るデザインがいつまでも継がれる、そういうケーキを目指したのだそう。「クラシックを自分なりに表現」とのこと。
いやー、すごい、そのクリエイティヴ魂。


ということで、ミクニズのリニューアルフォレノワールをはじめとした、今の時期のケーキいろいろ食べました。すごかった。
これで、次は夏休み明けかなー?
夏休み中にももしかしたら試行錯誤して何か新しいものを生み出してくれるかも・・その期待は大ですね!