Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


先日予約したカフェミクニズのスペッシャルなケーキの正体!

前回の記事で、自分がカフェミクニズですごいアントルメを予約した!と書きましたが、
そのケーキ、さっそく出来上がったとのこと。
ワクワクしながら取りに行きました。
はてさて、そのケーキはどんなものでしょうか?
f:id:nyaofunhouse:20190605115432j:plain


お店で、出来上がったケーキを確認のために見せてもらい、
その素晴らしい出来にひれ伏してから、
家に持って帰ってきました。


はい、こちらが、今回オーダーした
「サントノーレ・ムロン・エ・シトロンヴェール(Saint-honoré Melon Et Citron vert)ですよ!
f:id:nyaofunhouse:20190605122335j:plain
おー!!!
これですよ!これ見て、もう矢も盾もたまらずオーダーしにお店に出向いた次第。
緑色に輝いています!

上から見るとこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20190605122115j:plain
横から見ると・・
f:id:nyaofunhouse:20190605122633j:plain
けっこうココナッツがいっぱい付いている。
アップ。
f:id:nyaofunhouse:20190605122700j:plain
緑色の飴がけプチシューの上には、メロンの筋をイメージしたホワイトチョコが。

これ、ずっと見てられますが、いよいよ切りますよー!
ザクッ
f:id:nyaofunhouse:20190605122901j:plain
おー、中からメロンがいっぱい。
では、食べてみますよー!
パクッ
おーーいしーーー!
どう美味しいのか説明するとですね、
パイ!パイ生地がパリッパリで、塩気もちょっとあって、香ばしくてすごくいい生地。
そこに、普通サントノーレはシブーストクリームを絞りますが、ここでは、生クリームとシブーストクリームかな?カスタード系のクリームの2層構造。どちらも極限までゆるくたててあって、トロットロ。
そんなクリームに包まれて、完熟のメロンがゴロゴロと。このメロン、すっごくみずみずしくて甘い。甘いけど、安っぽいメロンの喉がひりつくような甘さでなく、すごく上品な甘さ。とろける、けど、果肉感はしっかり。メロン最高。
そして、飴がけのプチシューは、中にカスタード+ライムのキュンとした酸っぱさが。
表面にもライムのゼストがかかっていて、ライムのさわやかさが強調されている。
断面はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20190605122954j:plain
クリームの2層構造見えるかな?あと、メロンを惜しげもなく使ってるのもおわかりかと。
それにしても、メロンとライム、緑色の競演。
同系色の素材の組み合わせはマッチするとおっしゃってたのは棒シェフだったと思うけど、メロンとライムがこう合うとはねー。
すごいや。
きっちり作っていて、しっかり甘さもあるんだけど、クリームの工夫や、メロンとライムのさっぱりとした風味などで、軽々と食べられる。これは完全に初夏~夏のサントノーレ!ですね!
いくらでも食べられる。
f:id:nyaofunhouse:20190605123856j:plain
おいしーおいしー!!
と、気がつくと15センチアントルメ完食。
もっと食べてたかったー!
あれですよ、フレジェはほとんどがいちごだし水分がほとんどだからいくらでも食べられるというおざさとさんの至言がありますが、このサントノーレも、メロンが大量で水分がほとんどだからいくらでも食べられる。
しかし贅沢ですなー。
メロンが美味しい時期だけのスッペシャルなサントノーレ。
作るの大変みたいで、ほんと受けてくださって感謝感謝です。
浅井シェフ、ありがとうございます!!

・・ということで、やっぱりインスタ情報は要チェック!ですね!というお話。
個人的には、梅島ラヴィアンレーヴの@「裏メニューパフェ」が気になってます・・