Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はmail to:nyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ロタンティック@マパテの絶品タルトと絶品焼き菓子!

今日から新宿伊勢丹マ・パティスリーは南浦和のパティスリー、ロタンティックが出店です!
ロタンティック、すごく好きなお店です!
埼玉県にある綺羅星のような名パティスリーの中にあって独自の個性をキラキラと発している、
いや、キラキラというよりは、渋いいぶし銀の鈍い光かも。
そんな、渋く輝いているパティスリーが、マパテに来てくれた。
そりゃあもう、駆けつけますよー。


マパテのショーケース、半分は生菓子、半分は焼き菓子の構成。
生ケーキは食べたことのあるのが大半。だけど、今回限定のケーキもあったりして、
バラエティに富んでる。
アントルメはチョコのとフレジエと。
フレジエ、食べ納めどうしようかなーと思ったんだけど、さすがにもういちごがベストではないかも・・
と思って今回はスルー。

焼き菓子は、ケーク、カヌレ、そして焼きっぱなしのタルト類、スペシャリテのロランとタルトシュクル、ショソン・オ・ポムなどの菓子パンなども。
ロタンティックは焼き菓子が殊の外美味しいですからねー。
いろいろ買ってきました。


家に帰って、まずは生ケーキから!
最初に、タルトグロゼイユを。
f:id:nyaofunhouse:20190529112909j:plain
このタルトは、大量のグロゼイユをジュレで固めたスタイル。
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190529113250j:plain
このタルト、いくらのようにプチプチしたグロゼイユの皮を破ると、中から強烈な酸味と、わさびのようなツンとした辛さのある果汁が口の中にあふれだす。
すっごく刺激的!
この部分だけだと口の中がうわーっとなってしまうけど、下のタルト生地とクレームダマンドが香ばしくまろやかな甘さで包み込んでくれるので、全体として極上の美味しさに。
そしてやっぱり生地の香ばしさがたまらないですね。


次もタルト。タルトアブリコです。
f:id:nyaofunhouse:20190529113905j:plain
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190529114221j:plain
こちらのタルトも、あんずがたっぷりと。
いったんセミドライにしてからシロップをたっぷり吸わせたあんずは、軽めの甘酸っぱさとふくふくとしたやわらかな食感が心地よい。
それに対して、ピスタチオのクリームはトンカ豆の香りが強く出ていて、下のダマンドにもピスタチオが。
トンカ豆の香りをまとわせることで、濃厚さの中にも高貴な風合いが。
味わいは濃厚でありながら、上品なタルトです。


次は、ヴェリーヌ仕立てのサヴァラン、サヴァランカシスオランジュです。
f:id:nyaofunhouse:20190529114745j:plain
スプーンですくってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20190529115036j:plain
カシスのクリーム、オレンジの果肉、カスタード、ババ生地、そしてシロップはスープのように水分が多い。
ババのシロップはアルコールしっかり。でも、そこまで刺激的ではないかな。
むしろ、オレンジとカシスのさわやかな組み合わせが中心に来た、サヴァランのスタイルを借りたカシスとオレンジのヴェリーヌ、といった構成。
食べていて楽しいヴェリーヌです。


そして、ミルフィーユも。
f:id:nyaofunhouse:20190529121911j:plain
見るからにクリームがぼってぼてです。
パイの表面はキャラメリゼしてありますね。
では・・と食べてみると、
パイが、厚みは薄いんだけど、焼きが、焦げる直前というかほぼ焦げくさい。
強烈な香ばしさ。
さらにキャラメリゼもしてあって、サクッパリッとした歯切れのいい食感。
それに対して、ぼてぼてカスタードクリームは、見かけ通りの濃厚さ。軽快なパイによく合っている。
全体としてはかなり濃厚なんだけど、ラズベリーがいっぱい入ってることで、さっぱりとした要素もあり、
重いんだけど食べやすい。
やっぱりこのパイの焼き、たまりませんわー。


生ケーキ最後は、今回の限定品、パッションショコラ。
f:id:nyaofunhouse:20190529123229j:plain
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190529123608j:plain
このケーキは、もう味の組み合わせとしてはシンプルにパッションフルーツとチョコ。
パッションのジュレの強い酸味と、ミルクチョコレートのガナッシュの甘ったるさ、
バランスもすごくいい感じです。
そして、食感的にもジュレ、クリーム、ガナッシュ、ダクワーズ、ナッツと、とても多彩。
味はシンプルだけど、華やかな印象のケーキになっています。美味しい。



生ケーキを一通り食べて、今度は焼き菓子、食べますよー。
今回買った焼き菓子はこれら。
f:id:nyaofunhouse:20190529110820j:plain
まあ、どれも定番ですよね。
でも、何度食べてもいいものだ。なのだ。


まずは、ロタンティックのスペシャリテ、ロランから。
f:id:nyaofunhouse:20190529181254j:plain
さっくりとした表面の軽さと甘さ、しっとりとした中の生地のしみじみした美味しさ。
バターと卵のいい香り。
卵白を大量に使ってるんだけど、卵のいい香りはするけど卵白くささがないのがすごい。
ひたすら優しい、甘い世界にひたれます。


そして、これもスペシャリテですね。タルトシュクル。
f:id:nyaofunhouse:20190529181520j:plain
上部はフランよりももうちょっと柔らかめのトロっとした卵黄の甘さ。
そして、下にはジャリッとした砂糖の気持ち良い食感と強い甘さが。
それらをまとめ上げる、よく焼けのタルト生地。
この官能的な食感と甘さは、ほんとうに病みつきになりますよね。


タルトシトロン。
f:id:nyaofunhouse:20190529183534j:plain
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190529183626j:plain
ギュンと酸っぱいレモンクリーム、酸っぱいだけじゃなくてレモンらしい美味しさもしっかり。
メレンゲはふわっとしていて、適度な甘さで、量も適度。レモンの酸っぱさをうまく中和させて美味しさにつなげている。
タルト生地の美味しさについては言うまでもなし。


最後、アマンディーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20190529183809j:plain
断面
f:id:nyaofunhouse:20190529183916j:plain
これ、断面図から見て取れるかな?チェリーが入ってます。
全体はアーモンドの香りの良さと甘さ。
そこにチェリーの酸味が加わって、甘ったるいだけじゃない美味しさに。
こういうシンプルな焼き菓子はロタンティックの真骨頂ですよね。



そんなわけで、ロタンティック@マパテ、また来てくれてありがとう!というラインナップでした。
ほとんどは既に食べているケーキだったりしましたが、やはりタルト生地、パイ生地の美味しさは、このお店ならでは!定期的に食べたくなりますよね。
そして、ロランやタルトシュクルは、何度でも買っちゃいます。シンプル美味しい!

埼玉の名パティスリー、南浦和はちょっと遠いけどと考えている方は、ぜひこのチャンスを逃さずに!