Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


美味しい紅茶を買ってAmazonギフト券をもらおう!というキャンペーンを個人的にやってみることに。詳しくは⇒こちら
おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


カフェミクニズですごいケーキを予約してきました!

以前にも書いたように、最近はインスタグラムでパティスリー情報を収集していることが多いです。
パティスリーの公式も、徐々にツイッターからインスタに移行している感じがしますし、
ものすごいケーキおたくがツイッターではなくインスタを活動拠点にしていたりして、
そうしたことから、ツイッター情報と同時にインスタ情報も欠かせなくなってきているかなーと感じています。

インスタでは、そこそこの数のパティスリーの公式アカウントをフォローしていますが、
やはり活発に情報発信しているお店は気になりますよね。
この前訪問したメゾンジブレーも、インスタ情報を見てライチのタルト!食べたい!となって中央林間まで行ってきたわけで、まんまとインスタ戦略にかかっているという。

そして、今度はカフェミクニズの浅井シェフがインスタにものすごいケーキをアップしていて。
こりゃたまらん!ということで、予約しにいそいそと行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20190602115049j:plain

カフェミクニズ、そのインスタに載っていたケーキはアントルメだったのですが、
プチガトーでも新しい動きが続々と。
なんでも、満を持してサヴァランはじめました、というのと、今フォレノワールのリニューアルを研究中です!とのこと。
浅井シェフは、定番ケーキも日々ブラッシュアップするタイプのパティシエさんですよね。
モンブランも、サントノーレバナーヌも発売当初とは大きくスタイル変えていますし。

そんなわけで、ケーキの予約とともに、プチガトーも当然買いますよ!
サヴァランは置いてあった!フォレノワールはまだリニューアル完了前みたいでした。
季節のタルトも買います。
あとは、定番品かな。久々に買ってみます。


カフェミクニズのケーキ、まずはサバランフルールドランジュから。
f:id:nyaofunhouse:20190602122757j:plain
素晴らしく美しい!
これは期待できそうですね!
スプーンですくってみます・・
f:id:nyaofunhouse:20190602123124j:plain
このサヴァランは、浅井シェフがインスタで曰く、日本の美味しいサバランといえばカフェミクニズ!と言ってもらえるようなものを目指した!とのこと。
そんなハードル上げちゃって大丈夫なの?と思いつつ食べたのですが・・
すっごく美味しい!
すごいすごい!
オレンジの味と香りがぶわっと!
そして、そこにバニラの香りが。
さらにはチョコレートもちょっと。
オレンジは、フルールドランジュ(オレンジ花水)、オレンジの果肉、ジュレと重なって、味も香りも苦味も、と心ゆくまで堪能させてもらえる。
そこに、生クリームがバニラの香りがすごくて、さらに軽めのチョコレートがババ生地に含ませてある。
なので、
オレンジ+バニラ
オレンジ+チョコ
チョコ+バニラ
という、鉄板の組み合わせが3通りも出来ているのですよ。
それぞれのバランスも素晴らしくてねー。
ババ生地も、しっとりしていて、シロップを適度に吸っていて、美味しい。
アルコールは軽め。
これは浅井シェフ、また一つ名作を作ってしまったのでは?という。
豪語するだけのことはありましたね!
素晴らしかったです!


そして、季節のタルトは、日向夏と甘夏。
f:id:nyaofunhouse:20190602123906j:plain
豪華な飾り付けです!
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190602124158j:plain
いやー、カフェミクニズの季節のタルトはいつも最高なんですよねー。
いいフルーツを最高に加工して、タルト台がまた美味しい。
柑橘の苦味と、ねっちりしたクレームダマンドの甘さのコントラストが美しい。
タルト生地もサクッと焼かれていて、完成度が非常に高い。


ここからは定番品。でも食べるのは久しぶり。
まずはパンプルムースロゼ。
f:id:nyaofunhouse:20190602124617j:plain
なんか、以前よりも顔色がよくなったような・・
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190602124855j:plain
このケーキも、定番品だけあって安定の美味しさ。
ピンクグレープフルーツのさっぱりとした苦味、
そして、まろやかなマスカルポーネのムースが包み込む。
構成としてはシンプルなんだけど、作りは凝ってる。
その凝ったつくりが、得も言われぬ官能的な美味しさになってるんですよねー。


最後は、シブーストポワール。
f:id:nyaofunhouse:20190602130102j:plain
これも定番品ですが、やっぱり美味しい!
キャラメリゼの甘苦さ、シブーストクリームのふんわりとした卵感のある甘さ、洋梨のジュレのさっぱりとした香りの良さ、キャラメルのムースも甘さと苦味を。
お酒もちょっぴり。
いやー、全てのパーツが美味しい要素しかない。
いくらでも食べられそう。


・・・ということで、今回は自信作サバランフルールドランジュを中心に、定番品も含めていろいろ食べました。
相変わらず最高!
これは、今度のアントルメへの期待が高まりますよ!
乞うご期待!自分も期待でワクワクです!