Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


今回のシャンドワゾー@マパテはベルギーインスパイアケーキフェア!フレジエもあるよ!

世の中的にはそろそろバレンタインデー本番秒読み、チョコレート商戦も熱が入る・・的な?
でも、自分の周りを見ると、ほとんど終戦を迎えていますねー。買い集めたチョコを食べて、うん、うまい!とかのツイートは回ってきますが。
みなさん2/14は何の日ですか?ぐらいな感じで、とても好感が持てる。

とはいえ、バレンタインデー、一般的にはこれからなわけで、デパートの地下も揺れる♪なわけですよ。
新宿伊勢丹のマ・パティスリーも、この時期はチョコに強いお店を持ってくることが多いですが、今回白羽の矢が立ったのはシャンドワゾー。
シャンドワゾー、チョコとアイスの別館、通称黒シャンをオープンさせて、チョコの供給も問題なし、ということで、今回の催事ではチョコを中心に販売、ケーキの提供は初日から3日間だけ、ということで。

その3日間限定のケーキ提供なのですが、なんと今回の催事限定のケーキをいっぱい持ってくるという情報。
今後のマパテの出店はシャンドワゾー→メゾンダーニ→ブロンディール、なのですが、
シャンドワゾーはベルギー、メゾンダーニはバスク地方、そしてブロンディールはロレーヌ地方、と、
それぞれシェフのルーツというか、いちばん得意な分野でのスイーツをテーマにして、ちなんだアイテムを出す、ということで。
ということで、シャンドワゾー、3日間しか提供しないケーキなのに
・ベルギー風ムラングシャンティ
・ベルギー風オペラ
・ベルギー風チョコケーキ
を新作として持ってくるという。
これはもう、絶対見逃せないですよね!
・・・ということで、初日、雨がめちゃくそ降ってましたが、張り切って行ってきました伊勢丹へ。



マパテ内、ショーケース2本のうち1本はチョコレート専用。
もう1本がケーキですが、置いてあるのは今回限定のケーキ3種類の他に、ミゼラブル、フレジエ、以上。
かなり絞ってきました。
アントルメは、フレジエが4号と5号、ミゼラブルのアントルメと、正確な商品名チェックしそびれたけどチョコケーキ、が並んでいました。
自分、フレジエのアントルメあるといいなー、でも今回は難しいか?と思ってたので、売っていてやれ嬉しや。小さい4号を購入。
あとは、今回限定のケーキを。

あ、そうそう、自分会計をしてたときに声かけてくださった読者の方、すみません素っ気ない対応で。
自分基本コミュ障なので、あわあわしてしまって、あんな感じになってしまいます・・
でも、感謝の気持ちはいっぱいですから!声かけてくださってありがとうございます!

ということで、雨の中、ケーキ袋もずぶ濡れになりながら帰宅。
すぐにケーキ食べますよ!


まずは、フレジエ、アントルメ!
f:id:nyaofunhouse:20190206111418j:plain
いやー、幸せな光景だすなー。美しい・・
アントルメだから、気にせずザクッと切りますよー!
f:id:nyaofunhouse:20190206111758j:plain
おー、中にもいちごがぎっしりだ。

久しぶりのシャンドワゾーのフレジエですが・・
やっぱり美味しいなー!!美味しい。
ムースリーヌは、カスタード感、バニラ感が強めで、とてもなめらか。固さはそこまで固くないけど、ゆるゆるでもない、絶妙な固さ。
アーモンドスポンジはやや厚めで、しっとりとして存在感あります。
いちごはたっぷりたっぷり、質もすごくいい。ジューシーで甘酸っぱくて美味しい。
そして、特徴的なのが、表面にやや厚めに塗られたラズベリーのコンフィチュール。
これが甘酸っぱさを強調していて、いちごの弱い甘酸っぱさを補強。
なので、味の濃いフレジエになってるんですね。食べごたえある。
これを好きなだけ食べられる喜び!ですよ。


そんなわけで、フレジエはほぼ食べてから、いよいよ今回限定のケーキいきますよ!
まずは、メルヴェイユから。
f:id:nyaofunhouse:20190206112721j:plain
なんだか背の高い、不思議なフォルムです。
これが、「ベルギー風ムラングシャンティ」なのだとか。
切ってみますね。
f:id:nyaofunhouse:20190206113132j:plain
これ、構造としては、上下にチョコのコーティングをしたメレンゲがあって、
その間を生クリームで埋める、という形。
なので、メレンゲを切る際にどうしても生クリームの層がつぶれてしまい、
きれいに切れない。なので断面図こんな感じで申し訳ない。
写真だとメレンゲそんなにボリュームないように見えるけど、実はかなり分厚くて、
チョコでコーティングされているのに加え、メレンゲ自体もしゃくしゃくとした食感でかなり固め。
甘さもあって、かなり強い味です。
生クリームはとてもミルキーで上質、乳脂肪分高めで、これも味としては強め。
さらに、表面のチョコのコポー、これが単なる飾りではなく、味に大きく関わっている。
ムラングシャンティの一般的なスッキリとしたシンプルな味わい、というよりも、かなりチョコを意識した、アレンジの効いたムラシャンになってます。
これは、チョコ好きもムラシャン好きも、絶対食べないと駄目なやつ。
美味しいです!


次に、ジャバネというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20190206114020j:plain
これは、「ベルギー風オペラ」とのことですが・・
食べてみると、「ジャバネ=JAVA」ということで、ジャヴァのコーヒーがかなり強く感じられる。
表面のコーヒーチョコは、ねちーっとしていて、飴のよう。粘度が高い。
下は、アーモンドビスキュイに、バタークリームもコーヒーベースなのかな、香ばしさとほろ苦さと。
これも、すごく変わったオペラのアレンジですねー。オペラは通常チョコがメインでコーヒーがそこに加わる、のですが、ここではコーヒーがメインで、チョコが脇役。バランスとしては逆転してますけど、これはこれで、スタンダードかと思うほどの風格がある。
美味しいです!


最後は、デュオショコラ。
f:id:nyaofunhouse:20190206115857j:plain
これは、ベルギーで一般的なチョコケーキをイメージしたという、シンプルなチョコケーキ。
ミルクとビターのムースを、チョコスポンジで仕切ったもので、トロワショコラというのがミルク・ビター・ホワイトの構成なのを、ホワイトを差し引いた感じですね。
味は、まあ、チョコを得意中の得意としている村山シェフだけに、全く盤石の美味しさ。
なんでしょうね、ビターチョコが、しっかり苦味と香りは出ているんだけど、尖ったところがない。
時々チョコケーキ、味がツンツンしていて、それが苦手・・という人もいるかと思うのですが、
このチョコケーキは、チョコの美味しさが存分に発揮されながら、なめらか、スムーズ、食べやすい。
濃厚だけど重すぎない。
このあたりの作りの的確さは、さすがと言う他ないですねー。
美味しいです!


・・ということで、今回の限定ケーキ、どれも美味しい美味しい美味しい!の3連発。
これは、都合がつく方はぜひ召し上がっていただきたく!
一方自分的には、今回は限定ケーキ中心で、今シーズンシャンドワゾーのモンブランとタルトタタンを食べてない。
なので、本店も行かないとだなー、という。バレンタイン時期は混むだろうから、バレンタイン終わった頃に行かないと、という気持ちです。