Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


おしごと依頼等はmail to:nyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


VIRONのフレジエはストロングスタイル!

先日友人とガレットデロワの話をしていたときに、友人はヴィロンでガレットデロワ買って食べた・・という話をしていて。
あー・・・ヴィロン。そういえば最近行ってないなー。
ヴィロンでモンブランも食べたいし、フレジエ!ヴィロンのフレジエ美味しいんだよなー・・
と漠然と思っていたのですが、
今日になって、そういえば渋谷ヒカリエのレストランフロア改装して、果実園リーベルが出店してて、いちごパフェあるらしい・・
じゃあ、まずはヴィロンに行ってフレジエがあるかどうか確認して、なかったらリーベル、という、どっちに転んでもいちご、というプランを考え出し。
意気揚々と渋谷へ乗り込んできました。
しかし今日は風が冷たい!


まずはヴィロン。
f:id:nyaofunhouse:20190129125026j:plain


ヴィロン、ケーキの方のショーケース見ると、ありましたありましたフレジエ!
プチガトーもアントルメもある!
ヴィロンのプチガトーは全般に高くてデカい。
それに対してアントルメは値段も大きさもそこまでビッグではない。
じゃあアントルメでしょう。
それ以外にも、モンブランもありました。
そして、なぜかコロンビエが売ってて、あまりの可愛さにこの子連れて帰りましょ帰りましょ・・となって。
大きな紙袋を下げてお店を出ました。

あ、ちなみに、帰りにヒカリエのリーベルも見たのですが、ウェイティングが4組ぐらいいたので今回は断念。また近い内に、というか、新宿にもリーベルあるし。


そんなわけで、ヴィロンのフレジエ、アントルメですよー!
f:id:nyaofunhouse:20190129140807j:plain
豪華!
だけど、大きさはそこまで大きくないでしょ?
これだったら気軽に買って気軽に食べられる。
ということで、ザクザクと切って食べます。
f:id:nyaofunhouse:20190129141721j:plain
味は・・
まず、表面の赤い色はマジパンですね。らしい。
そしてキルシュの強い香りが。らしい。
ムースリーヌはやや固め、バター感が強めの作りですね。
甘さはそこまで強くないですが、濃厚です。
それ以上に、アーモンドスポンジが甘くてふんわりでしっとりで美味しい。
このあたりはヴィロン。らしいらしい。
いちごの出来は正直今ひとつで、酸味がきつい部分もあったんだけど、
製菓技術で美味しいフレジエに仕上がっているのは、さすがですね。
クラシカルで重くてストロングスタイルのフレジエです。


そして、フレジエ以外にもケーキ買いましたよ。
ババ。
f:id:nyaofunhouse:20190129142255j:plain
ストーレーを彷彿とさせるいでたち。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20190129142706j:plain
これ、断面図でもわかるかもですが、シロップがそんなにびちゃびちゃに染み込んでなくて、中央部分は乾燥してるんですね。
にもかかわらず、アルコールはキッツい。
そして、適度にシロップを吸ってしんなりしたババ生地の美味しさはさすがヴィロン。
やっぱりフレジエにしてもババにしても、生地の美味しさは抜群ですね。
個人的にはもう少し湿り気があってもよいかなーとは思うけど、美味しいババです。


さらに、モンブラン。
f:id:nyaofunhouse:20190129143146j:plain
このモンブラン、手に持つとずっしり。そして巨大。
このど迫力のフォルムは、カー・ヴァンソンかここか、ぐらいでしかお目にかかれないのではないかと。
どっかりです。
切ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20190129143541j:plain
まあ事程左様にマロンクリームがぼってりと厚く盛られている。
この大量のマロンクリームが、味は特濃、さらにラム酒もきっちりで、濃い濃い。
この重量感を生クリームが緩和して、さらに焼きメレンゲがさっくりと。
超ヘビーなケーキですが、いい材料を使ってるからなんでしょうねー。飽きずに食べられるんですよ。
今回も、甘い甘い言いながら気がついたら完食してました。


そしてそして、コロンビエがこちら。
f:id:nyaofunhouse:20190129144005j:plain
可愛い!可愛い!これは連れて帰りたくなるでしょう?
コロンビエは、拙著ケーキツアー入門のフランス歳時記にも書きましたが、本来は5月のお菓子。
だけど、5月にヴィロン行かれるかわからないし、売ってるかもわからないし、こういうのは一期一会。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20190129145041j:plain
シンプルなアーモンド生地の中にドライフルーツがちょっと練り込まれている。
甘さは、グラスアローの甘さはあるものの、生地自体は甘さ控えめ。
だけど、しみじみ美味しいなー
これは紅茶と一緒に食べたら至福のやつですよ。
鳩は食べられません。これはマイ・フェーブ入れにしまいます。


ということで、フレジエを求めてのケーキツアーはまだまだ続く予定。
もう2月目前だし、フレジエはせいぜい4月ぐらいまで。
あとどのぐらい食べられるかなー